子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

椅子の掃除方法は?必要な道具と汚れづらくする予防策

椅子の掃除方法は?必要な道具と汚れづらくする予防策

毎日のように使用する椅子が、知らない間に汚れてしまっていることはありませんか。椅子の掃除の仕方の手順とともに、掃除にあると便利な道具や椅子掃除の体験談などもご紹介します。

椅子の掃除の方法を確認しよう

食卓などの椅子は毎日使うので、いつの間にか汚れがついてしまうということもあるかもしれません。椅子に使われている材質はさまざまなものがあるため、素材やコーティングに応じて掃除の方法を確認しましょう。

椅子の掃除の方法

椅子にはさまざまな素材のものがあります。まずは素材を確認して、掃除に必要な方法や道具を選びましょう。

天然素材の木製の椅子

木製椅子の掃除
iStock.com/niti_h

天然素材である無垢材などの椅子は、水に濡れることで色合いが変化してしまうことがあるようです。まずは、椅子についたほこりをとるために乾拭きをしましょう。

本革のものも水拭きは厳禁であるため、無垢材と同様に乾拭きをします。

合皮やコーティングのあるもの

椅子合皮や木製でもコーティングが施してあるものの中には、水拭きができるものがあるようです。コーティングがしてあるものであっても、はじめて水拭きをするという場合には、椅子の見えない部分でまずは試し、水がしみ込まないか確認しておくとよいかもしれませんね。

布製

布製の椅子布製のものは、布地に細かいほこりがたまっている場合もあります。床を掃除するときとは異なる吸い取り口を取り付けてから、掃除機をかけるとよいようです。

布製の椅子は、使い始める前に掃除機でほこりを吸い取った後、防水スプレーを椅子全体にかけておくというママの声もありました。

万が一液体のものをこぼしたときにも、最低限の汚れに抑えることができるかもしれませんね。防水スプレーを買うときは、椅子の生地に適合するものを選びましょう。

汚れがひどい場合

合皮やコーティングしてある木製の椅子などに頑固な汚れが付いている場合には、薄めた中性洗剤に雑巾を浸して硬く絞り、汚れをたたき出すようにして拭いていきましょう。

そのあとは、乾拭きをして水分が椅子に残ってしまわないようにします。布の椅子の場合には、雑巾でこすりすぎると反対に、繊維の間に汚れが入り込んでしまうことがあるので注意が必要でしょう。汚れの上をたたいて取るようにしましょう。

あると便利な椅子の掃除道具

椅子の掃除を行うときにあると便利な掃除道具をまとめました。

雑巾

雑巾は、ほこりを取ったり、頑固な汚れを取ったりと部分に使うことができます。乾拭きや水拭きをすることもあるので、2枚以上あるとよいかもしれませんね。

バケツ

椅子の掃除道具
iStock.com/AdrianHancu

バケツは、中性洗剤を薄めて水拭きをするときに使うことができます。

重曹

重曹は、ちょっと汚れを水拭きするときに使うことができます。お湯1Lに大さじ4杯くらいの重曹を入れたものをスプレー容器に入れておくと、汚れが気になったときにすぐ使うことができるので、水拭き掃除が簡単になるかもしれません。

重曹は、食品としても使われており、掃除にもよく使われる道具のひとつです。手が荒れやすい人は、洗剤の代わりに使ってみてもよいかもしれませんね。

革クリーナー

本革の椅子の場合には、革専用のクリーナーで手入れを行なうと、汚れだけでなく、革に傷がつくのを保護することになるようです。

椅子掃除の体験談

椅子掃除をしたことのあるママの体験談をご紹介します。

重曹スプレーでこまめに椅子掃除

「掃除道具のひとつに重曹スプレーを常に準備しているので、食べこぼしの汚れがついたり、手あかが気になったりしたらすぐに重曹スプレーで掃除するようにしています。

汚れが頑固になってこびりつく前に簡単にとれるので、年末の大掃除でも椅子掃除はほとんど必要ないくらい楽です」

細かい食べこぼしには掃除機

「子どもがまだ小さく、食べこぼしが多いので椅子掃除は定期的に行っています。椅子の背もたれのすき間にパンくずや米粒がよくつまっていてなかなかとりにくいのですが、掃除機はちょっと詰まった部分も吸い取ってくれるので大活躍です」

