親子で使う二段ベッドが必要なとき。選び方やいつまで使ったかなど

親子で使う二段ベッドが必要なとき。選び方やいつまで使ったかなど

ママたちが実際に使った親子の二段ベッド

親子用の二段ベッドの購入を検討するとき、必要だと感じるシーンやどのような選び方があるのかが気になるママやパパもいるのではないでしょうか。今回は、親子で使う二段ベッドの選び方やレイアウトのポイント、親子用の二段ベッドはいつまで使ったかを体験談を交えてご紹介します。

親子の二段ベッドは必要?

二段ベッドのなかには、子どもと大人が親子でいっしょに使えるタイプもあるようです。ママたちに、親子で二段ベッドを使っているかを聞いてみました。

30代ママ
うちの場合、寝室となる部屋が狭いので、親子用の二段ベッドの必要性を感じました。親子用の二段ベッドを使うと日中に部屋を広く使えて便利だと感じています。
20代ママ
親子用の二段ベッドは使っていません。将来、息子たちが子ども部屋で就寝する時期がきたら子ども用の二段ベッドを用意したいと考えています。

親子で二段ベッドを使っているかは、家庭によってそれぞれ違うようです。家族構成や寝室の広さによって、二段ベッドが必要だと感じたときに検討してみるとよいかもしれませんね。

親子で使う二段ベッドの選び方

子どもといっしょに使う二段ベッドは、どのような選び方があるのでしょうか。ママたちに聞いた、親子で使う二段ベッドの選び方をご紹介します。

大きさや高さ

二段ベッド
Artazum/Shutterstock.com
40代ママ
二段ベッドを用意するとき、大きさを意識して選びました。事前に部屋の広さや天井の高さを測っておくと、候補となる二段ベッドをピックアップしやすかったのでスムーズに用意できました。

配置する予定の部屋の広さにあわせ、二段ベッドの大きさを意識したママがいるようです。他にも、二階にベッドを運ぶために通り道として、玄関ドアを開いた広さや階段の幅も意識して大きさを決めたというパパの声もありました。

丈夫さ

30代ママ
うちの夫は身長が高く体が大きめなので、親子用の二段ベッドを選ぶときは丈夫さを重視しました。大人と子どもがいっしょに使っても揺れやきしみが少ないと、安心して使いやすいです。

二段ベッドの丈夫さを重視したママがいるようです。ママのなかには、丈夫さの目安のひとつとして、フレームの構造や耐荷重をチェックしてベッドを選んだという声も聞かれました。

デザイン

20代ママ
親子で使う二段ベッドは、家の雰囲気にあわせたシンプルなデザインがよいと思いました。今は赤ちゃんの下の子が成長したとき、きょうだいで使うことも考えて飽きにくいようなベーシックなデザインのものを選びました。

親子の二段ベッドの選び方のひとつとして、デザイン性を意識したママもいるようです。一段目と二段目にそれぞれ棚とコンセントがついているタイプや、上に登るはしご棚状になっているタイプなどもあるようなので、さまざまなデザインのなかから気に入ったものを選べるとよいですね。

親子用の二段ベッドのレイアウトのポイント

親子用の二段ベッドを配置するときのポイントが知りたいママもいるようです。ママたちに、親子用の二段ベッドのレイアウトのポイントを聞いてみました。

ドアや窓との位置を意識する

40代ママ
ドアや窓の位置を確認して二段ベッドの配置を考えました。ドアや窓を開け閉めするためのスペースを確保したいと思ったので、縮小した間取り図の上にベッドのサイズにあわせた紙を乗せて使いやすいと感じた場所を探しました。

二段ベッドとドアや窓との位置を意識したママがいるようです。二段ベッドに横になるまでの動きをシミュレーションし、動線を確保したレイアウトを意識するのもよいかもしれませんね。

引き出すスペースを確保する

二段ベッド
iStock.com/photobac
30代ママ
スライド式の二段ベッドを用意したので、下の段を引き出すスペースを確保することがポイントだと思いました。寝室にはサイドボードも配置したいと考えていたので、ぶつからない位置を見つけて模様替えをして使っています。

スライド式の二段ベッドの場合、引き出すスペースを確保するのも大切なポイントかもしれません。他にも、下の段に引き出し式の収納がある場合、床に敷いたラグにぶつからないようにずらすなどして配置を工夫したというママの声もありました。

はしごをかける場所を考える

20代ママ
子どもと夫が使う予定の二段ベッドは、上の段のどの部分にでもはしごをかけられるタイプでした。ベッドの足元側にはしごをかけると、はしごを降りる夫と下の段を使う子どもの動線が別々になるのでスムーズにベッドに乗りやすいようです。

はしごをかける場所を考えてレイアウトすると、上の段と下の段を使う人がそれぞれ動きやすそうですね。垂直やと斜めがけなどメーカーによってさまざまなタイプのはしごがあるようなので、使いやすさにあわせたものを用意できるとよいかもしれません。

親子用の二段ベッドはいつまで使った?

親子用の二段ベッドの購入を検討するとき、いつまで使えるのか知りたいママもいるかもしれません。実際に、ママたちに親子用の二段ベッドはいつまで使ったのかを聞いてみました。

子どもがひとりで寝るようになるまで

40代ママ
親子用の二段ベッドは、子どもが一人で部屋を使うようになった頃まで使いました。私と娘の2人で使っていたのですが、マイホームが完成した娘が10歳のときに専用の部屋を用意したことがきっかけで別々のベッドに切り替わりました。

子どもが自分の部屋を持ったことがきっかけとなり、親子がそれぞれのベッドを使うようになったというママの声がありました。子どもが親とは別の部屋で寝るようになる年齢はさまざまなようで、子どもが「まだいっしょに使いたい」と言う間は二段ベッドを使うのもよいかもしれません。

耐荷重の範囲を超えるまで

40代ママ
子どもが成長し、二段ベッドの耐荷重の上限が近づいてきたときにそれぞれ別のベッドに移行しました。親子用の二段ベッドはリサイクルに出し、今は1人1台のシングルベッドを使っています。

親子の二段ベッドをいつまで使えるか考えたとき、ベッドの耐荷重を意識することも大切かもしれません。耐荷重はメーカーや商品によってさまざまなようなので、ベッドを使う人の体重と寝具の重さを足して余裕がある範囲で使用できるとよいですね。

生活スタイルにあわせて二段ベッドを選ぼう

二段ベッド
iStock.com/undefined undefined

親子用の二段ベッドを必要と感じるかどうかは、家族構成や部屋の広さなど家庭によってさまざまなようです。親子用の二段ベッドの選び方として、大きさや丈夫さを意識したというママもいました。

親子用の二段ベッドをいつまで使うかは、子どもがひとりで寝るようなった時期までなどさまざまなようです。使いやすいレイアウトになるように工夫しながら、親子で使いやすい二段ベッドを用意できるとよいですね。

2019年06月15日

インテリアの関連記事

カテゴリ一覧