妊娠中の美容院はいつまで?臨月のタイミングや行くときに気をつけたいこと

妊娠中の美容院はいつまで?臨月のタイミングや行くときに気をつけたいこと

妊娠中に髪の手入れを考えたときに、いつまで美容院に行けるかや臨月になっても行ってよいのかが気になるママもいるのではないでしょうか。 今回の記事では、美容院を利用した時期と注意点、気をつけたポイントについて実際のママたちの体験談を紹介します。

美容院はいつまでに行った?

美容院に行くことは、赤ちゃん生まれる前にママがやっておきたいことのひとつかもしれません。しかし、妊娠中はお腹が大きくなる以外につわりを感じる場合もあることから、いつ美容院に行ったらよいのか悩むママもいるようです。実際に妊娠中のママたちは、いつまでに美容院に行っていたのか聞いてみました。

妊娠中期

「妊娠初期はしばらく体のだるさを感じていたので、比較的体調が安定してきた妊娠中期に美容院へ行きました。臨月を迎える前にもう一度行きたかったのですが、出産が予定日より早まったのでそのときが妊娠中ラストの美容院でした」(20代ママ)

妊娠中期になると、つわりなどが落ち着いてきて外出がしやすかったという声がありました。妊娠中にさまざまな体調の変化を感じるママもいるようなので、行けるタイミングを見計らって日程を決められるとよさそうです。

臨月近く

「妊娠後期も仕事をしており、なかなか美容院に行くタイミングが作れずにいました。結局臨月になってしまい、ギリギリでなんとか美容院に駆け込むことになりました」(30代ママ)

仕事や出産準備で忙しく、美容院に行かないまま臨月を迎えたママもいるようです。 いつまでに美容院に行くのか、前もって予定を組んでおくことも大切かもしれません。

妊娠中に美容院で気になったこと

美容院の店内
iStock.com/Yagi-Studio

美容院を予約するときや実際に行ったときに、ママたちが気になったにポイントを聞いてみました。

つわりでも大丈夫か

「妊娠初期に、においによるつわりがあったので美容院のにおいに反応してしまわないか気になりました。気持ち悪くなってもすぐにトイレに行けないと思い、つわりが楽になってくる時期まで美容院は利用しませんでした」(20代ママ)

つわりがある時期に美容院に行くと、シャンプーやカラーリング剤のにおいが気になってしまう場合もあるかもしれません。また、眠気やだるさを感じるつわりの場合、長時間の施術は難しいのではないかと感じたという声も聞かれました。

お腹の張りが気になる

「妊娠中期にお腹が張ることがあったので、シャンプーをしてもらう姿勢が難しいのではないかと不安でした。前もって予約をしたのに、前日に体調があまりよくなかったので、結局日にちをずらしてもらうことになりました」(30代ママ)

お腹が大きくなってくると、シャンプーをしてもらう際の仰向けの姿勢がつらいと感じるママもいるようです。 お腹の張りを感じたら無理をせず、美容院の日程を見あわせることも大切になってくるでしょう。

同じ姿勢を続けるのがつらい

「妊娠後期まで仕事をしていたのですが、長時間座っていると腰の痛みを感じることがありました。美容院でカットしてもらっている間はあまり動けないので、同じ姿勢が続いてしまうことが気になりました」 (30代ママ)

妊娠中期から臨月にかけて、お腹が大きくなってきたことで腰痛に悩まされるママもいるかもしれません。同じ姿勢が続くと疲れを感じる場合は、カットやカラーリングの合間にもときどき姿勢を変えることを意識していたというママもいました。

妊娠中に美容院へ行くときのポイント

電話する妊婦
Syda Productions/Shutterstock.com

妊娠中に美容院に行くとき、どのような点に注意しておくとよいのでしょうか。 ママたちの声をもとに、押さえておきたいポイントについてご紹介します。

妊婦であることを伝える

「美容院を予約するときに、妊娠中であることを伝えました。カットしているときも体調を気遣ってくださり、リラックスしてすごすことができました」(30代ママ)

「美容師の方に妊娠中でこまめに美容院に来られないことを伝え、髪が伸びてきてもきれいに見えやすいカラーリングについて相談しました。長持ちするカラーや簡単なスタイリングなど、具体的なアドバイスをもらえてよかったです」(20代ママ)

美容院側も妊娠中であることを知っておくことで、余裕を持って対応しやすくなる場合もあるようです。また、気分が悪くなったときには無理せずに伝え、姿勢を変えたり飲み物を口に含んだりしてリラックスすることも大切になってくるでしょう。

短い時間で終わるメニューを選ぶ

「美容院の予約をする際に、シャンプーなしのヘアカットのみでお願いしました 。臨月でしたが、普段より短い時間で終わったので体の負担なども感じずに済みました」(20代ママ)

「髪を染めていたのですが、臨月が近づきお腹が大きくなっていたときは短時間で終わるリタッチカラーのみにしました。髪に優しいカラー剤を使ってもらったからか、においもあまり気にならなかったです」(30代ママ)

妊娠中に髪のカラーリングをする場合は、髪が伸びた部分のみを染めるリタッチカラーを選んだというママの声もありました。長時間座っているのが気になるようであれば、カットとカラーを別の日で予約するのもよいかもしれません。

手入れが楽な髪型にする

「出産後しばらくは美容院に行けないと思い、ロングヘアをバッサリ切ってボブにしました。ドライヤーにかかる時間も短くなったので、赤ちゃんのお世話が忙しいときにも助かりました」(20代ママ)

「出産前で最後に美容院へ行くときにパーマをかけました。髪を乾かすだけでスタイリングができるので、面倒な手間がいらず楽だと感じました」(30代ママ)

出産後に赤ちゃんのお世話で忙しくなることも考えて、できるだけスタイリングの手間が少ない髪型にするママもいるようです。髪が伸びてきたときのシルエットやヘアアレンジがしやすい長さなど、美容院の方と相談しながら自分が気に入る髪型を見つけられるとよいですね。

美容院に行くときは体調にあわせて

妊婦のママと子ども
iStock.com/monzenmachi

美容院にいつまでに行くかのタイミングは、つわりを感じる時期を避けたり、臨月を迎えてから駆け込んだりとママによってさまざまなようです。なかには、 美容院に行くことでよい気分転換になったという意見もあり、無理のない範囲でおしゃれを楽しむことは適度なリラックスにつながるかもしれません。

短い時間でメニューなど美容院で相談しながら、体の負担が少なくなるよう工夫できるとよいですね。

2018年09月17日

ファッションの関連記事

カテゴリ一覧