ベビーサークルの使い方を工夫して作る居心地のよいリビング

ベビーサークルの使い方を工夫して作る居心地のよいリビング

リビングのレイアウトや過ごし方

リビングに置くベビーサークルについて気になっているママやパパもいるかもしれません。今回の記事では、リビングに置くベビーサークルの選び方やベビーサークルを使うレイアウトのアイデア、赤ちゃんとの過ごし方のポイントを、ママやパパたちの体験談を交えてご紹介します。

ベビーサークルを置いている場所は?

赤ちゃんのためのベビーサークルを置く場所について気になっているママやパパもいるのではないでしょうか。ベビーサークルを設置している場所を聞いてみました。

30代パパ
我が家ではベビーサークルを寝室に置いています。私や妻が眠っているときに赤ちゃんが起きても危険がないようにと考えて置いたので、安心して眠ることができます。
30代ママ
ベビーサークルはリビングに置いています。どこに置こうかと迷いましたが、赤ちゃんも私たち夫婦もリビングで過ごすことが多いので、リビングに設置することに決めました。
ママやパパたちに話を聞くと、家族のライフスタイルにあわせてベビーサークルを置く場所を考えているようです。

家族が長い時間を過ごすリビングなどに設置すると、赤ちゃんも生活しやすいかもしれません。

リビングに置くベビーサークルの選び方

リビングに置くベビーサークルは、どのようなことをポイントに選ぶとよいのでしょう。ママやパパたちに選び方を聞いてみました。

リビングの色とのバランスを考える

リビング
iStock.com/Scovad
40代ママ
ベビーサークルはリビングの床や壁の色にあうものを選びたいと思いました。リビング全体が落ち着いた感じになるように同系色にするなど、色にポイントをおいて選ぶとよいのではないかと思います。
家族で過ごすリビングに置くベビーサークルは、周りの壁や床、天井などと色をあわせるとよいかもしれません。

リビングの壁が白くカーテンが青いので、ベビーサークルは白と青を基調にしたものを選んだというママの声もありました。

サイズを考える

40代パパ
ベビーサークルを選ぶときはサイズをポイントにしました。狭いベビーサークルはかえって使いにくいように思ったので、リビングの半分ほどの大きさに広げることができるベビーサークルを選びました。
赤ちゃんがリビングでゆったりと過ごせるように、サイズにポイントをおいて選んでもよさそうです。

ママのなかからは、リビングのレイアウトを考えてからベビーサークルのサイズを決めたという声も聞かれました。

機能を確認する

ベビーサークル
iStock.com/FroggyFrogg
30代ママ
ベビーサークルを選ぶときは、使いやすい機能があるかどうかをポイントにしました。ジョイントして広さを調節できるタイプがあったので購入したところ、赤ちゃんの成長にあわせて広さや形を変えることができて便利だと感じています。
リビングに置くベビーサークルを選ぶ際は、機能にポイントをおいてもよいかもしれません。

赤ちゃんを抱っこしたまま簡単に出入りできる、ドアつきのベビーサークルを選んだというパパの声もありました。

ベビーサークルを置くレイアウトのアイデア

リビングにベビーサークルを置く場合、レイアウトはどのようにするとよいのでしょう。ママやパパたちにレイアウトのアイデアを聞いてみました。

赤ちゃん中心のレイアウトにする

40代パパ
リビングにベビーサークルを設置するときには、赤ちゃん中心のレイアウトを考えました。テレビなどから離れた場所に赤ちゃんがゆったりと過ごせる広さをとって置いたところ、ふと気がつくとベビーサークルのなかですやすやと眠っていることもあります。
リビングにベビーサークルを置く際に、赤ちゃんを中心に考えてレイアウトをしたパパがいました。

静かで清潔な場所にベビーサークルを置くことで、赤ちゃんが落ち着いて生活できるかもしれません。

家族でいっしょに過ごせるレイアウトにする

20代ママ
私たちは家族でくつろぐことができるリビングにしようと思い、ソファやおむつ替え用のプレイヤードまでベビーサークル内に置くレイアウトにしました。赤ちゃんとの大切な時間を同じスペースで過ごすことができる幸せを感じています。
ママやパパが使うソファなどもベビーサークル内に収めるレイアウトもよいかもしれません。

リビングで赤ちゃんが自由に移動できるスペースを広くすることで、親子でハイハイを楽しむこともできるというママの声もありました。

赤ちゃんを危険から守る工夫をする

30代パパ
リビングに置くベビーサークルは、チェストやテレビなどの家具を囲むために使っています。ベビーサークルでリビングの一角を囲むことで、赤ちゃんが自由に動き回ることができて楽しそうです。
ベビーサークルを赤ちゃんが過ごすスペースとして使うのではなく、赤ちゃんが安心して過ごせるように家具などを囲むアイテムとして使っているパパもいるようです。

リビングの片側に家具をまとめ、ベビーサークルで仕切っているというママの声もありました。

赤ちゃんとの過ごし方のポイント

リビングにベビーサークルを置いて赤ちゃんと過ごす場合、どのようなことに気をつけるとよいのでしょう。

ママやパパたちにベビーサークルを使う過ごし方のポイントを聞いてみました。

赤ちゃんの様子に気をつける

30代パパ
ベビーサークル内には赤ちゃんにとって必要のないものは置いていませんが、常に赤ちゃんの様子に注意を払うことを心がけています。赤ちゃんは私たちが予想しない動きをすることもあるので、目を離さないようにしたいと思います。
思いがけないことが起きることを考えて赤ちゃんの様子に気をつけようとしているパパがいました。

ベビーサークル内は赤ちゃんにとって安全な場所かもしれませんが、いつも赤ちゃんの様子を意識して見るとよさそうです。

清潔に保つ

30代ママ
ベビーサークルのなかでは赤ちゃんがハイハイをしたり横になったりするので、いつも清潔に保つことを心がけています。小さなゴミや埃、汚れなどに気をつけることで、赤ちゃんが気持ちよく過ごせるのではないかと思います。
リビングは家族がさまざまな過ごし方をする場所なので、ベビーサークルのなかは常に清潔に保つように意識するとよいかもしれません。

赤ちゃんがさわるベビーサークルの柵なども定期的に掃除をしているというママの声もありました。

ベビーサークルの使い方を工夫しよう

ベビーサークルで遊ぶ赤ちゃん
iStock.com/yaoinlove

リビングにベビーサークルを置くために、レイアウトの仕方や赤ちゃんとの過ごし方を考えているママやパパがいました。ベビーサークルを選ぶ際は、リビングにあわせて色やサイズなどを考えるとよさそうです。

赤ちゃんがゆったりと遊べたりママやパパがいっしょにくつろいだりできるように、ベビーサークルの使い方を工夫できるとよいですね。

2019年12月24日

インテリアの関連記事

カテゴリ一覧