寝返りをするようになった赤ちゃんの服選びのポイント

寝返りをするようになった赤ちゃんの服選びのポイント

前身頃にボタンのないデザインなど

赤ちゃんが寝返りをするようになると、どのような服を用意しようか考えるママやパパもいるようです。今回は、前身頃にボタンや飾りがないなど寝返り期の服装選びのポイントや用意した服、寝返りをするようになった赤ちゃんの着替えや、オムツ替えをするときのコツについて体験談を交えてご紹介します。

寝返りをする赤ちゃん用の服

赤ちゃんが寝返りをするようになると、うつ伏せや横向きですごす時間も出てくるのではないでしょうか。

今まで仰向けの状態ですごしやすい洋服を用意していたママやパパのなかには、うつ伏せや横向きの状態でもすごしやすいのは、どのような洋服なのか気になることもあるかもしれません。

今回は、寝返り期の赤ちゃんの服装についてママやパパたちに聞いてみました。

寝返り期のベビー服選びのポイント

寝返りをするようになった赤ちゃんにとって、どのような服装がすごしやすいのでしょうか。ママやパパたちに聞いた、寝返り期の赤ちゃんの服装選びのポイントをご紹介します。

伸縮性のある生地を選ぶ

20代ママ
今までは仰向けの状態で手足をバタバタさせることが多かったのですが、自分で体を横向きに動かすことが増えてきました。寝返りをして体をひねるときに服がつっぱらないように、伸縮性のある生地で作られたベビー服を用意したいと思います。
赤ちゃんの動きやすさを考え、伸縮性のある生地で作られた洋服を選んだママがいるようです。縦方向だけでなく、横や斜め方向にも生地が伸縮しやすいタイプなら、寝返りのために体をひねったときも着心地がよいかもしれません。

前身頃に飾りがないものにする

ベビー服
Africa Studio/Shutterstock.com
30代パパ
寝返りができるようになった娘は、うつ伏せの状態でいることが増えました。お腹の部分にボタンや立体的なリボンなどの飾りがあるベビー服は、うつ伏せ状態のときには邪魔になるかもしれないと考え、飾りのないベビー服を買い足したことがあります。
前身頃にボタンなどの飾りがないベビー服は、赤ちゃんがうつ伏せ体勢でいるときもすごしやすそうですね。前身頃にボタンがあるタイプのベビー服を選ぶときは、ボタン自体が薄めのタイプを選んだというママの声もありました。

着替えをしやすいタイプにする

40代ママ
寝返りがじょうずになるのは嬉しいのですが、着替えやオムツ交換の途中で寝返りをすることがありました。スナップボタンの数が少な目のベビー服は、赤ちゃんが動き出す前にサッと着替えをしやすいと感じます。
寝返りをするようになった赤ちゃんの着替えやオムツ交換は、思っていた以上に時間がかかってしまうこともあるようです。ママやパパ自身が着替えさせやすいと感じられるベビー服を選ぶと、スムーズに赤ちゃんの着替えを行えるかもしれません。

寝返り期の赤ちゃんに用意した服

寝返りをするようになった赤ちゃんには、どのような洋服を用意するとよいのか気になるママやパパもいるのではないでしょうか。実際に、ママやパパたちが寝返り期の赤ちゃんに用意した服をご紹介します。

ロンパース

30代ママ
春や夏に室内ですごすとき、うちの子は主にロンパースを着ていました。ロンパースは太ももが覆われていないのでボタンを留める数が少なく、子どもが寝返りをする前にオムツ交換を行ないやすかったです。
寝返り期の赤ちゃんにロンパースを用意した家庭があるようです。パパのなかからは、立体的な飾りがついていない、プリント柄などのロンパースを使っていたという声も聞かれました。

カバーオール

40代パパ
うちの子が寝返りをするようになったのは冬の時期だったので、カバーオールを使っていました。ボタンの数が奇数と偶数で別々の色になっていると、留め間違えが少なくてよかったです。
ボタンの色が交互で違う工夫がされているカバーオールを使っていたパパもいました。気温にあわせて、カバーオールの上にベストやカーディガンを重ねたというママの声もありました。

着替えやオムツ替えをするときのコツ

赤ちゃんの着替えの様子
szefei/Shutterstock.com

着替えやオムツ交換の途中に、赤ちゃんが寝返りをして時間がかかってしまうと感じる家庭も少なくないようです。ママやパパたちに、寝返り期の赤ちゃんの着替えやオムツ替えをするときのコツを聞いてみました。

