女の子らしい可愛い子ども部屋にする方法。狭くても可愛くするコツ

女の子らしい可愛い子ども部屋にする方法。狭くても可愛くするコツ

ラグなどおすすめインテリアアイテムを紹介

女の子らしい可愛い子ども部屋にしたいとき、どのようなインテリアを用意したらよいのかや、片づけ方に悩むママも多いかもしれません。照明やラグをプラスするだけでおしゃれな雰囲気になることもありますよね。今回は、女の子の子ども部屋作りの方法や、狭くても可愛い部屋を作るコツを体験談をまじえてご紹介します。

女の子の子ども部屋には何がある?

女の子が生まれると、おしゃれで可愛い子ども部屋に憧れるママも多いかもしれません。

でも実際には忙しかったり部屋が狭くて、なかなか思い通りの子ども部屋にならないこともあるでしょう。

実際に、女の子の子ども部屋には、どのようなアイテムやスペースがあるのかママたちに聞いてみました。

収納

おもちゃ収納
iStock.com/sampsyseeds
30代ママ
おもちゃ用の大きめのラックがあります。白い棚にカラフルなボックスがいくつか入っている作りで、子どももおもちゃが取り出しやすいみたいです。
30代ママ
5つに仕切られたフリーボックスに100均のカゴやケースを入れて、おもちゃや本を収納しています。
取り出しやすさや片づけやすさを意識して、子ども目線で収納を用意することが大切かもしれませんね。

机やタンス、ベッド

30代ママ
子ども用の小さい机やベッドがあります。
30代ママ
服や小物を入れたタンスがあったり、保育園の登園リュックや帽子、アウターなどのお出かけ用アイテムはすぐ使いやすいように壁のフックにかけています。
まだ子どもが机を使い慣れていなくても、置いておくことで机に向かう習慣付けになるかもしれません。

保育園の支度用アイテムを決まった場所にセットしておくことも朝の時短になりそうですね。

遊ぶスペース

30代ママ
おままごと用の小さいテーブルやボールプールを置いているスペースがあります。
遊ぶスペースには、プレイマットがあると遊びやすく、散らかしてよいのはこの上だけと決めて片付けやすいかもしれません。

インテリアにもなるらくがき用の黒板ウォールや、隠れ家のように楽しめるキッズテントも子どもがよろこびそうですね。

写真や工作などを飾るスペース

30代ママ
本棚の上の広い部分に写真立てをいくつも置いたり、保育園で作った工作を飾っています。
自分が作った工作が飾られていると、子どももうれしくなり創作意欲や自信もつきそうですよね。

大人が見ても、写真や工作から子どもの成長を感じられる大切なスペースになるでしょう。

女の子の子ども部屋に必要なアイテムやスペースをあらためて知ることで、可愛い部屋への模様替えもしやすいかもしれませんね。

おしゃれで可愛い子ども部屋にする方法

子ども部屋
iStock.com/PeopleImages
おしゃれで可愛い子ども部屋にする方法をいくつかご紹介します。

部屋のテーマを決めて統一感を出す

まずは、収納を用意してきちんと片付け、子ども部屋をすっきりさせましょう。

ナチュラル、ガーリー、ポップなど部屋のテーマを決めたり、部屋の基調となる色合いを何色かに絞っておくと統一感が出やすいかもしれません。

ホワイト、水色、ピンク、ペールパープルなどのパステルカラーは女の子らしくなるでしょう。

木製の家具や緑、茶色などのアースカラーを基調にすると、落ち着きがあり子どもが成長してからも飽きにくいかもしれません。

部屋の印象を変えやすいアイテムを使う

カーテン、ラグ、照明、壁紙などは、部屋の印象をがらりと変えやすいインテリアアイテムで、女の子らしいデザインのものを選べば簡単に可愛い子ども部屋になるでしょう。

ラグは床の傷防止や、子どもが転倒したときのケガ防止にもなるかもしれません。

LEDの間接照明として、ガーランドタイプのライトや、可愛いデザインのシェードがついたルームライトは女の子らしさを演出できるでしょう。

好きなところに貼って簡単にはがすことができる壁紙やウォールステッカーは、季節などに合わせて部屋の模様替えもしやすいかもしれませんね。

女の子らしいアイテムを飾る

ハート、お花など可愛いモチーフのものやぬいぐるみ、ドールハウスやドレッサー、天蓋付きベッドのようなアイテムがあると、女の子ならではの子ども部屋になるでしょう。

おしゃれに目覚めるのが早く、可愛い服や髪型にして鏡を見ることが好きなのでドレッサーは子ども部屋にほしいという声や、本やSNSで海外の子ども部屋の写真を見て可愛いアイテム探しの参考にしたという女の子のママの声もありました。

狭くても可愛い子ども部屋にするコツ

狭くてもなるべく広く見せて、可愛い子ども部屋にするコツをいくつかご紹介します。

デッドスペースを活用する

自由にレイアウトしやすいシステム家具やロフトベッドなどは、デッドスペースを活用しやすく狭い部屋でも役に立つかもしれません。

デッドスペースに布やネット、フックなどで手作りしたハンモックをつけて、収納に困ることも多いぬいるぐみを片付けると、見た目も可愛くて子どももよろこぶかもしれません。

ウォールシェルフや、ウォールポケットもおしゃれで壁面収納に便利でしょう。

視覚効果で部屋を広く見せる

ロータイプのベッドなど低めの家具や、ストライプ柄のラグなどは部屋を広く見せることができるようです。

女の子らしいパステルカラーやペールカラーなどの薄いシックな色を基調に、部屋全体をまとめてもすっきりとして見えるでしょう。

女の子らしい可愛い子ども部屋にしてみよう

子ども部屋
iStock.com/KatarzynaBialasiewicz
今回は、女の子の子ども部屋について体験談をまじえながら、おしゃれに可愛くする方法や、部屋が狭くても可愛い部屋にするコツなどをご紹介しました。

ラグや照明などのインテリアアイテムは女の子らしい子ども部屋作りに役立ちそうです。

子ども部屋が狭いときは、デッドスペースや視覚効果を活用しすっきり見せることが大切でしょう。

可愛いアイテムでデコレーションして、女の子がよろこぶ居心地のよい子ども部屋になるとよいですね。

2019年09月09日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

インテリアの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