子どもが遊びやすいテーブルとは。子どもに合うテーブル選びのポイント

子どもが遊びやすいテーブルとは。子どもに合うテーブル選びのポイント

子ども用のテーブルの種類

子どもがお絵描きや遊びを楽しめるように、使いやすいテーブルを用意したいママやパパもいるでしょう。テーブルの脚の高さや天板の角など、子どもが安全に使えるデザインを考えて選びたいですよね。椅子とセットになったものや折りたためるものなど子ども用のテーブルの種類や、選ぶときのポイントをご紹介します。

子ども用のテーブルを使用したシーン

子ども テーブル 椅子
Africa Studio/Shutterstock.com
子どもがお絵描きをしたりおもちゃで遊んだりできるように、子ども用のテーブルを用意したいというママやパパもいるのではないでしょうか。

子ども用のテーブルを使用したシーンをママたちに聞いてみました。
30代ママ
天板にアルファベットがデザインされた子ども用のテーブルを、子どもがよく使っていました。子どもが工作遊びをするときに、テーブルの上に道具を置いて自由に楽しんでいました。
20代ママ
子どもがおままごとをするときに、テーブルの上におもちゃを並べて楽しそうに遊んでいます。
30代ママ
子どもがたまに『ここでお菓子を食べたい』と言うことがあるので、お菓子を入れた皿をテーブルの上に置いて子どもといっしょに食べることがあります。
子どもがテーブルに道具やおもちゃを置いて、工作やおままごとなどの遊びを楽しんでいるというママの声がありました。

テーブルの上に絵本を置いて読書をしたり、パズルなどのゲームを楽しんだりなど、子どもの年齢によって遊びの幅は広がるかもしれません。

子どもが小学校に入学して学習机を買うまで、子ども用のテーブルを使って遊んでいたというママの声もありました。

子どもが使うテーブルの種類

子ども テーブル 椅子
Africa Studio/Shutterstock.com
子ども用のテーブルには、折りたためるものや収納つきのものなどさまざまな種類があるようです。それぞれのテーブルの特長についてご紹介します。

折りたたみ式のテーブル

折りたためる子ども用のテーブルは、収納しやすく、簡単に持ち運ぶことができるという特長があるようです。

子どもが部屋のなかで自由に遊べるように、テーブルを片づけて遊ぶ場所を作りたいと考えることもあるかもしれません。折りたたみ式のテーブルは、片づけたいときにさっと収納できるようです。

収納つきのテーブル

絵本をしまえるように引き出しがあるものや、おもちゃを収納できるようなボックスがついているものなど、収納つきの子ども用テーブルはさまざまあるようです。

収納つきの子ども用のテーブルは、「テーブルで遊んだらここに片づけようね」と伝えやすく、子どもも進んで片づけられるかもしれませんね。

椅子とセットになったテーブル

椅子とセットになった子ども用のテーブルもあるようです。セットになったものは、テーブルと椅子のデザインに統一感があり、部屋の雰囲気に合わせやすいかもしれません。

セットの内容によって椅子の数が異なるようです。友だちや兄弟といっしょに使えるように、椅子の数を考えながら用意することもできそうですね。

子ども用のテーブルを選ぶときのポイント

子ども用のテーブルを用意するときは、どのようなことを意識して選ぶとよいのでしょうか。

子どもの体に合ったものを選ぶ

子ども用のテーブルを用意するときに、子どもの体に合ったものを選びたいというママやパパは多いのではないでしょうか。テーブルのサイズや高さを確認しながら選ぶとよいでしょう。

子どもの身長に合うように、インターネットなどで紹介されているテーブルと椅子の適合サイズを調べながら選ぶのもひとつの方法です。

テーブルの高さが子どもに合わないと、お絵描きや工作をするときの姿勢が悪くなってしまう場合もあるようです。

椅子に座って使うときや床に座って使うときに高さが合うか、お店で実際に試すのもよいですね。

友だちや兄弟と遊べるように、天板のサイズにゆとりがあるものを選ぶのもひとつのポイントかもしれません。

子どもが安全に使えるものを選ぶ

子どもが天板の角に体をぶつけてけがをしないように、安全に使えるものを用意したいと考えることもあるかもしれません。

子ども用のテーブルのなかには、天板の角が丸くなっているものや、テーブルの脚が丸く作られているものもあるようです。子ども用のテーブルを選ぶときは、天板や脚の作りを確認するとよいでしょう。

