マタニティ用のセットアップウェア。シーンや季節にあわせた選び方

マタニティ用のセットアップウェア。シーンや季節にあわせた選び方

ワンピースやパンツ、ルームウェアなど

マタニティ用のセットアップウェアにはさまざまなデザインや、スウェットなどの素材があるようです。結婚式にお呼ばれするとフォーマルなセットアップスーツなどが気になる方もいるかもしれません。今回は、ワンピースやパンツなどセットアップの種類やシーン別の選び方、春夏や秋冬の季節にあわせて選ぶポイントを体験談を交えてご紹介します。

マタニティ用のセットアップウェア

妊娠中の方のなかには、マタニティ用のセットアップウェアが気になる方もいるのではないでしょうか。お出かけやお呼ばれしたときなどに着て行く服で迷う場合、上下がコーディネートされているセットアップウェアがあると短時間で洋服を選びやすいと考える方もいるかもしれません。

マタニティ用のセットアップウェアには、どのような種類や特徴があるのでしょうか。

マタニティ用のセットアップの種類

妊娠中、お腹が大きくなっても着られるセットアップの種類を知りたいと考える方もいるのではないでしょうか。ママたちが妊娠中に着ていたマタニティ用のセットアップの種類をご紹介します。

スカート

「妊娠中もおしゃれを楽しみたいと思い、マタニティ用のトップスとスカートのセットアップを着ていました。友だちとランチに行くときに着ることもありました」(20代ママ)

トップスとスカートのセットアップは、女性らしくかわいい印象になるかもしれませんね。細めのプリーツ素材やストライプ柄を選ぶと着痩せして見えたので、妊娠中に体重が増えたときにも重宝したというママの声もありました。

パンツ

「上の子といっしょに外遊びしやすいように、パンツのセットアップを選びました。砂遊びなど公園で遊ぶときはしゃがむことが多かったので、パンツだと動きやすかったです」(30代ママ)

パンツタイプのセットアップを選んだママもいるようです。パンツの形はストレートやサルエル、テーパードなどさまざまなタイプがあるようなので、動きやすさや履き心地で選ぶのもよいかもしれませんね。

ワンピース

ワンピース
PenguinDaddy/shutterstock.com

「マタニティ用のノースリーブワンピースとトップスのセットアップをよく着ていました。トップスを変えるといろいろな組みあわせのコーディネートを楽しめました」(20代ママ)

マタニティ用のセットアップには、ワンピースとトップスの組みあわせもあるようです。マタニティ用はお腹周りにゆとりがあったり伸縮性のある生地で作られていたりするようで、お腹が大きくなっても長期間着られたというママの声もありました。

【シーン別】マタニティ用のセットアップの選び方

マタニティ用のセットアップの選び方は、結婚式や普段のお出かけなどシーンによって変わってくることもあるようです。ママたちに、シーン別のセットアップの選び方を聞いてみました。

フォーマル

「妊娠中に結婚式にお呼ばれしたとき、マタニティ用のフォーマルウェアを探しました。ワンピース部分がレース生地で、袖だけ透け感のあるデザインを選ぶと華やかな印象になりました」(30代ママ)

「上の子の入園式にシンプルなフォーマルワンピースとジャケットのセットアップスーツを用意しました。産後はジャケットだけで使うこともできたので、持っていた洋服とあわせて使っています」(40代ママ)

結婚式や入園式などフォーマルなシーンにあわせて、マタニティ用のセットアップウェアを用意したママもいるようです。フォーマルなセットアップスーツにはトップスとボトムス、ジャケットの3点セットもあるようなので、ママの使いやすいタイプを選べるとよいかもしれません。

普段着

白い服を着た妊婦さん
Chapurin Dmitry/shutterstock.com

「無地でシンプルなデザインのマタニティ用のセットアップを選びました。他の洋服ともコーディネートしやすかったので、妊娠中によく着ていました」(40代ママ)

「妊娠中も流行の洋服を着ておしゃれしたいと思いました。マタニティ用でも流行の色や柄のセットアップを選んで、バリエーションを楽しんでいました」(20代ママ)

着回しを考えてシンプルなデザインを選んだり、流行のデザインを選んでおしゃれを楽しんだりしたママもいるようです。デニム風の生地で作られたセットアップを選ぶと、普段使いしやすかったというママの声もありました。

ルームウェア

「お腹が大きくなると立ったり座ったりするのがしんどいと思うことがありました。肌ざわりとゆったりしたデザインを重視して選んだスウェット素材の部屋着は、着心地がよくリラックスできました」(30代ママ)

伸縮性のあるスウェット素材のルームウェアは、リラックスしたいときに着ると快適にすごせるかもしれませんね。授乳口がついているルームウェアは、産後の授乳にも使いやすかったというママの声もありました。

季節にあわせたセットアップを選ぶときのポイント

春夏や秋冬など、季節によってセットアップの選び方も変わってくるかもしれません。ママたちに、季節にあわせたセットアップを選ぶときのポイントを聞いてみました。

春夏

「春の気候にあわせてベージュやピンクなど、パステルカラーのセットアップを選びました。シフォン素材や裾にレースがついたかわいいデザインを選ぶと、春らしい明るい印象になりました」(20代ママ)

「暑い夏も涼しくすごせるように、通気性のよいドライ素材のセットアップを用意しました。紫外線防止機能もついていたので、夏のおでかけに重宝しました」(40代ママ)

季節にあわせた色や素材を意識してマタニティ用のセットアップウェアを選んだママもいるようです。花粉がつきにくい素材や撥水加工がされているものを選ぶと、春や夏もすごしやすかったというママの声もありました。

秋冬

「カーキやマスタード、ボルドーなど秋らしい色のセットアップを着ました。コーデュロイやスエードなど秋らしい素材を選んで妊娠中もおしゃれを楽しみました」(30代ママ)

「冬はニット素材や裏起毛のセットアップをよく着ていました。ボトムに腹帯がついているセットアップを選ぶと、お腹をすっぽり包んでくれて寒い冬の外出も暖かくすごせました」(20代ママ)

秋や冬にセットアップウェアを選ぶとき、流行色や防寒対策を考えたママもいるようです。他にも、アーガイルやチェックなどの柄を選ぶと、秋や冬らしい雰囲気が出しやすくなるかもしれませんね。

マタニティ用のセットアップはシーンや季節にあわせて

黒のワンピース
Denys Kurbatov/shutterstock.com

マタニティ用のセットアップウェアは、シーンや季節によてさまざまな選び方があるようです。結婚式のお呼ばれなどのフォーマルなシーンではセットアップスーツを選んだり、ルームウェア用にリラックスしやすいスウェット素材のセットアップウェアを選んりしているママもいました。

ワンピースやパンツなどママの好みのデザインを選び、春夏や秋冬など季節にあわせてマタニティ用のセットアップウェアを着てみてはいかがでしょうか。

2018年12月10日

ファッションの関連記事

カテゴリ一覧