【保育園で子どもたちが体験!】 一緒に遊べる!好奇心くすぐる!Clova Friendsの活用法

【保育園で子どもたちが体験!】 一緒に遊べる!好奇心くすぐる!Clova Friendsの活用法

LINEのスマートスピーカー「Clova Friends」。実は、子どもの遊びや育ちにおけるさまざまな場面で活躍してくれることをご存知でしょうか?今回は、グリーンホーム東玉川保育園の子どもたちに「Clova Friends」を実際に試してもらった様子をレポート。保育園の現場でどう活用できるのか、園児たちの反応や保育現場のプロの意見もあわせてお伝えします。

LINE株式会社

子育てをサポートするClova Friendsが保育園へ!

前回は、実際に子育てをしているママたちに集まってもらい、Clova Friendsの使い方や便利さを語ってもらいました。

今回Clova Friendsを体験してくれたのは、グリーンホーム東玉川保育園 4歳児クラスの園児たちと担任のかおり先生。
Clova Friends
保育園の先生と子どもたち
子どもたちがClova Friendsで遊んだり学んだりする様子と合わせて、保育士さんや園長先生のお話をお伝えします。

キュートなClova Friendsに、園児たちからは大きな歓声!

Clova Friends
偶然にも、教室にはClova Friendsにそっくりな工作が!
かおり先生
今日は新しいお友だちを連れてきたよ。どこにあるかわかるかな…?
子どもたち
あれ!
子どもたち
そこ!きりんのところ!
子どもたち
あった!くまさん!
子どもたち
見つけた!と指をさす子どもたち

4歳児クラスの教室に自然に馴染んでいたClova Friendsですが、すぐに園児たちが見つけてくれました。

好奇心いっぱいの4歳児たち
かおり先生
この子ね、名前があるの。Clovaっていいます。みんなとお話したりできるんだって。
子どもたち
どういうことー!?ロボットみたい!
かおり先生
なんて呼んだらお話してくれると思う?
子どもたち
あいさつしたらいいんじゃない?
子どもたち
おはよう、こんにちは。
子どもたち
いっしょにとなりで寝よ!
子どもたち
いっしょに遊ぼ!

新しいお友だちができてうれしそうな園児たち。期待が高まり、目が輝きます。そんな子どもたちの様子にかおり先生もニコニコ顔です。

かおり先生
まず先生が試してみるね。「ねぇClova!」
Clova Friends
(ポンッ)※音が鳴る
子どもたち
ポンッて鳴った!
かおり先生
「ねぇClova!」って呼ぶと、何なに?って聞いてくれるの。ちょっと聞いてみるね。

「ねぇClova!好きな食べ物は?」
Clova Friends
カレーでしょうか。
子どもたち
……!ちゃんと答えた!
保育園の子どもたち

わー!と子どもたちから歓声が上がりました。これから起こることにわくわくしているのが伝わってきます。

呼びかけに反応してくれるから、子どもたちも夢中!

「次はみんなで試してみようか」というかおり先生の言葉に、待ってました!と言わんばかりの表情で前のめりになる子どもたち。

かおり先生
Clovaたち、みんなと比べてどう?体がちっちゃいでしょ。ちょっぴり怖がりやさんなんだって。だから、ひとりずつ優しくお話してほしいと思います。お話してみたい人―?
子どもたち
「はーい!」と勢いよく手があがります
子どもたち
「ねぇClova!好きな乗り物はなんですか?」
Clova Friends
新幹線に乗りながら食べる駅弁は最高ですよね。

「新幹線で駅弁…?」と、思わず顔を見合わせる子どもたち。Clovaが乗り物の名前だけでなく、ちゃんと文章で答えたので、子どもたちは一生懸命「新幹線での駅弁」を想像している様子でした。Clovaは会話が得意なので、子どもの想像力も育んでくれそうですね!

Clova Friendsの機能を使って、いつもの遊びをバージョンアップ

Clova Friendsの音楽でLet's dancing!

子どもたちはClovaへの質問に夢中になっています。「ねぇClova!ふね、好き?」「ねぇClova!うた、好き?」

かおり先生
 Clova、うた好きなんだってさ。何かうたってほしい歌とかある?

子どもたちからは、いろいろな歌のタイトルが出てきました。その中で、みんなでひとつの曲に意見をまとめて…

子どもたち
「ねぇClova、〇〇(※曲名)歌って!」

今、子どもたちの間で人気だという曲をリクエスト。

するとClovaから音楽が流れてきました!

子どもたち
思わず踊りだす子どもたち

ご家庭での室内遊びも、こうしてClovaが盛り上げてくれそうですね。雨の日で外出できない日も、音楽に合わせて歌って踊って楽しくすごせるのではないでしょうか。

子どもに人気の曲もたくさん!スマートフォンを使わずに音楽を聴くことができるLINE Clova

Clova Friendsと地球儀を組み合わせて、楽しく学ぶ

次に、かおり先生が出したのは地球儀。Clova Friendsと一緒に並べます。「みんなが知ってる国をおしえて!」と声をかけると、「アメリカ!フランス!ロシア!」と、子どもたちからいくつか国の名前が出てきました。

保育園の子どもたち
かおり先生
じゃあ、Clovaに世界の天気を聞いてみようか。「ねぇClova!世界の天気をひらいて」
Clova Friends
どこの天気が知りたいですか?
子どもたち
アメリカ!
Clova Friends
現在のアメリカサンフランシスコの天気は〇〇気温は14度です。
かおり先生
14度だって。寒いね。
子どもたち
子どもたち
ロシアの天気!
Clova Friends
ロシアモスクワの天気は薄曇り、気温は27度です。
子どもたち
フランスの天気は?

