バレンタインに贈るチーズケーキ。簡単レシピとラッピングのコツ

バレンタインに贈るチーズケーキ。簡単レシピとラッピングのコツ

バレンタインにチーズケーキを贈ろうと考えたとき、贈る意味や理由、いちごを使った簡単なレシピやカップを使ったラッピングを知れたら嬉しいママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、スティック状のチーズケーキバーやチーズケーキタルトの他に、子どもと作るときの工夫についてママたちの体験談をご紹介します。

バレンタインにチーズケーキを選んだ理由

バレンタインのお菓子というと、チョコレートを思い浮かべる方もいるかもしれませんが、ママたちのなかにはチョコレートではなくチーズケーキを贈った方もいるようです。ママたちに、チーズケーキを選んだ理由について聞いてみました。

「パパがチョコレートをあまり食べないので、甘さ控えめの食べ物の方が嬉しいのではないかと思いました。チーズをおつまみにしてお酒を飲んでいたこともあり、バレンタインに娘といっしょにチーズケーキを作りました」(30代ママ)

「例年と気分を変えたいと思い、バレンタインに贈るチョコ以外のお菓子にはどのような意味があるかインターネットで調べてみました。さまざまな意味合いを参考にしつつ、今年のバレンタインは自分自身も好きなベイクドチーズケーキを焼くことにしました」(20代ママ)

バレンタインに贈るチーズケーキも、チョコを贈るときと同様に相手に喜んでもらえたら嬉しいといった気持ちで作ったというママの声がありました。

バレンタインに作ったチーズケーキの種類

ママたちがバレンタインに手作りしたケーキの種類について聞いてみました。

ベイクドチーズケーキバー

「ベイクドチーズケーキを、スティック状に切ってチーズケーキバーを作りました。子どもたちはスティック状のケーキが新鮮だったようで『お店みたい!』と喜んでくれました」(30代ママ)

ベイクドチーズケーキは、しっかりと冷ますことで切るときに形が崩れにくいといったポイントがあるようです。ママのなかには、スティックタイプにすることで切る幅や長さを変えやすく、小さな子どもが食べきれる量に調節しやすいという声もありました。

レアチーズケーキタルト

「レアチーズケーキの生地をタルトカップに流し込み、冷蔵庫で冷やし固めてレアチーズケーキタルトを作りました。パパに好みにあわせて甘さ控えめして、子ども用にいちごジャムを添えたところ、どちらも満足してくれたようで嬉しいと思いました」(20代ママ)

レアチーズケーキタルトを甘さ控えめに作り、いちごジャムなどを添えることで味のバリエーションをつける工夫もあるようです。他にも、甘さを控えめにするために水切りヨーグルトやレモンを使う工夫をしているといったママの声もありました。

スフレチーズケーキ

「クリームチーズと砂糖、卵黄、牛乳、レモン汁、薄力粉などを混ぜたベースの生地にメレンゲを加えてスフレチーズケーキを作りました。カップに入れて焼くことで、子どもも食べやすくなったようで『ふわふわでおいしい!』と嬉しい感想がもらえました」(20代ママ)

スフレ状のチーズケーキは、カップに入れて焼くことでスプーンでも食べやすいと感じるママもいるようです。また、カップケーキにデコレーションをすることで、見た目にも楽しめるチーズケーキになるかもしれません。

子どもと手作りを楽しむためのコツ

子どもとママで料理
iStock.com/S_Kazeo

子どもとバレンタインのケーキ作りを楽しむときに、ママたちが意識していたコツについて聞いてみました。

子ども向けの道具や材料を用意する

「生地を混ぜてもらうときには、子どもが握りやすいように小さめの泡立て器を使っています。他にも、星型やカラフルなアラザンを用意して子どもにレアチーズタルトのトッピングをお願いところ、張りきってお手伝いしてくれました」(20代ママ)

お菓子作りに使う道具は、子どもが扱いやすいサイズや形を選んだというママの声がありました。子どもがやりやすい道具や工程を用意しておくことで、親子で安心してお菓子作りが楽しめるかもしれませんね。

子どもから目を離さない

「ゼラチンを溶かしたり、オーブンを使ったりする場面では子どもから目を離さないようにしています。焼き上がったチーズケーキも粗熱が取れるまで、子どもの手が届かない場所に置くようにしています」(30代ママ)

お菓子を作るときに、オーブンや包丁を使う場合もあるかもしれません。子どもとお菓子作りを楽しめるように、あらかじめ気をつける場所を確認しておくこともポイントとなるようです。

簡単でおしゃれなラッピングアイデア

バレンタインのラッピング
iStock.com/VictoriaBee

バレンタインに贈るチーズケーキには、ひと手間かけてラッピングしてみてはいかがでしょうか。ママたちの声をもとに、簡単にできるラッピングのアイデアをまとめてみました。

ワックスペーパーを使う

「正方形のワックスペーパーを使ってスティック状に切ったチーズケーキバーをくるみ、キャンディのように端をねじりました。ねじった部分にリボンを巻いたところ、子どもたちからも『かわいいラッピングで嬉しい』と言ってもらえました」(30代ママ)

ラッピングにワックスペーパーを使ったというママの声がありました。マスキングテープで巻き終わりの部分を留めたり、麻ひもで結んだりすると紙がめくれにくくなるかもしれません。

お皿といっしょに包む

「カットしたチーズケーキタルトを、お菓子のラッピング用シートでひとつずつ包んでから紙皿に乗せます。紙ナフキンや木のフォークなどを添え、紙皿ごとラッピングしているのでそのまま食べられるので便利です」(20代ママ)

紙ナフキンや木のフォークも、使い方次第でおしゃれなラッピングアイテムになるかもしれません。紙皿に乗せた状態でラッピングすることで、やわらかいスフレチーズケーキも形が崩れにくくなると感じたママもいるようです。

透明のケースに入れる

「生クリームを絞ったベイクドチーズケーキに旗のピックを立て、デコレーションが見えるように透明のケースに入れました。ケース自体にもリボンをかけたら簡単におしゃれな仕上がりになりました」(20代ママ)

デコレーションが見えるように、透明のケースを使ったというママの声がありました。他にも、プラスチック製のゼリーカップにケーキを入れて、上から透明の袋でラッピングするといったアイデアもありました。

チーズケーキに気持ちを込めて

チーズケーキ
iStock.com/Miuda_21

バレンタインにチーズケーキを作る意味として、相手の好みやその年の気分にあわせたというママの声が聞かれました。 スティック状のチーズケーキバーやチーズケーキタルト、スフレチーズケーキといったお菓子は、いちごなど果物との組みあわせ次第でさらにアレンジの幅が広がり、子どもたちの嬉しいリアクションにつながるかもしれません。

紙皿や透明カップなどを使った簡単なラッピングのコツも取り入れながら、バレンタインに素敵なチーズケーキを贈ることができるとよいですね。

2018年10月13日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レシピの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