子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2016年10月18日

ハロウィンはやっぱり仮装!子どもに着せたいキュートなハロウィン衣装

ハロウィンはやっぱり仮装!子どもに着せたいキュートなハロウィン衣装

海外のお盆とも言えるハロウィン。現在は、子どもたちが仮装してお菓子をもらうイベントとして日本でもすっかり定着しました。1年に一度のイベントだからこそ、子どもにかわいい衣装を着せてハロウィンを楽しみたい!というご家庭も多いはず。そこで今回は、子どもにおすすめのハロウィン衣装、子どもに仮装させるときの注意点をご紹介します。

ハロウィンで仮装する意味って?

ハロウィンという行事を知っている方はたくさんいるかもしれませんが、どうして仮装するのか知っている方はどれほどいるでしょうか?これを機に、ハロウィンについて詳しく知ってみましょう。

そもそもハロウィンってどんな行事?

ハロウィンは、キリスト教の祝日「万聖節」の前夜祭として行われるお祭りです。先祖の霊を迎え悪霊を追い払うお祭りで、日本でいう「お盆」のような行事です。カボチャで作るジャックオーランタンは、日本で言う盆提灯の代わりと言えるかもしれませんね。

日本でハロウィンが行われるのは31日ですが、海外では「万聖節」の後夜祭も含めて10月31~11月2日の3日間行われます。

仮装するのは魔除けのため

日本のお盆で仮装する習慣がないのに、ハロウィンではどうして仮装をするのでしょうか?

実は、ハロウィンになると死者の魂といっしょに魔物も帰ってくると言われています。魔物たちは作物を荒らしたり、家畜をいじめたり、最終的には生きている人間に憑いて死者の世界にさらってしまうとされていました。そこで、ハロウィンにやってくる魔物たちに、仲間だと思わせて魂を取られないために、魔除けとして仮装をするようになったと言われています。

子どもたちが言う「トリック・オア・トリート」とは?

「トリック・オア・トリート」を英語で書くと「Trick or Treat」。一つずつの英単語の意味を見ると、何と言っているのかわかるのです。

・Trick:イタズラ、悪だくみ
・Treat:もてなす、ごちそうする
・or:さもないと、さもなくば

そのまま直訳すると「イタズラかごちそうか選べ」という意味になりますが、「お菓子をくれなきゃイタズラしちゃうぞ!」という意味で使われています。

子どもに着せたい仮装衣装

ハロウィンで仮装する意味が分かったところで、子どもに着せたいおすすめの仮装衣装をご紹介します。赤ちゃんから乳幼児向けの仮装衣装をピックアップしましたので、どれを着せようか悩んでいる方は参考にしてみてください。

かぼちゃのロンパース

出典:https://www.amazon.co.jp/

かぼちゃを模したロンパースです。サイズは70~95cm、対象年齢は3カ月~1歳まで。コットン素材で、お腹に大きくジャックオーランタンが描かれ、背中には悪魔の羽が付けられるのもポイント。フードには悪魔の角もついてます。

股はスナップなのでおむつ替えは楽ちんですし、赤ちゃんも動きやすいです。肌にやさしい素材を使っているので、敏感肌の子どもでも着られますね。

ドラキュラ

出典:https://www.amazon.co.jp/

マント、トップス、ズボン、牙のセットがセットになっています。サイズは110~185cm、2歳~大人まで着られるため、親子でペアルックもできます!

襟を強調して、中世のヨーロッパを意識したデザインはドラキュラ感たっぷりです。マントは口元を隠せる長さで、ボタンも特徴的。マントを取ると執事のようにも見えますので、ドラキュラとのギャップも楽しめる衣装です。

魔女(ウィッチ)

出典:https://www.amazon.co.jp/

とんがり帽子に、ギザギザの裾をしたワンピースがかわいい魔女衣装です。サイズは100・120・140cm、対象年齢は3~12歳まで。

薄手の生地で軽やかな印象を与えます。やや短めの丈なので、大きめのサイズがおすすめ。衣装自体がシンプルなので柄タイツと合わせやすいのも特徴です。帽子のオレンジリボンがアクセントになりますね。

スパイダーマン

出典:https://www.amazon.co.jp/

人気のスパイダーマンの衣装です。サイズは120~130cm、対象年齢は5~7歳。マスクは自由に外せる仕様になっていて、服だけ着ることも可能です。

メッシュ生地で、スパイダーマン特有のマスクでも息苦しさが軽減される工夫がされています。上下が分かれたデザインのため、子どもの急なトイレも安心です。

白雪姫ドレス

出典:https://www.amazon.co.jp/

女の子に人気の一つである白雪姫になれるドレスです。サイズは90~130cmで、対象年齢は2~7歳。トップスはコットンを使い、スカート部分にはチュールを使用しています。後ろにはリボンをあしらってあるので、どこから見てもかわいいデザインです。