部屋に馴染むものを選ぶ

子ども部屋の雰囲気に合うものや、他の家具に馴染むようなデザインのテーブルを選びたいというママやパパもいるのではないでしょうか。

木のぬくもりを感じられる木製素材のものや、幼児向けのキャラクターデザインのものなど、さまざまな素材やデザインのテーブルがあるようです。

テーブルを置く場所をイメージしながら選ぶとよいでしょう。

おもちゃとして遊べるものを選ぶ

子ども用のテーブルのなかには、ブロックなどのおもちゃがセットになったものや、天板を取り外してテーブルに直接絵を描けるものなど、おもちゃとして遊べるものもあるようです。

子どもが遊べる楽しい仕組みがある子ども用テーブルを選ぶのも、ひとつのポイントかもしれません。

子どもが使いやすいテーブルを選ぼう

子ども テーブル
Monkey Business Images/Shutterstock.com
子ども用のテーブルは、お絵描きや工作を楽しんだり、おもちゃで遊んだりなどさまざまなシーンで活用することができるでしょう。テーブルにマットを敷いて食事を楽しむこともできるようです。

折りたためるものや、椅子とセットになったものなど、子ども用のテーブルにはいろいろな種類があります。

テーブルの脚の高さや天板の角などを確認しながら、子どもが安全に使えるテーブルを選べるとよいですね。

2020年01月26日

専門家のコメント
19
    あゆみ先生 保育士
    子どもが座った時に正しい姿勢で作業出来る高さは大事ですね!小さいうちは椅子を使って、大きくなったら床に座って使えるものが理想です。あとは角が丸くなっているものだと安心かなと思います。ある程度重さがあると、寄り掛かったりした時にも危険でなく安心ですね!
    折りたたみ式だと、遊びに合わせて移動出来るので良いですね。
    すみっこ先生 保育士
    お絵かきや粘土遊びをするようになってから机が必要になり、角が丸くなっているものを購入しました✨
    小さい頃は子ども用の椅子に座った状態でピッタリでした。大きくなってからは地べたに座った状態でピッタリなので、今ではお友だちが来たときにおやつを食べたりボードゲームやカードケームをするときにも使っています✨
    ふぅ先生 保育士
    高さ重要ですよね☺︎姿勢に大きく関わってきますしね✨姿勢は集中力に大きく関わってきますし、親御さんは気になりますよね。折りたたみと角が丸いやつがお勧めですね☺︎
    ゆか先生 保育士
    小さいころはダイニングテーブルを使用していましたが大きくなってくると(まだ足が届かない頃は)椅子の上でお姉さん座りをしたり、足を組んだりしてしまい、姿勢や骨格が悪くなりそうだったので折り畳みのテーブルを用意しました。

    足が不安定だと落ち着かないので、折り畳みのテーブルを購入してよかったと思います。
    収納もできるし便利です。
    あーちん先生 保育士
    いろいろなタイプのテーブルが出ていますよね!長く使うのに、カスタム出来るものもあるのでいいな〜と思っています。
    何のために使うテーブルなのかでデザインもかわると思います。イスがセットになっている場合は座った時の姿勢が悪くならないもの、足が床につくものがいいと思います!
    さと先生 保育士
    子どもが遊ぶスペースにテーブルとイスを置いています。
    1才半〜2才くらいになるとお絵かきをしたり、ままごとの料理を並べたりと活用できるシーンが増えるのでおすすめです。
    いちご先生 保育士
    姿勢や集中力の為にも、机と椅子って大切ですよね。あとは安全面を考慮して角が丸くなっているもの。
    我が家も子ども部屋に机と椅子を置いて、お絵かきやパズルな度が出来るようにしています。
    それぞれのお子さん、おうちに合ったテーブルが見つかるといいですね。
    りお先生 保育士
    小さい頃は、子ども用の小さいイスに座ってちょうどいい高さの机がおすすめです。
    我が家は木製のイスが2脚あり、4歳と2歳はそのイスに座って机に向かいます。
    8歳の兄はクッションの上かそのまま座って机に向かい、ちょうど良い感じです。

