パスタに合うおかずとは。豚肉や野菜を使った簡単レシピ

パスタに合うおかずとは。豚肉や野菜を使った簡単レシピ

食材のバランスを考えて用意しよう

子どもにパスタを作るとき、付けあわせにはどのようなおかずが合うのか知りたいママもいるかもしれません。今回は、パスタに合うおかずを用意するときのポイントや豚肉のピカタなどパスタに合うおかず、ポタージュなどパスタに合うスープのレシピなどについて、ママたちの体験談を交えてお伝えします。

パスタに合うおかずを用意したいとき

子どもにナポリタンやたらこスパゲッティなどのパスタを作ったとき、付け合わせにはどのようなおかずを用意すればよいのか気になるママもいるのではないでしょうか。家でよく作るパスタに合うサラダやスープのレシピがあれば、献立を考えやすいかもしれません。

そこで、今回はママたちにパスタに合うおかずについて聞いてみました。

パスタに合うおかずを用意するときのポイント

パスタに合うおかずを作るときは、どのようなことを考えて用意すればよいのでしょう。

食材のバランスを考える

20代ママ
パスタの付け合わせを作るときは、食材のバランスを考えました。パスタに豚肉を使っている場合はおかずに野菜や海藻を使うなど、さまざまな食材をまんべんなく使うよう意識しています。
食事のメインにパスタを作るとき、食材のバランスを考えておかずを用意しているママがいるようです。パスタに入っていない食材をおかずに使うなど、バランスを考えることで献立も立てやすいかもしれません。

味つけや食感のメリハリを考える

サラダ
iStock.com/peredniankina
30代ママ
最後までおいしく食べられるよう、パスタとおかずの味つけを変えようと思いました。こってりとしたパスタの日はさっぱりとした味つけのサラダにするなど、子どもが飽きずに食事を楽しめるよう工夫しています。
20代ママ
我が家は、パスタとおかずで食感にメリハリが出るように献立を立てています。火を通しているパスタにはシャキシャキとした歯ごたえのある生野菜サラダにするなど、子どもが食べていて楽しめるような組みあわせにしようと思いました。
味つけや食感のメリハリを考えておかずを用意することも、パスタに合うおかずを用意するときのポイントのひとつかもしれません。ママのなかには、子どもがよく噛んで食事ができるようさまざまな食感のメニューを取り入れているという声もありました。

効率よく作れる副菜にする

30代ママ
パスタを作るときは、なるべく効率よく作れるよう工夫しています。パスタを茹でる鍋やソースを絡めるフライパンなどでコンロを2つ使うので、おかずには火を使わないものを作ってみました。
パスタとおかずを効率よく作れるよう工夫しているママもいるようです。他にも、鍋やフライパンなどの調理器具を使ってもおかずを同時進行で作れるよう、電子レンジやオーブントースターで調理できるメニューを選んでいるという声も聞かれました。

パスタに合うおかず

子どもにパスタを作ったとき、ママたちはどのようなおかずを作っているのでしょう。実際にどのようなおかずを作っているのか聞いてみました。

豚肉のピカタ

20代ママ
薄切りの豚肉に塩こしょうで味をつけ、小麦粉をまぶします。余分な粉をはたき落とし溶き卵を絡め、フライパンで焼けば豚肉のピカタのできあがりです。ポン酢やソースなど、それぞれが好みの調味料をかけて食べました。
スパゲッティナポリタンなどメインのパスタにお肉が入らない場合は、おかずに使うことで食材のバランスもよくなりそうですね。豚肉のピカタを作るときは、しゃぶしゃぶ用などの薄切り肉を使うと子どもが食べやすそうだったというママの声もありました。

酢の物

30代ママ
きゅうりは薄切りにして塩で揉み、水気を軽く絞ります。水で戻したわかめや割いたかにかまぼこ、砂糖と塩、酢の合わせ酢であえると酢の物の完成です。ミートソーススパゲッティには、さっぱりとした味つけの酢の物がよく合いました。
ミートソーススパゲッティの付け合わせに、きゅうりやわかめを使った酢の物を作ったママもいるようです。ママのなかには、きゅうりを使った酢の物の他にも、パスタの付け合わせに大根やにんじんを使ったなますを作っているという声もありました。

卵焼き

卵焼き
Monkey Business Images/Shutterstock.com
20代ママ
たらこスパゲッティの日は、溶きほぐした卵に砂糖と塩を混ぜフライパンで焼いた卵焼きを作っています。子どもが好きなたらこスパゲティにとろっとした半熟の卵焼きがよく合い、子どもたちもおかわりしてくれました。
半熟のとろっとした卵焼きが、メインのたらこスパゲッティの味を引き立ててくれるというママの声がありました。卵焼きはフライパンとコンロを使いますが、たらこスパゲッティはソースをボウルの中でも作れるため、パスタとおかずを同時進行で手早く作ることができそうですね。

パスタに合うスープ

ママたちに聞いた、パスタに合うスープのレシピをご紹介します。

ポタージュ

30代ママ
玉ねぎをバターで炒め、かぼちゃと水を入れて具材が柔らかくなるまで煮ます。粗熱がとれたらブレンダーでなめらかになるまで撹拌し、牛乳や生クリーム、塩こしょうなどで味を整えるとポタージュのできあがりです。
ポタージュはとうもろこしや枝豆などさまざまな野菜で作れるため、パスタに使う食材に合わせてアレンジすることができそうですね。ママのなかには、子どもが苦手な食材をポタージュに入れて作っているという声もありました。

ポトフ

20代ママ
大きめに切ったキャベツや玉ねぎ、じゃがいもなどの野菜を鍋に入れて火にかけ、沸騰したら1cm程の厚さにスライスした豚バラ肉を入れます。あくを取りながら柔らかくなるまで煮て、コンソメで味を整えたらポトフの完成です。野菜や豚肉から出た優しい味が子どもたちにも好評でした。
パスタの付け合わせに豚肉を使ったポトフを作るのもよいかもしれません。豚肉の他にも、ウインナーや鶏肉を使ってもおいしく作れそうですね。手早く作りたいときは、圧力鍋を使っているというママの声もありました。

パスタに合うおかずを用意しよう

食事をする家族
iStock.com/kohei_hara

パスタに合うおかずを用意するとき、ママたちは食材のバランスを考えたり味つけや食感のメリハリが出るよう献立を考えたりと、さまざまに工夫しているようです。パスタがメインのときは、効率よく食事の準備ができるよう火を使わないおかずを作っているというママの声もありました。

豚肉のピカタやポタージュなど、ママたちに聞いたレシピも参考にしながら、パスタに合うおかずを用意できるとよいですね。

2019年09月03日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レシピの関連記事

カテゴリ一覧