トップス部分は編み上げてあり、小さなリボンも付いているので、とても可愛いです。チュール素材で半袖なので、寒さ対策にケープか何か付けてあげるといいでしょう。

子どもに仮装させるときに注意すること

子どもといっしょに仮装してハロウィンを目いっぱい楽しむために、注意しておきたいポイントを2つにまとめました。

子どもがトイレに行きやすい衣装を選ぶ

子どもは膀胱が小さいので、長い時間トイレを我慢することができません。「トイレに行きたい」と言われたときにすぐ対応できるように、上下が分かれたセパレートタイプやワンピースの衣装を選んであげるのがおすすめ。

デザイン重視で脱着のしにくいものや、ツナギを選んでしまうと、子どもも親もお互いに苦労します。衣装を買う前に、トイレに行きやすいかどうかよく考えて購入するようにしましょう。

子どもにメイクしても大丈夫?

子どもの肌は敏感ですし、かぶれの原因にもなりますので、小さいうちから化粧品を使うことはあまり推奨できません。

皮膚にやさしいボディペイントも市販されていますが、特に敏感肌やアトピー肌のお子さんは使うのを避けたほうがベターでしょう。メイクすることに抵抗があるなら、市販のフェイスシールを活用するのもおすすめです。

子どもと仮装してハロウィンをもっと楽しもう!

子どもの衣装はたくさんあって迷ってしまいますが、せっかくなら親子でいっしょに衣装を選んでペアルックするのもおすすめです。ぜひ、子どもと仮装してハロウィンを迎えてみてはいかがでしょうか。ただし、ハロウィンは、死者の魂をお迎えする大切なお祭りです。はしゃぎすぎないように、節度を守って楽しむことをお忘れなく。

イベントの関連記事
  • 京都の夏の風物詩「地蔵盆」。時期や由来、お供えはどんなのものがよいのか

    京都の夏の風物詩「地蔵盆」。時期や由来、お供えはどんなのものがよいのか

    地蔵盆という行事は、お地蔵様の多い京都発祥といわれ、近畿地方を中心に古くから伝わり、中部以東になるとあまりなじみのない行事です。地域を見守るお地蔵様をお祀りし、子どもが主役のお盆とされる地蔵盆は、いったいどんなことをするのでしょうか?また、時期やお供えのことなども掘り下げたいと思います。

  • 七五三のママ(母親)のヘアスタイル。着物に似合う簡単な髪型

    七五三のママ(母親)のヘアスタイル。着物に似合う簡単な髪型

    七五三当日、「母親である自分のヘアスタイルはどうしよう?」と悩むママもいるのではないでしょうか。七五三で自分も着物を着るから、髪型もちゃんとしたい、でもお金はあまりかけたくない。そんなママに向けて、今回は自分ひとりでも簡単にできる、着物に似合うヘアアレンジ方法を紹介していきます。

  • 親子で楽しむ夏のイベント「盆踊り」や「夏祭り」の意味や由来

    親子で楽しむ夏のイベント「盆踊り」や「夏祭り」の意味や由来

    夏は、地域によってさまざまなお祭りが開催され、大人も子どもも楽しみなイベントがたくさんありますよね。夏祭りや盆踊りが行われている本来の由来を知り、子どもにも伝えて家族でいっしょに夏をもっと楽しみませんか。

  • 暑中見舞いと残暑見舞い。「いつ送るの?」由来や時期、気をつけるべきマナー

    暑中見舞いと残暑見舞い。「いつ送るの?」由来や時期、気をつけるべきマナー

    夏の風物詩の一つに挙げられるのが、暑中見舞い・残暑見舞い。「いつ送るの?」「書き方は?」など疑問を抱いている方も多いと思われます。今回、改めて送り方や時期、品物やマナーについて再確認をして、気持ちのこもった暑中見舞い・残暑見舞いを送ってみてはいかがでしょうか?

  • 2017年「土用の丑の日」はいつ?うなぎを食べる意味や由来

    2017年「土用の丑の日」はいつ?うなぎを食べる意味や由来

    日本には、暑い夏を乗り切ろうと「土用の丑の日にはうなぎを食べる」という習慣がありますね。夏の風物詩として、美味しくうなぎを食べる人も多いのではないでしょうか?しかし、「土用」や「丑の日」とは、そもそもどんな意味や由来があるのか?また、どうしてうなぎを食べるという習わしが定着したのか、掘り下げてみたいと思います。

  • 【うちの子大きいんです】~特別篇 思い出をかたちに~ 第6話

    【うちの子大きいんです】~特別篇 思い出をかたちに~ 第6話

    スマホで簡単に写真を撮れる時代になりましたが、記念日やお祝いごとの節目では、プロの手できちんとした写真を残したいですよね。でも写真スタジオで撮影するのって大変...そんなイメージありませんか?今回は著者のそめたさんがカメラのキタムラが運営する「スタジオマリオ」で撮影を体験された模様を6連載でお届けします!第6話は、思い出を長く楽しむ方法をご紹介します。

    株式会社キタムラ

    PR

カテゴリ一覧