子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2018年03月22日

お中元に届くハムの食べ方。そのままや子どもとおいしく食べるアレンジ料理

お中元に届くハムの食べ方。そのままや子どもとおいしく食べるアレンジ料理

お中元の時期になると、なぜかよく贈られてくるハムですが、おいしい食べ方や保存方法について気になるママもいるかもしれません。今回は、そのまま食べるだけ以外のお中元ハムのアレンジ料理や賞味期限、ハムの種類などについて、ママたちの体験談を元に紹介します。

お中元のハムの種類と賞味期限

お中元の贈り物にハムが届く場合もあるかもしれません。お中元として贈られるハムは、ボンレスハムやロースハム、生ハムやショルダーハムなど数種類のハムを組み合わせて贈られる場合があるようです。それぞれのハムの特徴と賞味期限の目安についてご紹介します。

ボンレスハム

豚のもも肉を塊のまま香辛料などとともに塩漬けし、燻製、加熱したものをボンレスハムというようです。赤みの多いもも肉を使っているので肉感のある弾力が魅力なのだそうです。賞味期限は50日程度といわれています。

ロースハム

豚のロース肉を塊のまま香辛料などとともに塩漬けし、燻製、加熱したものをロースハムというようです。肉のきめが細かく適度な脂肪があるロースハムは、肉質も柔らかいので、スーパーなどで売れているように薄切りにして食べてもおいしいようです。賞味期限は1カ月程度といわれています。

生ハム

生ハム
iStock.com/nito100

豚肉を塩漬けにし、そのまま乾燥、熟成させ、低温で燻製したハムを生ハムというようです。ボンレスハムやロースハムとの違いは、加熱していないことにあるとされています。使用する部位はさまざまで、部位ごとに呼び名も違うようです。加熱されていないので賞味期限が短いのではと思うママもいるかもしれませんが、商品によって2カ月から6カ月程度あるといわれています。

ショルダーハム

ショルダーハムは、豚の肩肉を香辛料などとともに塩漬けし、燻製、加熱したものをいうようです。肉感があり味も濃いことが特徴のようです。賞味期限は25日程度といわれています。それぞれのハムの特徴を知り、よりおいしく食べられるとよいですね。ここでご紹介した賞味期限は目安なので、届いたハムの賞味期限を確認するようにしましょう。

お中元のハムをそのまま使った食べ方

ママたちはお中元でハムをもらったとき、調理せずそのまま食べることもあるようです。ママたちにハムの食べ方を聞いてみました。

切ってそのまま食べる

「お中元でハム届いたとき、なぜか子どもたちはそのまま食べたがるので、最初は薄切りにしてそのまま食卓へ出しています」(30代ママ)

「お中元でいただいたハムは、おつまみとして食べることが多いです。食べやすく切ってお皿に盛り付けるだけでも、おいしくて食べ応えのあるおつまみになります」(30代ママ)

お中元にハムが届くと、まずはそのまま切って食べるのもよさそうです。ロースハムは薄切りに、ボンレスハムは少し厚めに切るなど、切り方の工夫をしているママもいました。

焼いてそのまま食べる

ローストハム
iStock.com/GMVozd

「お中元にハムが届くと、厚めに切ってそのまま食べるようにしています。すこしぜいたくな気分が味わえます」(30代ママ)

「夕食にホットプレートを使って鉄板焼きのようにすることがあるのですが、お中元でハムが届いたら、切ってそのまま焼いて食べます」(30代ママ)

厚めに切って焼き目をつける程度にだけ焼き、そのまま食べるというママもいました。味付けなどをせず焼くだけでおいしいですし、厚めに切ればステーキのようでぜいたくな気分も楽しめそうです。

お中元のハムをアレンジして料理レシピ

お中元のハムは2、3種類組み合わさって届くこともあるので、そのまま食べるだけでなく、さまざまな料理にアレンジして食べられるかもしれません。ママたちにアレンジした食べ方について聞いてみました。

パスタに入れる

「生ハムはそのまま食べると子どもたちには塩辛く感じるようで、パスタの具として使うこともあります」(30代ママ)

「お休みの日のお昼ご飯は手軽に作りたいので、細かく切って保存しておいたお中元ハムを使ってパスタランチを作ることもあります」(30代ママ)

お中元のハムのアレンジとして、パスタの具として使うママもいるようです。パスタの具としてなら、どのような種類のハムが届いても活用することができそうですね。

マリネに入れる

「にんじん、玉ねぎ、キャベツのマリネの中にハムを入れてみるとおいしかったです。夏の常備菜として活用しています」(30代ママ)

野菜だけのマリネもおいしいですが、ハムを入れることでコクが出るようです。ハムといっしょに野菜をマリネすると、普段野菜を食べない子どももなぜかモリモリ食べてくれるというママの声もありました。

ハムカツ

ハムカツ
iStock.com/kudou

「お店で食べた厚切りのハムカツがおいしくて、お中元のハムで作ってみました。食べ応えがありハムもジューシーになるので、厚切りのハムカツは我が家の大人気メニューとなっています」(30代ママ)

ハムに少し手を加えて、ハムカツにしてみてはいかがでしょうか。厚切りにしたハムを使えば、食べ応えのあるメインのおかずになりそうです。

サラダに入れる

「ポテトサラダやマカロニサラダに、薄いハムの代わりに細かく切って入れています」(30代ママ)

「春雨やキュウリで中華サラダをよく作りますが、そのときお中元のハムがあるとぜいたくに使えるので嬉しいですね。どの種類のハムを使ってもおいしく作れます」(20代ママ)

ポテトサラダやマカロニサラダ、中華サラダなどに、ハムを必ず入れるというママもいるかもしれません。お中元のハムを使えば、ハムの肉感が感じられ存在感が際立つサラダに仕上がりそうですね。

ママたちのハムの保存方法

お中元のハムがたくさん届くと、食べきれないこともありますよね。ママたちにハムの保存方法について聞いてみました。

冷蔵する場合

「食べやすいようハムを一度に切り、ジッパー付き保存袋に入れたり、プラスチック製のふた付き密閉容器に小分けに入れ、使いやすくしています」(30代ママ)

「お中元で届いたブロックのハムは、使うたびその都度切っています。残ったものは食品用ラップでしっかり包み、早めに使い切るようにしています」(30代ママ)

お中元のハムを冷蔵保存する場合は、使う都度ブロックから切り分ける方法と、事前に切り分けたものを小分けにする方法があるようです。包装を開けてしまったハムは、なるべく早く使いきるほうがよいようです。

冷凍する場合

「冷凍する場合は、小分けに切って食品用ラップフィルムに包むようにしています。料理に使うときは、冷蔵庫に移し自然解凍させたり、スープや炒め物などで加熱して使うようにしています」(30代ママ)

お中元のハムは大きいので、食べきれないということもあるようです。冷凍をすると冷蔵より長く保存することができるので、小分けにするなどの工夫をすれば、毎日の料理に取り入れやすくなるかもしれませんね。

お中元のハムの食べ方を工夫してみよう

ハムを食べる子ども
iStock.com/paylessimages

お中元としてなぜかよく贈られるハムですが、そのまま食べたり、さまざまな料理にアレンジして使うことができそうです。ハムは種類によって賞味期限の目安がそれぞれ違うようなので、保存方法を工夫しながら最後までおいしく食べられるとよいですね。お中元にハムが届いたときには、さまざまなハムの食べ方を楽しんでみてはいかがでしょうか。

レシピの関連記事
カテゴリ一覧