親子ペアのキャップについて。選び方や服とのあわせ方

親子ペアのキャップについて。選び方や服とのあわせ方

お揃いのキャップコーディネートでお出かけしよう

親子でペアのキャップを用意したいと考えたとき、デザインや色など選び方や服とのコーディネートについて知りたいママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、キャップを親子ペアで揃えたいときのポイントやコーディネートの仕方、お揃いの帽子を用意するときに意識したことについて、体験談を交えてご紹介します。

親子ペアのキャップをかぶりたいとき

親子でお揃いのコーディネートを楽しめるようなペアのキャップを用意したいと考える方もいるのではないでしょうか。親子でお揃いのキャップを用意するとき、気になったことを聞いてみました。

20代ママ
家族でキャップを取り入れたペアルックを楽しみたいのですが、さり気ないコーディネートの仕方を知りたいです。
30代ママ
パパがシンプルな服装が好きなので、お揃いのキャップはどのようなデザインを選べばよいか知りたいです。
お揃いキャップの選び方や服とのあわせ方について知りたいというママの声がありました。実際に親子でキャップや帽子のペアルックをしたことのあるママたちは、どのようなことをポイントに親子お揃いのキャップを選び、コーディネートしているのでしょうか。

親子でキャップをペアにするときのポイント

帽子を被って公園で遊ぶ親子
Purino/Shutterstock.com

親子ペアのキャップを用意するときのポイントについて、ママやパパたちに聞いてみました。

ペアのデザイン

30代ママ
ワンポイントでお揃いのアルファベットが刺繍してある帽子を持っています。パパはネイビー、私はグレー、息子用は汚れが目立ちにくいカーキのキャップを選びました。
30代パパ
息子とお揃いのデザインのワークキャップを選びました。僕のものはオールデニム素材ですが、息子用はおでこにあたる部分がパイル地のものを選びました。
子どもとお揃いのキャップを選ぶとき、帽子の形やワンポイント刺繍などを統一したという方がいました。他にもブランドロゴが入ったデザインや、チェックや千鳥格子など帽子の柄を揃えた方もいるようです。

色をあわせる

20代ママ
私がシンプルコーデが好きなので、息子とのペアキャップを選ぶときはモノトーン系の色を意識しました。グレーとホワイトの2種類のキャップを持っているのですが、性別を問わずコーディネートしやすく、カジュアルにもガーリーな服装にも相性がよいと感じます。
30代ママ
お揃いのキャップコーデをするときは、色をあわせています。私がベージュのマリンキャップを愛用しているので、娘用には同系色のキャップにポンポンがついたものを選びました。
ママの服装とも相性のよい色や、同系色で子ども用のデザインを選んだママがいました。帽子の素材が異なっても、色をあわせるだけで親子の服装がリンクしたキャップコーディネートが楽しめそうですね。

親子ペアキャップのコーディネート

店頭に並ぶキャップ
Avi Drori/Shutterstock.com

お揃いのキャップと服を、どのようにコーディネートしたらよいか気になる方もいるのではないでしょうか。コーディネート別に、親子ペアキャップの取り入れ方をご紹介します。

ワンポイント

30代ママ
パパが全身ペアコーディネートを恥ずかしがるので、帽子だけワンポイントでお揃いにしています。着ているアイテムが違ってもキャップがワンポイントになって親子ペア感を出せます。
キャップだけワンポイントでお揃いを楽しむママがいました。洋服に家族それぞれの好みがある方にとっては、帽子だけペアのワンポイントコーディネートは取り入れやすいかもしれませんね。

全身お揃い

20代ママ
休日のお出かけは家族で全身お揃いコーディネートを楽しんでいます。キャップがお揃いなので、全体的にくどくならないようにトップスとボトムスは柄の入っていない服をあわせています。
キャップを取り入れた全身お揃いコーディネートでは、シンプルな服をあわせることがポイントのようです。無地のTシャツやデニムなどは全身お揃いコーディネートとして取り入れやすいかもしれません。

リンクコーデ

20代ママ
私は帽子と服がお揃いの親子リンクコーデが好きです。娘と同じベージュのジョッキーキャップに同系色のスカートをあわせてリンクコーデを楽しんでいます。
20代パパ
キャップとスニーカーを息子とペアにしています。ネイビーのキャップに、グレーのパーカーと白のスニーカーというコーディネートをよくします。
帽子を取り入れたリンクコーデを楽しんでいるママがいました。さり気ない親子ペアルックを楽しみたい方は、キャップ以外のスタイルングを工夫して、靴やリュックなどの小物をお揃いにしてみてもよいかもしれませんね。

親子ペアのキャップを選ぶときに意識たこと

親子でお揃いのキャップを選ぶとき意識したことを聞いてみました。

サイズ

30代ママ
キャップを選ぶときは、子どもの頭囲にあったサイズを選ぶようにしています。サイズアウトも考え、サイズ調節が可能なアジャスターがついているかも確認してから購入しています。
親子ペアのキャップを用意するときは、子どもの頭にあわせられる帽子を選ぶとよさそうです。帽子を脱いだときに髪やおでこに跡がつく場合は、サイズがあっていないかもしれないので、買い替えのタイミングを考えるとよいかもしれません。

使いやすさ

30代ママ
夏用のキャップは汗で汚れやすいので、お手入れしやすい素材を選んでいます。洗濯機で洗うことができて型崩れしにくい素材は、思い切り遊んでも毎日洗えるので清潔に保てます。
キャップの使いやすさをポイントに選んだママがいました。他にも帽子が脱げにくいあご紐つきのものや、着脱できるネックガードのついた帽子を選んだママもいるようです。

親子ペアのキャップでお出かけしよう

ペアの帽子を被った親子
Purino/Shutterstock.com
親子でペアのキャップを選ぶとき、デザインや色をポイントにしている方がいました。キャップを取り入れたコーディネートには、帽子だけお揃いのワンポイントコーディネートのほか、服や靴も親子で揃えたリンクコーデなどもあるようです。

子どものキャップを選ぶときは、デザイン以外にもサイズや使いやすさを意識できるとよいかもしれません。親子ペアの帽子をコーディネートに取り入れて、子どもとのお出かけがさらに楽しくなるとよいですね。

2020年02月14日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ファッションの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