地球儀を使って「ロシアはここだよね」「フランスはここ」と説明するかおり先生。子どもたちも地球儀を指差しながら、一緒に場所を確認します。世界の天気をきっかけに、子どもたちは世界の国々に興味津々。

Clova Friendsとの会話を通して、子どもの好奇心を育むことができるのも、うれしい機能ですね。

世界中の天気と気温を教えてくれる!「SEKAI NO TENKI」LINE Clova

リアルな動物の鳴き声で、子どもの想像力と知識を広げる

かおり先生
次はもうひとつ、ゲームをしてみようか。「ねぇClova、動物鳴き声クイズを開いて」
子どもたち
クイズにわくわくする子どもたち
Clova Friends
この鳴き声はなんの動物でしょう!(ホーホー)
子どもたち
ハト!
Clova Friends
(ブブー)答えはふくろうです。
Clova Friends
この鳴き声はなんの動物でしょう!(アオッアオッ)
子どもたち
いぬ!
Clova Friends
(ブブー)残念違います。答えはアシカです。
子どもたち
クラス全体でクイズに盛り上がりました
子どもたち
動物なのかな?アシカって。動物園にいないよね。水族館にいるよね。でもさ…

と、子どもたち同士での相談が始まりました。Clova Friendsのリアルな動物の鳴き声クイズで、子どもたちの想像力や知識がどんどん広がっていくようでした。

何問正解できるかチャレンジ!LINE Clovaの動物鳴き声クイズ

Clova Friendsで、子育てや保育現場はどう変わる?

最後に、かおり先生と園長先生に話を聞きました。保育現場やご家庭での子育てに、Clova Friendsをどう活用することができるのでしょうか。

かおり先生
元気いっぱいの4歳児クラス担当、かおり先生
かおり先生
Clovaは、子どもから目を離さず操作できるのがいいですね。ほんの数秒目を離した瞬間に事故やケガが起こることもあるので、より子どもに集中できるのは助かります。
   
今日、園児たちがすぐにClovaに馴染んでいる姿を見てびっくりしました。知的好奇心が高まる年齢なので、天気とか気になったことをぱっと聞けるのは4,5歳にはいいと思います!

Clovaをご家庭で使うときには、何か興味をもつきっかけ、入り口として使えそうですよね。

たとえば「SEKAI NO TENKI」なら、Clovaをきっかけに世界の国に興味を持ったり、土地によって天気や気温が違うことを知って、そこから自分で調べることにつながるのが理想的です!

Clovaをきっかけに、親子の会話やコミュニケーションが広がりそうですね。

保育に深みと広がりが期待できるClova Friends

土岐先生
園長の土岐先生
土岐先生
今回、Clova Friendsを導入してみて、園児たちのわくわく感が伝わってきました!この数十分でこれだけ理解を深めていたから、日常にあったらもっと使えるようになるでしょうね。

「楽だから」ではなく、さらに保育に深みが出たり広がるために活用するなら、取り入れる価値はおおいにあると思います。
   
先日、園児が泣き止まなくて事務所に抱っこで連れてきた時、園児が好きな歌をClovaにかけてもらったら、けろっと泣き止んだことがありました。
   
瞬発的にすぐ使える、手軽さがいいですね。子育てにプラスになることもいっぱいあると思います!

また、Clova FriendsでLINEメッセージが送れる機能について、

土岐先生
将来的には、連絡ノートの内容を言葉で言って文字に起こしてくれたり、熱を測って「〇〇ちゃん何度」と言ってLINEを送ってくれたりしたら、保育現場の事務的な作業の効率化がはかれそう。

と話してくれた土岐先生。Clova Friendsのアップデートや将来性に期待を抱いている様子でした。今後、子どもの遊びや学び以外にも、保育におけるさまざまな場面で活躍してくれそうですね。

「ねぇ、Clova!おもしろかったよ!」

そろそろClova Friendsとお別れの時間になってしまった子どもたち。

Clovaで遊ぶ子ども
名残惜しそうな子どもたち
かおり先生
今日はClovaとお話してみてどうだった?
子どもたち
いっしょにお話するのが楽しかった!
子どもたち
クイズが楽しかった!
子どもたち
もっとやりたい!
かおり先生
みんなお話上手でびっくりしちゃった!先生が連れてきたお友だちにやさしくしてくれてありがとう。またみんなでお話したりしようね。
子どもたち
次はちがうお歌とか、ちがう質問とかしたい!
かおり先生
そうだね!じゃあなんの質問しようか考えておこう。
子どもたち
ぼくも考えとく!わたしも考えとく!
子どもたち
ねぇClova、クイズおもしろかったよ!
Clova Friends
ありがとうございます。うれしいです。
Clovaと遊ぶ子どもたち
最後まで子どもたちに大人気のClova Friendsでした

今回の保育園取材を通して、Clova Friendsを導入することによって、子どもたちと向き合う時間を増やせたり、より子育てや保育を充実させる可能性も秘めていると感じました。また、Clova Friendsを遊びに取り入れることによって、子どもの興味を引き出すきっかけとして活用できることがわかりました。

子どもの気づきや学びにつながるClova Friends、ぜひご家庭に1台、いかがでしょうか。

子どもたち×Clova Friendsで子育て時間を豊かに!LINE Clova
取材協力:社会福祉法人ちとせ交友会「グリーンホーム東玉川保育園」

2019年07月19日

ファッションの関連記事

カテゴリ一覧