    買い換えなくても良いことを考えれば、重すぎない机で、子ども用椅子と高さが合う机を用意すればいいと思います!
    小学生になってもそのまま使えますよ😁
    とーち先生 保育士
    子どもが使う家具って選ぶのに迷いますよね。


    お絵かき、絵本読み等、机でする活動が増えてから購入を考えました。


    まずは危険がないこと。角がとがってないテーブルを候補に入れました。

    そして、折り畳んで収納が出来ること。リビングを子どもの遊び場兼、食事をするスペースにしている我が家は、出しっぱなしにしていると部屋も狭く見え、圧迫感があるので収納も重視しました。


    子どもの身長に合う高さも大切だと思います。牛乳パックで椅子を作り、調整したりしています☆
    おはぎ先生 保育士
    テーブルも成長と共にどんどん変わっていきますよね。最初につかっていたものもいつの間にか背が伸びて背中を丸くして絵や文字を描いていました。
    理想は椅子に座って胸の下あたりにくる高さだと思います。
    めい先生 保育士
    実際に使うのは子どもなので、足が地について背筋が伸ばせるなど、子どもの身体のサイズに合っていると子ども自身が使いやすいですね。
    一緒に選んだりすると、ここで○○したい!など意欲もアップするかも♩
    ろろ先生 保育士
    折りたたみ式のテーブルは移動が楽ですが子どもが自分で用意するときは注意が必要です、
    手を挟む危険や足の上に落とす危険もありますので準備するときは大人も一緒に準備する必要があると思います
    また、天板に体重をかけすぎるとテーブルの足がまがり故障の原因にもなるので使うときのお約束決めも大事にしたいですね(*˙﹀˙*)
    ぽんた先生 保育士
    やはり、大きめのものがいいかな。子どもは、小さいうちは、肩や腕をまわすような感じでお絵描きをするので、大きな机で、大きな紙に自由に描けると幸せだと、おもいます。はみ出しておこられちゃうと、お絵描きがきらいに、なっちゃうかなとも。。。
    まな先生 保育士
    安全面を考えて、角が丸くなっているもの、作業のしやすい高さであることが大切だと思います。
    成長に合わせて、姿勢が悪くならないように椅子を使ったりなど工夫できたら良いですね。
    片付けやすいように、机の脚が畳めるものも良いかと思います。
    のんの先生 保育士
    デザインや機能性も重要ですが、一番は安全性です。
    折り畳み式は収納面で助かりますが、作りが簡易的であると、こどもがよりかかったりすることで、机ごとひっくり返ることがあるので、注意してます。
    いちぽ先生 保育士
    子どもが正座や座った状態でしっかりテーブルの上に腕が乗るような高さだといいですね。
    ダイニングテーブルよりは低いテーブルで座って作業したほうが安定感はありますよね。
    まりこ先生 保育士
    何のために使うかが重要になるのかと思いますが、我が家では、使いたい時にサッと出せる脚を折りたたんで使うタイプを利用しています。
    テーブルを使っていても、何かのタイミングで風船遊びをしたがる場合などにも、すぐに片付けられて助かっています。
    まい先生 保育士
    やはり地べたにすわるより椅子に座る。の方がいいので椅子に座った時に高くもなく低くもないようなテーブルを買うのがいいと思います。
    また軽すぎると体重をかけた時にひっくり返るので重たいものがいいですね
    せおみ先生 保育士
    丁度今、テーブルを検討中です。小さい子が居ると物を出来るだけ置きたくないですが、幼児になると制作活動などで遊ぶ事が増えるのでテーブルがあるといいですよね。危険がなく折り畳みもできて、使いやすいテーブルを、探しています。
おすすめユーザーのコメント
1
    YK
    保育園の子どものクラスで使っているテーブルの高さを参考にするのも良さそうですね

インテリアの関連記事

カテゴリ一覧