ミニサイズのベビー布団について。使う時期や選ぶときのポイント

ミニサイズのベビー布団について。使う時期や選ぶときのポイント

ママたちに聞いた使い終わった後の活用法

ミニベッド用などにミニサイズのベビー布団を用意するとき、何歳まで使えるのかや洗い替えのカバーは必要かなどが気になるママもいるかもしれません。今回は、ミニサイズのベビー布団をいつまで使ったかや洗えるものを探すなど選ぶポイント、座布団を手作りするなど使用後の活用法について体験談を交えてお伝えします。

ミニサイズのベビー布団について気になること

これから出産を控えている方は、赤ちゃんを迎えるための準備としてミニサイズのベビー布団を用意したいと考えることもあるのではないでしょうか。ミニサイズのベビー布団は標準サイズに比べ一回りコンパクトなことから、比較的置き場所を取らず持ち運びもしやすいようです。

ママたちに、ミニサイズのベビー布団について気になることを聞いてみました。

「ミニサイズのベビー布団は、何歳まで使えるのか気になります。標準サイズとミニサイズのどっちを購入するか決める参考にしたいので、いつまで使えるのかおおよその時期がわかれば知りたいです」(20代ママ)

「うちはミニサイズのベビーベッドを用意したので、ミニベッド用の布団を購入しようと考えています。ミニサイズのベビー布団は、どのようなことをポイントに選べばよいのか気になります」(30代ママ)

ママたちからは標準サイズとミニサイズのどっちを購入するか迷っているため何歳まで使えるのか知りたいという声や、ミニベッド用などに使う場合など、ミニサイズのベビー布団を選ぶときのポイントが知りたいといった声が聞かれました。

そこで、今回はミニサイズのベビー布団についてママたちの体験談を集めてみました。

ミニサイズのベビー布団はいつまで使っていた?

布団
iStock.com/Xiao Jiang

ミニサイズのベビー布団は何歳まで使えるのでしょう。実際に、ミニサイズのベビー布団をいつまで使っていたのかママたちに聞いてみました。

寝返りするまで

「ミニサイズのベビー布団は、新生児の頃から寝返りするようになるまで使っていました。寝返りが上手になってきた頃、布団からはみ出してしまうことが多くなったので、娘が風邪をひかないよう大人といっしょに添い寝するようになりました」(30代ママ)

ミニサイズのベビー布団を、寝返りができるようになるまで使っていたママがいるようです。ママのなかには、赤ちゃんが万が一布団からはみ出してしまったときのために、念のためミニベビー布団の周りに毛布や薄めの掛け布団を敷いておいたという声もありました。

1歳頃まで

「我が家は、ミニサイズのベビー布団を1歳頃まで使っていました。1歳をすぎるとミニサイズの布団が窮屈そうに見えるようになったので、買い替えを検討しました」(20代ママ)

ミニサイズのベビー布団を1歳頃まで使っていたママもいるようです。赤ちゃんの寝返りが多くなったり、見た目に窮屈そうになったら替え時かもしれませんね。

ミニサイズのベビー布団を選ぶときのポイント

ミニサイズのベビー布団をはどのように選べばよいのでしょう。ママたちに、選ぶポイントを聞いてみました。

素材

「赤ちゃんが快適に眠れるようベビー布団やカバーの素材を意識して選びました。オーガニックコットンのカバーは肌触りもよく、娘も気持ちよさそうに眠っています」(20代ママ)

「赤ちゃんは、新陳代謝がよく汗をよくかくと友人から聞きました。ダブルガーゼ素材のカバーは、洗えば洗うほど肌に馴染んで汗も吸ってくれるように感じました」(30代ママ)

ミニサイズのベビー布団を選ぶとき、素材を意識したママがいるようです。ママのなかには、抗菌・防臭加工が施された布団カバーを選んだという声もありました。

セット内容

「私は、まずベビー布団のセット内容を確認しました。母乳の吐き戻しやお漏らしなど、汚れたときに洗い替えがあると便利かと思ったので、布団カバーやフィットシーツが2枚ずつ入っているベビー布団セットを購入しました」(30代ママ)

ベビー布団を購入するとき、洗い替え用のカバーも入っているかなどセット内容を意識して選ぶこともポイントかもしれません。ベビー布団のなかには、汗取りパットや防水シーツなどがセット内容に含まれているものもあるようなので、用途やママの使いやすさにあわせて選ぶとよさそうです。

洗濯機で洗えるか

洗濯機
iStock.com/mediagfx

「うちは、掛け布団や敷き布団が全て洗濯機で洗えるベビー布団を選びました。汗やミルクで汚れたときに手軽に洗えるので、気持ちよく清潔に使えています」(30代ママ)

洗濯機で洗えるタイプのベビー布団を選んだママもいるようです。ミニサイズのベビー布団のなかには、掛け布団だけでなく敷き布団などセットアイテムが全て洗えるものも販売されているようなので、選ぶ際に洗濯機で洗えるかどうかを事前に確認しておくとよいかもしれませんね。

使い終わった後の活用法

役目を終えた後のベビー布団を活用する方法はあるのでしょうか。ママたちに、使い終わったベビー布団の活用法を聞いてみました。

リメイクする

「私はベビー布団をクッションにリメイクしてみました。好きな幅に切ったベビー布団を2枚ほど重ね、お気に入りの布で手作りしたカバーをかけるとクッションの完成です」(30代ママ)

ミニサイズのベビー布団を、クッションにリメイクしているママがいるようです。他にも、敷き布団に手作りのカバーをかけて長座布団にしたという声も聞かれました。

人に譲る

「娘が使っていたベビー布団は、使い終わってもとてもきれいな状態でした。ちょうど私の妹が出産準備に入りミニサイズのベビー布団を探していたので、状態を確認して貰い譲ることになりました」(20代ママ)

使い終わったベビー布団を、欲しい人に譲ったママもいるようです。ママのなかには、洗い替え用のベビー布団を欲しい人が周りにいたため、セットアイテムのなかからきれいな状態のもののみ譲ったという声も聞かれました。

赤ちゃんにあうミニサイズのベビー布団を選ぼう

赤ちゃんをあやすママ
iStock.com/monzenmachi

ミニサイズやミニベッド用のベビー布団は、何歳まで使えるのかはさまざまなようですが、寝返りが多くなるまで使ったママもいいるようです。ミニサイズのベビー布団を選ぶときは、洗い替え用のカバーつきのものや、洗濯機で洗えるものにしたというママの声もありました。使い終わった後は、手作りのカバーをかけてリメイクしてみるのもよいかもしれません。

いつまで使うかも考えながら、赤ちゃんにあうミニサイスのベビー布団を用意できるとよいですね。

2019年04月26日

インテリアの関連記事

カテゴリ一覧