汚れ予防にカバーをする

「結婚前に気に入って購入したテーブルセットの椅子は布製で、子どもが汚れた手で触るのですぐに汚れてしまって掃除に苦労していました。

そこで、撥水加工がされている椅子カバーを買って取りけることにしました。カバーは丸洗いできるので汚されても気にならなくなりました」

椅子の素材に合わせて掃除しよう

椅子掃除
iStock.com/maroke

椅子の掃除の方法は素材によっても異なります。乾拭きや水拭き、掃除機など掃除する方法を椅子の素材に合わせて選びましょう。また、椅子を汚れにくくするための予防策も行ってみてください。

2018年05月09日

レクチャーの関連記事
  • new

    パートでも交通費は出る?支給の条件や上限、扶養控除との関係

    パートでも交通費は出る?支給の条件や上限、扶養控除との関係

    パートで働くときに、交通費が出るのか出ないのかを気にするママもいるのではないでしょうか。今回は、どのような理由で交通費あり、交通費なしだったのかや、電車や車、徒歩の場合で交通費はどのように変わるのか、距離や金額に上限はあったかや扶養控除との関係について、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

  • new

    【体験談】母乳とミルクの混合育児。授乳方法のポイントやミルク量の考え方

    【体験談】母乳とミルクの混合育児。授乳方法のポイントやミルク量の考え方

    母乳とミルクの混合育児を考えたとき、毎回の授乳方法やミルクの量など知りたいことがあるかもしれません。今回は、保育園に預けるときや母乳を嫌がって泣くときなど、どのような混合育児のパターンであげていたかや授乳方法のポイント、4ヶ月、5ヶ月や8ヶ月、9カ月など月齢によるミルクの量について体験談をご紹介します。

  • 夜のおむつがとれないとき。おねしょをするときの対策や子どもとの関わり方

    夜のおむつがとれないとき。おねしょをするときの対策や子どもとの関わり方

    夜のおむつがなかなかとれなくて悩むとき、おねしょが染みにくいズボンや防水グッズなどが必要なのかと気になるママもいるのではないしょうか。今回の記事では、ママたちがおねしょ対策で工夫したポイントや、汚れた布団の処理方法の他に、子どもとの関わり方で意識したことについて体験談を交えてご紹介します。

  • 初穂料の渡し方やふくさの包み方。結婚式や安産祈願でのマナーとは

    初穂料の渡し方やふくさの包み方。結婚式や安産祈願でのマナーとは

    初穂料の渡し方やふくさを使った包み方を考えたとき、結婚式や安産祈願で違いがあるのかや渡すタイミングについて知っておきたい方もいるのではないでしょうか。今回の記事では、初穂料の包み方とのし袋の書き方、厄払いやお宮参りなどシーン別でどのように渡すかについて調べてみました。

  • 双子育児で使う抱っこ紐。選ぶときのポイントや抱っこするときの工夫

    双子育児で使う抱っこ紐。選ぶときのポイントや抱っこするときの工夫

    双子の子育てをしているママやパパの中には、双子を抱っこやおんぶするときにおすすめの抱っこ紐や、2つ必要なのかどうか知りたいと考える方もかもしれません。今回の記事では、実際にママたちが選んだ抱っこ紐や、新生児期やいつまで使うのか、レンタルなど選ぶときのポイント、お出かけするときの工夫について、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

  • 生後5ヶ月の赤ちゃんがぐずるとき。ママたちが考える理由や対処法

    生後5ヶ月の赤ちゃんがぐずるとき。ママたちが考える理由や対処法

    生後5ヶ月になり、赤ちゃんがぐずるようになったり、昼寝の時間になっても寝ないと感じたりするママもいるかもしれません。今回の記事では、日中、夕方、夜中別に生後5ヶ月の赤ちゃんがぐずるシーンやママたちが考えるぐずる理由、ぐずるときの対処法をママたちの体験談を元にご紹介します。

カテゴリ一覧