3人家族の冷蔵庫の選び方。冷蔵庫を使うときにママたちが工夫したこと

3人家族の冷蔵庫の選び方。冷蔵庫を使うときにママたちが工夫したこと

使い方を見直して時短や節電をしよう

3人家族用の冷蔵庫を用意したいときに、サイズや扉の種類などはどのように選ぶとよいのか知りたいママやパパは多いかもしれません。家族の人数に合った冷蔵庫の使い方が気になることもあるでしょう。今回は、3人家族用の冷蔵庫の選び方や、使うときに工夫したことについてママたちの体験談をご紹介します。

3人家族用の冷蔵庫とは

夫婦2人暮らしから、赤ちゃんが生まれ家族の人数が3人になったときに、冷蔵庫の使い方を見直したり、買い換えを検討するママやパパもいるかもしれません。
 
冷蔵庫が使いやすいと、料理がはかどったり、余分な食品を買ってしまうことも減りそうですよね。
 
3人家族のママたちは、冷蔵庫を選ぶときにどのような点に気をつけたのでしょうか。また、使うときはどのような工夫をしているのでしょうか。

3人家族用の冷蔵庫の選び方

冷蔵庫
Sashkin/Shutterstock.com
冷蔵庫の選び方について3人家族のママたちに聞いてみました。

設置する場所や搬入経路のサイズを測る

30代ママ
使いたい冷蔵庫が、キッチンまで続くドアを通れるかや、元々ある冷蔵庫用のスペースに置けるか確認するために、事前にメジャーでサイズを測りました。
せっかく大きい冷蔵庫を用意しても、「家に入らなかった」「キッチンに置けなかった」ということがないように気をつけたいですね。

使いやすい扉のタイプを考える

30代ママ
冷蔵庫を置けるスペースが間取り上1箇所しかなく、左側が壁なので、扉は右開きのものにしました。
冷蔵庫の扉の種類は、右開きや左開き、両開きや観音開きなどがあるようです。
 
両開きの冷蔵庫は、購入後に引っ越しをして間取りが変わったときでも使いやすそうですね。

使いたい容量を考える

30代ママ
離乳食中期頃から、離乳食のストックをたくさん作るようになり、全体的に容量が足りなくなってきたので、今までよりひと回り大きい400リットル程の冷蔵庫に変えました。
離乳食の時期から、今までの冷蔵庫の容量では足りなく感じたという声がありました。
 
将来2人目の子どもが生まれるなどして家族の人数が増えたときのことも考えると、冷蔵庫の容量はできるだけ大きい方が安心感があるかもしれません。
 
600リットルの冷蔵庫は、4人家族になっても、1週間分の食料を保管しやすいというママの声もありました。

使いたい性能を考える

30代ママ
肉や魚類を冷凍したり、お弁当用の冷凍食品を買うことが多いので、冷凍庫が大きめで使いやすいものを選びました。
野菜をよく使う場合は、野菜室の性能がよく容量が大きい冷蔵庫を選ぶママもいるようです。

3人家族で冷蔵庫を使うときに工夫したこと

冷蔵庫
Anna Om/Shutterstock.com
冷蔵庫を使うときに工夫したことについて3人家族のママたちに聞いてみました。

よく使うものや残り物を手前に置く

30代ママ
何か入れておくと忘れがちな引き出し部分には、加工食品など保存のきくものを入れ、頻繁に使うものは目につきやすい手前に置いてあります。
30代ママ
あまった料理は、食べ忘れないように1番目立つところに置くようにします。
30代ママ
子どもがぐずったときや外出するときにすぐ出せるように、子ども用の飲み物やデザートはわかりやすいところに置いています。
処分する食品を出さないために、もうすぐ賞味期限が切れそうなものを手前に出すなど、冷蔵庫内での置く順番を工夫することは大切かもしれません。

冷蔵庫の扉を活用する

30代ママ
保育園のひと月の献立表や、ゴミ出しカレンダー、買い物メモ、タイマーを冷蔵庫の扉につけています。
30代ママ
冷蔵庫の扉に、袋の口を閉じたり、保存した日づけを書くときに使える、マグネットつきテープとペンを貼っています。
冷蔵庫の扉のほとんどはマグネットをくっつけることができ、大人の目線に合った高さにあるので、いろいろなものを貼りたくなりますよね。
 
やる気が出るので子どもの写真を冷蔵庫の扉に貼っているというママの声もありました。

整理グッズを使ったりトレイを外す

30代ママ
冷蔵庫の中を整理するために、100均で購入したワイヤーの仕切り棚を置いています。冷凍庫は、保冷剤と冷凍食品を紙袋で分けています。
30代ママ
肉類を冷凍するときは、場所をとらないようにトレイを取ってからラップをして冷凍しています。
冷蔵庫の空間を1段から2段にできる仕切り棚は、デッドスペースを減らすことができそうですね。

節電対策をする

30代ママ
節電になると聞いたことがあるので、冷蔵庫はものを詰め込みすぎないようにして、逆に冷凍庫は詰め込むようにしています。
30代ママ
冷蔵庫の温度を上げてしまわないように、熱いものは冷ましてから入れています。
冷蔵庫か冷凍庫かによって、食材のしまい方を変えるという声がありました。
 
冷凍庫は、入れているもの自体が保冷剤代わりになるので、ものが詰め込まれている方が冷気が保たれやすいようです。

3人家族に合った冷蔵庫を使い快適にすごそう

3人家族
Rawpixel.com/Shutterstock.com
今回は、体験談をまじえながら、3人家族用の冷蔵庫の選び方や、使うときに工夫したことをご紹介しました。
 
冷蔵庫には、いろいろな種類のサイズや扉、容量、機能があるようです。購入する際は、家族のライフスタイルに合わせたり、将来を見据えて、長く使えそうなものを選ぶことが大切でしょう。
 
また、元々ある冷蔵庫も使い方を見直すことで、時短や節電ができるかもしれません。
 
3人家族に合った冷蔵庫を使い、快適にすごせるとよいですね。

2019年12月30日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

家事の関連記事

カテゴリ一覧