女の子の子ども部屋をつくるとき。インテリアの選び方やレイアウト

女の子の子ども部屋をつくるとき。インテリアの選び方やレイアウト

女の子の子ども部屋をかわいくつくろう

小学生などに子ども部屋を用意しようと考えるママのなかには、女の子に海外のようなかわいい子ども部屋にしたいと考え、家具や収納などインテリアについて気になるママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、子ども部屋を用意するときに考えること、レイアウト例とコーディネートアイデアについてご紹介します。

女の子の子ども部屋のインテリアを考えるとき

女の子に子ども部屋を用意しようと考えたとき、インテリアやレイアウトについて気になることを聞いてみました。

30代ママ
「子どもが小学生になり、子ども部屋を用意しようと思っています。子ども部屋を用意するときはどのようなことを考えたらよいのでしょうか」
40代ママ
「子ども部屋は、娘2人で使ってもらうようになります。2人で使う場合、どのようなレイアウトができるのか知りたいです」
30代パパ
「子どもが気に入ってくれる子ども部屋にしたいと思っているのですが、女の子には、どのようなインテリアを選んだらよいかわかりません。女の子の部屋のインテリアを選ぶときのポイントを聞きたいです」

子ども部屋を用意するときに考えることや子ども部屋のレイアウト、インテリアの選び方について気になるようです。実際に、女の子の子ども部屋をどのように用意しているのか聞いてみました。

子ども部屋を用意するときに考えること

女の子の子供部屋の収納
iStock.com/KatarzynaBialasiewicz

子ども部屋を用意するときは、どのようなことを意識したらよいのか気になるママもいるようです。子ども部屋を用意するときに考えたことをママたちに聞いてみました。

子ども自身の使いやすさを考える

30代ママ
「子どもが自分で洋服をしまえるように、子どもの手が届く高さのチェストを用意しました。自分でどこに何を入れるかを決めてしまうようにしています」

子ども自身の使いやすさを考えた家具を用意したママもいるようです。ママのなかには、ランドセルを毎回定位置に片づけることができるように、簡単にかけられるツリースタンドを用意したという声もありました。

安全性に配慮する

20代ママ
「収納棚を設置したとき倒れないように専用器具を使い壁に固定しました。子ども部屋作りでは万が一地震などがあったときのために備えるようにしています」

家具を固定するなどして安心してすごせるような工夫をすることもひとつのポイントかもしれません。ママのなかには、子どもが走り回ったときなどに家具の角にぶつかったときのことを考えて、角が丸いタイプを選んだという声もありました。

将来のことを見据える

30代ママ
「成長とともに物が増えるので大きめの収納家具を選びました。今は子どもが届く下の段の引き出しを使っています」

だんだん荷物が増えることを考え、大きめサイズの家具を選んだママがいるようです。他にも、飽きないようなシンプルなデザインの家具を選んだという声もありました。

【使い方別】女の子の子ども部屋のレイアウト例

女の子の子ども部屋のレイアウトが気になるママもいるのではないでしょうか。子ども部屋の使い方に応じたレイアウト例をご紹介します。

リビングですごす時間が多い子ども部屋レイアウト

40代ママ
「勉強したり遊んだりするスペースはリビングに作っているので、子ども部屋には窓辺にベッドと洋服用のチェストを置いています。照明も暗めのタイプを使いリラックスできるようにしました」

ベッドとチェストだけを置きゆっくりと休めるようゆとりをもったレイアウトにしているママもいるようです。ママのなかには、子どもにリビングですごしてもらうために、あえて子ども部屋はベッドのみ置くようにしたという声もありました。

遊び部屋として使いたいときのレイアウト

椅子に座っている女の子とテーブル
iStock.com/triocean
20代ママ
「子ども部屋で遊ぶようにしているので、おもちゃ用の収納棚とおままごと用のテーブルと椅子を置いています。おもちゃの収納は子どもが自分で片づけができるように、背の低いタイプを使っています」(20代ママ)

子ども部屋をプレイスペース中心に考えてレイアウトするときは、使いやすいおもちゃの収納スペースを作ることが鍵になりそうです。ママのなかには、絵本は表紙が見えるように壁面に見せる収納を設置したという声もありました。

姉妹で使う子ども部屋レイアウト

30代ママ
「部屋の北側の壁に2段ベッドを置き、反対側の壁におそろいの机を2台並べたレイアウトにしています。机を並べていることで、勉強を教えたりいっしょに絵を描いたりして楽しそうにすごしています」(30代ママ)

姉妹いっしょの部屋を使うときは、2人が仲よくすごせるようなレイアウトを工夫するとよいかもしれません。ママのなかには、2段ベッドを部屋の中心に置き、両サイドに机を置くというレイアウトで1人1人の空間を作ったという声もありました。

女の子の子ども部屋コーディネートアイデア

子ども部屋を海外ドラマなどに出てくるようなかわいい部屋にコーディネートしたいと考えるママもいるようです。女の子の子ども部屋のコーディネートアイデアを聞いてみました。

色を統一する

40代ママ
「白い壁の部屋だったのでインテリアは子どもの好きなピンクを選びかわいらしい感じの部屋にしました。統一感を出すことで落ち着いた雰囲気になるのではないかと考えました」

子どもの好きな色でインテリアを統一したママがいるようです。ママのなかには、色だけでなくテーマを決めて子ども部屋のインテリアコーディネートをしたという声もありました。

子どもが気に入ったインテリアを選ぶ

20代ママ
「海外アニメに出てくる天蓋つきのベッドが欲しいと言っていたので、小学生になり子ども部屋を作るとき天蓋つきベッドを用意しました。今まで1人で寝ることを嫌がっていた娘が嬉しそうに1人で寝るようになりました」

子どもが居心地よくすごせるように、子ども自身が気に入ったインテリアを選ぶという声がありました。カーテンや布団カバーなど、簡単に取り替えやすいものはそのときどきの子どもの好みにあわせて用意してみるのもよいかもしれませんね。

飾りにこだわる

30代ママ
「白いシンプルな影だったので、壁にウォールステッカーを貼ってデコレーションしました。ウォールステッカーは簡単に剥がすことができるので、子どもの興味や成長にあわせて変えることができます」

シンプルな部屋でも、ウォールステッカーなどをテーマにあわせて上手に使えばすてきなコーディネートができそうです。他にもガーランドやイルミネーションを飾っているというママもいました。

インテリアやレイアウトを工夫して子ども部屋を作ろう

女の子を抱くママ
iStock.com/maroke

小学生など子どもに部屋を用意するときは、子どもの使いやすさなどを考えて用意するとよいようです。子ども部屋の使い方にあわせて、収納などの家具のレイアウトを考えたとうママの声もありました。

女の子の部屋のコーディネートは、子どもの気に入ったインテリアや飾りなどを選び海外のようなかわいい子ども部屋ができるとよいですね。

2019年05月27日

インテリアの関連記事

カテゴリ一覧