子どもに人気のお弁当のレシピ。3歳から6歳の子どもが好きなおかずやデザートを作ろう

子どもに人気のお弁当のレシピ。3歳から6歳の子どもが好きなおかずやデザートを作ろう

子どもにお弁当を作るとき、人気のおかずレシピやデザートのレシピが知りたいママもいるかもしれません。今回の記事では、3歳から6歳の子どものお弁当を作るコツ、人気のおかずレシピやデザートのレシピをママたちの体験を交えてご紹介します。

子どもに人気のお弁当を作るコツ

普段のお弁当や運動会、遠足などのお弁当で子どもが喜ぶお弁当を作りたいと思うママもいるかもしれません。子どもに人気のあるお弁当はどのようなものなのでしょうか。実際に、子どもに人気のお弁当を作るコツを3歳から6歳の子どものママたちに聞いてみました。

好きなおかずを入れる

「お弁当には、子どもの好きなおかずを1品以上入れています。自分の好きなおかずが入っていると喜んで食べてくれました」(5歳児のママ)

「子どもが通う保育園は、お弁当の日が少ないので、たまにしかないお弁当の日は好きなものを楽しく食べてほしいと思い、入れてほしいおかずのリクエストを聞いて作るようにしています」(4歳児のママ)

お弁当を作るときは、子どもが好きなおかずを入れるようにしているママがいるようです。お弁当に好きなおかずが入っていると、子どもが朝からお弁当の時間を楽しみにしてくれたというママの声もありました。

食べ切れる量にする

子どもに人気のお弁当レシピ
iStock.com/Hakase_

「お弁当には子どもが食べ切れる量を入れています。全部食べられると嬉しいようで『ピカピカになったよ』と言って空になったお弁当箱を見せてくれました」(3歳児のママ)

「うちの子は、食べる量が少なめなので、子どもが食べ切れそうな量を詰めています。周りの友だちと同じ時間で食べ切れると嬉しいみたいです」(6歳児のママ)

お弁当を自分で完食できたとき、嬉しいと感じる子どももいるようです。子どもがお弁当を食べ切れるように、子どもにあわせた量をお弁当箱に詰める工夫ができるとよいかもしれませんね。

食べやすい工夫をする

「冷めてもおいしく食べられるように、しっかりめに味つけをしたり、食べにくい大きさのおかずは切ってから詰めたりと、子どもが食べやすくなるように意識しています。『お弁当おいしかったよ』と子どもに言われると、私も嬉しい気持ちになります」(5歳児のママ)

「肉や魚のおかずは、時間が経つとパサパサしてしまうことがありました。魚を蒸し焼きにしたり、肉の表面に片栗粉をまぶしてから焼いたりと、時間が経っても食べやすい工夫をしています」(3歳児のママ)

お弁当を作るときは、子どもが食べやすい工夫をしたママもいるようです。他にも、おかずをフォークでさしやすい形にしたり、おにぎりも小さめのサイズで作ったりしたというママの声もありました。

お弁当に人気のあるメインのおかずレシピ

お弁当のメインには、子どもの好きなおかずを作りたいと考えるママもいるのではないでしょうか。ママたちに聞いた、子ども人気があるメインのおかずのレシピをご紹介します。

鶏のから揚げ

子どもに人気のお弁当レシピ
© taa22 - Fotolia

「鶏もも肉を一口大に切ります。しょうゆと酒、塩麹とみりんをいっしょに食品用ポリ袋に入れてよく揉み、冷蔵庫で2時間漬け込みます。小麦粉と片栗粉を1対1の割合で混ぜ、鶏肉にまぶします。180度の油で2度揚げしたら完成です」(6歳児のママ)

子どもに人気のから揚げを作るときは、塩麹を使ってやわらかくなるよう工夫したママもいるようです。2度揚げするとカラッとした仕上がりになるようなので、サクサクとした食感を子どもが喜んで食べてくれるかもしれませんね。

ピーマンの肉詰め

「ピーマンを輪切りにし、種を取ります。みじん切りにした玉ねぎと鶏ひき肉、パン粉と牛乳、塩コショウを混ぜたタネを作ります。輪切りにしたピーマンにタネを詰め、フライパンで両面焼きます。ケチャップとウスターソースを混ぜて作ったソースをかけたら完成です」(5歳児のママ)

ピーマンを輪切りにして肉詰めを作ると、お花のような形になって子どもにも人気だったというママの声もありました。赤や黄色のピーマンを使って肉詰めを作ると、カラフルになり、子どもも喜ぶかもしれませんね。

お弁当に人気の隙間おかずのレシピ

お弁当の隙間を埋めるおかずにはどのようなものがあるのでしょうか。子どもに人気の隙間おかずのレシピをご紹介します。

じゃがいものベーコン巻き

「スティック状に切ったじゃがいもと水を耐熱容器に入れ、ラップをかけて電子レンジで加熱します。じゃがいもにベーコンを巻き、巻き終わりが下になるようにフライパンに乗せて焼いたら完成です」(5歳児のママ)

じゃがいものベーコン巻きは、お弁当の隙間にあわせて切ることもでき、隙間おかずとしても人気のようです。じゃがいもをにんじんやいんげんに変えて、アレンジしたというママの声もありました。

グリーンピースの卵焼き

「ボウルに卵とグリーンピース、マヨネーズと白だしを入れてよく混ぜ、卵液を作ります。卵焼き用のフライパンに3回にわけて卵液を入れ、焼きながら巻いたら完成です」(4歳児のママ)

卵焼きにマヨネーズを入れると冷めてもパサパサしにくいようで、子どもに人気だったというママの声がありました。グリーンピースを入れることで彩りもよくなりそうですね。お弁当の隙間にあわせて切りわけてみるのもよいかもしれません。

お弁当に人気のデザートレシピ

子どもに人気のお弁当レシピ
iStock.com/Wako Megumi

お弁当にデザートが入っていると、喜ぶ子どももいるのではないでしょうか。お弁当にも持っていきやすく子どもに人気のデザートレシピをご紹介します。

スイートポテト

「蒸してからつぶしたさつまいもに、砂糖と卵黄、バターを入れてよく混ぜます。牛乳を少しずつ加えながら混ぜ、一口大に成形します。黒ごまを乗せ、トースターで焼いて完成です」(3歳児のママ)

お弁当のデザートにスイートポテトを作ったママもいるようです。お弁当箱のサイズにあわせて、丸型にしたり角型に成形すると隙間なく詰めることができたというママの声もありました。

フルーツ寒天

「鍋に水と粉寒天、砂糖を入れ、よく混ぜてから煮溶かし粗熱を取ります。小さく切った黄桃とキウイをデザート用の小さなお弁当箱に入れます。寒天液を注ぎ、冷蔵庫で冷やし固めたら完成です」(4歳児のママ)

フルーツ寒天は、お弁当にも人気があったというママの声がありました。果物の種類を変えたり、牛乳を加えてミルク寒天にしたりと、子どもの好みにあわせてアレンジするものよいかもしれませんね。

子どもに人気のお弁当を作ろう

子どもに人気のお弁当レシピ
iStock.com/kokouu

子どもに人気のあるお弁当のレシピが気になるママもいるのではないでしょうか。お弁当を作るときは、子どもが食べやすいように、ごはんやおかずの量を調整したり、好きなおかずのリクエストを聞いたりするのもよいかもしれません。

子どもが喜んで食べてくれる姿を想像しながら、お弁当作りができるとよいですね。

2018年09月03日

レシピの関連記事

カテゴリ一覧