離乳食でブレンダーは必要?ブレンダーを使ったおかゆなどのレシピをご紹介

離乳食でブレンダーは必要?ブレンダーを使ったおかゆなどのレシピをご紹介

ママたちに聞いたブレンダーの選び方と活用法

離乳食作りがスタートしたときにブレンダーは必要かどうか、いつまで使えるのか迷うママたちもいるかもしれません。実際にブレンダーを使ってよかったことや使わなかった理由を聞いてみました。ブレンダーの選び方や消毒方法、離乳食レシピなどを体験談を交えてご紹介します。

離乳食にブレンダーは必要?

離乳食作りに便利だといわれているブレンダーは実際に必要なのかや、いつまで使えるのかなどを考えて購入を迷っているママパパがいるかもしれません。

ブレンダーには置き型タイプとハンドタイプがあるようです。離乳食では、食材をつぶしたり混ぜたりするときにブレンダーを活用できるでしょう。ブレンダーを使った理由と使わなかった理由をママたちに聞いてみました。

ブレンダーを使った理由

30代ママ
2人目のときに時短を考えて、初めてブレンダーを使いました。置き型タイプを使用しましたが、さっと取り出せて子どもが使っても危なくないので利用しています。

1人目のときは使わずに、2人目のときにブレンダーを使ってみると便利だったというママもいるようです。子どもの成長によって、いっしょにクッキングするときに使えるのもよいですね。

ブレンダーを使わなかった理由

離乳食
iStock.com/margouillatphotos
20代ママ
離乳食の初期の頃は衛生面も考えて、粉末状のライスパウダーや野菜を使っていたので特にブレンダーは使っていませんでした。
30代ママ
調理器具を使っていたのでブレンダーは使わずに離乳食を作りましたが、友人が便利だと言っていたのでブレンダーを使うとレシピが増えたかもしれないと思いました。

衛生面を考えて使わなかったママもいるようですが、ブレンダーを使うことで今までチャレンジしていなかったレシピが増えるかもしれません。

ブレンダーを選ぶときのポイント

実際にママたちはどのようなポイントでブレンダーを選んでいるのかを聞いてみました。

使いやすさ

30代ママ
離乳食作りなど、少量で何度も使いたいときは素早く使えるハンドブレンダー、1度にたくさん食材を使うときは置き型タイプのミキサーを使うなど用途によって選ぶとよいと思います。
30代ママ
有線タイプのブレンダーだと違う調理器具に引っかかってしまったりするので、コードレスのブレンダーを選びました。

用途によってハンドブレンダーと置き型タイプのブレンダーを使い分けているママがいるようです。有線タイプのものだと、子どもがコードを引っかけてしまうことがあるかもしれないので、安全面を考えてコードレスのものを選んでよさそうです。

価格

30代ママ
1万円以内で購入できるハンドブレンダーを探しています。高価なものだと思っていましたが、最近では安価なものもあるので価格を見て検討してます。

今ではブレンダーによって、5000円以内で購入できるものも増えているようです。さまざまなブレンダーが販売されているので、価格を比べてみて自分に合ったブレンダーを見つけるのもよいかもしれません

お手入れ方法

ブレンダー
iStock.com/Vladimir Sukhachev
20代ママ
熱湯消毒ができて食洗器対応のミキサーを購入しました。
30代ママ
ハンドブレンダーは特に消毒はいらないと思い、お手入れも楽で便利だと思います。

お手入れ方法を考えて食洗器対応のものを選び、熱湯消毒をして使っているママもいるようです。ハンドブレンダーは、消毒は考えずに素早く洗うことができてお手入れが簡単だという声もありました。

ブレンダーを使った離乳食作りレシピ

離乳食のときにブレンダーを使ってどのようなレシピで調理していたのか聞いてみました。

離乳食初期

30代ママ
炊飯器でおかゆを作ってからボールに入れて、なめらかになるまでハンドブレンダーをかけます。炊飯のときにお米の粒が大きくてもハンドブレンダーを使うことによってドロドロになります。

離乳食の初期はおかゆを作ることが多いようなので、ハンドブレンダーがあると少量の調理が簡単にできるようです。ほうれん草やニンジンのペーストを入れて野菜を混ぜたおかゆにしてもよいですね。

離乳食中期

30代ママ
ゆでた魚のたらと水溶き片栗粉をボールに入れて、なめらかになるまでハンドブレンダーにかけました。すぐにトロトロになり、子どももパクパク食べていました。

魚だけでなく、ささみなどお肉をゆでてペースト状にするのもよいですね。中期になると食べられる食材も増えるので、ブレンダーを使うことで調理のレパートリーが増えると離乳食作りがより楽しめるかもしれません。

離乳食後期

30代ママ
イチゴと砂糖と水をボールに入れて、ハンドブレンダーで混ぜて、イチゴソースと作ってパンにつけて食べていました。

イチゴソースやバナナソースなどパンにつけたり、ヨーグルトに混ぜて食べることができるので栄養バランスを考えて調理できるのもよいですね。

ブレンダーはいつまで使える?

離乳食が終わったあとにブレンダーの使い道がわからないため、購入しなかったというママもいるようですが、ブレンダーは実際にいつまで使えるのしょうか。ママたちに聞いてみました。

30代ママ
大人用にスープを作るときに、ハンドブレンダーがあれば、かぼちゃやじゃがいもなどを直接鍋に入れて食材をつぶしながらスープを作れるので助かります。
20代ママ
離乳食が終わっても、大人用に冷凍いちごと豆乳とヨーグルトをブレンダーにかけてイチゴスムージーを作りました。

大人用の調理をするときにブレンダーを使っているママもいました。いつまで使えるか不安に思うママもいるようですがスープやデザートを作ったりと、子どもが成長してからも使えるのであると便利かもしれません。

ブレンダーを使って離乳食を楽しく、便利に調理しよう

離乳食を食べる赤ちゃんとママ
© yamasan - Fotolia

離乳食の初めはおかゆのレシピなどでペースト状にする食材も多いので、ブレンダーがあるとママの時短に役立ちそうですね。ハンドブレンダーは素早く洗えて熱湯消毒ができるものもあるようで、お手入れも簡単だという声もありました。

購入してもいつまで使えるか不安に思うママもいるかもしれませんが、大人の料理にも活用できるので、使ったことのない方は自分の調理に合ったブレンダーを選ぶのもよさそうですね。

ブレンダーを使うことで離乳食レシピの幅が広がり、より調理を楽しめるかもしれません。

2019年09月07日

レシピの関連記事

カテゴリ一覧