幼児食にお好み焼きを作ろう。レシピやママたちのアレンジ

幼児食にお好み焼きを作ろう。レシピやママたちのアレンジ

冷凍で時短作戦やお好み焼きの日の献立

幼児食の献立にお好み焼きを取り入れたいけれど、どのようなレシピで作ればよいのだろうと考えているママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、1歳頃に工夫したことや使う粉は何か、冷凍の活用の仕方などをママたちの体験談をもとに紹介します。

幼児食にお好み焼きを取り入れよう

子どもが幼児食を食べるようになると、毎日の食事に何を作ろうかと考えることもあるのではないでしょうか。幼児食をあげるときにどのようなことが気になるかを聞くと、野菜をもう少し食べて欲しいというママの声がありました。野菜を取り入れた献立を作るにはどうしたらよいかを知りたいママもいるかもしれません。

お好み焼きは手軽に作れて野菜も取り入れられるので、献立に取り入れてみるのもよいのではないでしょうか。

幼児食にお好み焼きを取り入れるよさ

幼児食にお好み焼きを取り入れてみようかと考えているママもいるのではないでしょうか。お好み焼きを献立に取り入れてみてよかったと思うことをママたちに聞いてみました。

野菜が食べられた

20代ママ
好き嫌いがでてきたようで、毎日の食事で野菜をあまり食べられてないなと感じていました。お好み焼きを出してみたら、野菜が入っているにも関わらずあっという間に食べきってしまい驚きました。
お好み焼きは、野菜を苦手としている子どもでも食べやすい幼児食なのかもしれませんね。よく食べてもらえるとママも作り甲斐があり嬉しいとの声もありました。

自分で食べられた

30代ママ
1枚を小さめに焼いたものをあげると、自分で取ってパクパクと食べていました。いつもは自分で食べることを拒み食べさせてもらうことを待っていたので、お好み焼きを取り入れてよかったと思いました。
おいしいと感じるともっと食べたいなと思わず手が伸びるのかもしれませんね。自分で食べたいと思って食べてくれると、見ているママも嬉しくなりそうです。

幼児向けお好み焼きのレシピ

お好み焼きの材料
Natallya Naumava/Shutterstock.com

幼児食としてお好み焼きを出したいときは、どのように作ったらよいのかと考えるママもいるかもしれません。ママたちが作るお好み焼きレシピを聞いてみました。

基本のお好み焼きのレシピ

20代ママ
みじん切りにしたキャベツやにんじんなどの野菜と、豚ひき肉、卵、小麦粉を混ぜあわせます。その後、油をひいたフライパンで両面を焼いていきます。スプーン一杯分くらいの大きさで焼くと、すぐに火が通るので簡単です。
基本的なレシピは調理工程が少ないので忙しいママにも手軽に作ることができそうです。コーンやねぎ、きのこなど入れる野菜を日によって変えているという声もありました。

味つけを変えたアレンジレシピ

20代ママ
普段はソースをかけて食べていますが、食材を混ぜるタイミングで醤油を中に入れるときもあります。ソースよりもさっぱりとした味わいで、1歳のわが子も食べやすいようです。
味つけを変えるとまた違った風味を楽しめそうですね。混ぜるときにマヨネーズや和風だしを入れるというママもいました。お好み焼き粉や米粉を使ったり、粉を使わずに潰したゆでうどんを使ったりするという声もありました。

具材を変えたアレンジレシピ

30代ママ
手軽に作れてお腹いっぱいになるので1歳頃からよくお好み焼きをあげていたら、だんだん飽きてしまったようでした。具材を変えてみようと思い、ハムやチーズを入れて洋風にしてみるとまた食事が進むようになりました。
味や食感が違う具材を使うことで、飽きずに食べることができそうですね。しらすを入れると香りが増して食欲が増すのかよく食べてくれるというママもいました。家庭の好みや子どもが好きな具材にあわせながら、ママオリジナルの幼児食お好み焼きのレシピを考えてみるのもよいかもしれませんね。

幼児食としてお好み焼きを作るときの工夫

幼児食としてお好み焼きに作るときに何か工夫できないかと考えるママもいるのではないでしょうか。どのようなことを工夫しているのかママたちに聞いてみました。

冷凍を活用して時短する

冷凍庫
Africa Studio/Shutterstock.com
30代ママ
1度に多めに焼いてラップに包み、冷凍ストックしています。忙しいときでもレンジで温めるだけで食べられるうえに、野菜も取れるので助かっています。
30代ママ
冷凍したゆで野菜を使うとすぐに火が通るので、子どもが食べやすいお好み焼きを作ることができます。その日の気分で具材を変えられるよう、子どもといっしょに選んで、お好み焼きに入れています。
冷凍ストックを作っておくと、献立に何か一品足したいときにも解凍すればすぐに食べられるので時短になりそうですね。お弁当の中身にも使えるので便利だという声もありました。あらかじめゆでた野菜を冷凍しておくと野菜に火を通す時間がかからないので、これも時短になるかもしれませんね。

食べやすい大きさにする

20代ママ
卵焼き用のフライパンで焼いてから、一口サイズに切っています。1歳をすぎ自分でつまんで食べられるようになったので、家族みんなでゆっくりご飯が食べられるようになりました。
卵焼き用のフライパンを活用して、四角くて食べやすいコロコロとしたお好み焼きにしているそうです。手づかみでもフォークで刺しても取りやすそうですね。少量をおやつとしてあげるときは、手で持てる大きさにして自分で食べられるようにしているとの声もありました。

バランスのよい献立を考える

20代ママ
お好み焼きの日の献立は野菜や主食がお好み焼きで食べられるので、バランスを考え果物やスープを添えるようにしています。子どももお好み焼きだけでは飽きてしまうので、トマトなど生野菜のサラダを添えることもあります。
献立を考えるとき、お好み焼きで野菜を取ることができるので、足りないものを補うように考えているママもいるようです。味がしっかりついたお好み焼きなので、献立にはさっぱりとした和え物やサラダをあわせるとの声もありました。

幼児食にお好み焼きを作ろう

食事をする親子
iStock.com/electravk
幼児食の献立にお好み焼きを取り入れてみるのもよいのではないでしょうか。お好み焼き粉がなくても小麦粉や米粉で代用できるので、忙しいママでも手軽に作れそうです。

ママたちは飽きないようにとアレンジレシピを考え工夫しているようですね。冷凍保存が可能なので1歳の子どもにあげるのに時短できて助かっているとの声もありました。

味つけや具材を変えたオリジナルアレンジで、野菜な苦手な子どもでも喜ぶお好み焼きを見つけられるとよいですね。

※今回の記事でご紹介したものは、幼児食の一例です。新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

2019年09月18日

専門家のコメント
1
    ゆう先生 保育士
    鉄板焼き屋さんでバイトをしたときに、お好み焼きにベーキングパウダーを入れているのを学んでからは、我が家で作る時にもベーキングパウダーは定番になりました。ふっくらとパンケーキのように高さが出て見た目も綺麗に仕上がります。 また、おからパウダーを入れても栄養バランスが取れる上にヘルシーでオススメです!

レシピの関連記事

カテゴリ一覧