必要なものを準備しておく

20代パパ
寝返りをよくするようになった息子の着替え時には、必要なものを近くに準備しておくことが大切だと思います。肌着とベビー服を重ねたものと数枚取り出したおしり拭き、広げたオムツを用意しておくと、手早く着替えができるようになりました。
着替えやオムツ交換に必要なものを、使いやすいように準備したパパがいるようです。オムツ交換中に赤ちゃんが寝返りをして周囲を汚してしまうこともあるようなので、使い捨てのオムツ交換シートを敷いたり、汚れたオムツを入れるビニール袋を用意したりという工夫をするのもよいかもしれません。

短時間で済ませる

40代ママ
オムツ交換時は、赤ちゃんが寝返りをする前に終わらせることを意識しました。童謡を歌い、赤ちゃんの気持ちが歌に向いている間にサッと短時間で済ませています。
赤ちゃんの気を引き、短時間でオムツ交換を済ませるよう意識しているママもいました。パパのなかからは、テープタイプからパンツタイプのオムツに移行すると、オムツ交換に時間がかからなくなったという声も聞かれました。

赤ちゃんの横にクッションなどを置く

30代ママ
我が家では、筒状のクッションを赤ちゃんの両側に置いてオムツを交換しています。赤ちゃんは寝返りをしたくても、クッションが邪魔でうまく移動できないようで、その間にオムツを替えるよう工夫しました。
赤ちゃんの横に筒状のクッションを置いて寝返りしないように工夫したママもいるようです。クッションの他にも、丸めたバスタオルを使ったというパパの声もありました。

赤ちゃんが寝返りしやすい服を用意しよう

寝返りをする赤ちゃん
szefei/Shutterstock.com

寝返りをするようになった赤ちゃん用として、前身頃にボタンや飾りがないベビー服を用意した家庭もあるようです。寝返り期の赤ちゃんに洋服を新調するときは、伸縮性のある生地で作られたものを選ぶとよいかもしれません。

寝返り期の赤ちゃんのすごしやすさを考え、かわいいベビー服を用意できるとよいですね。

2020年01月22日

専門家のコメント
13
    りお先生 保育士
    うちは特に変わらなかったかなーと思います。

    前開きのものが着せやすく脱がせやすかったですし、ボタンもそんなに大きいものじゃないしいいかなと思い。

    かぶるタイプの服も買いましたが、着せにくくあまり着ませんでした💦

    お座りができるようになると、上下別々の服がいいんですけどね、それまではやっぱり前開きの服が着せやすくて良かったです!
    なごみ先生 保育士
    特に私は買い換えたりはしませんでしたがもし買い換えるならスナップボタンが少なめの物や股のあたりの真ん中のボタンの色に目印があるものが着替えさせ安くていいでしょうね。動き出すとなかなかロンパースのものは大変なので^ ^
    あーちん先生 保育士
    寝返り用に服は特にそろえず、ロンパースが多かったです。大きくなって腰もすわってきてから、上下分かれた服を着るようになりました!

    オムツ替えで横向く時はおもちゃを渡して遊んでいる間に替えます!
    みかい先生 保育士
    手足の動きを妨げないよう、あまり大きすぎないサイズの服がいいですね。
    手のひらや足の裏が服に隠れずに、きちんと出ている状態が、寝返りしやすいと思います。
    寝返りの時期は、オムツ替えが大変になりますが、寝転んだままベビージムやベッドメリーで遊んでもらって、さっと替えていました。
    パンツ型オムツは、つかまり立ちをしてからの方がラクかな?
    寝返りの時期は、テープ式の方が替えやすいかなぁと思います。
    はなこ先生 保育士
    寝返りが始まると着替えもおむつ替えもゴロン!と転がることが多くなりますよね!中にはくるくる回ってしまって大変なお子さんもいるのでは??
    特に買えたことはなかったですが、ロンパースなことが多かったです!でもスナップボタンが多いと止めるのもなかなか大変だったり、、、

    オムツ交換も時短です早く!が大事だと思います!
    テープ、パンツもそれぞれやりやすさが違うので、やりやすい方がいいと思います!
    ゆきな先生 保育士
    特に考えず着せてましたよ!!
    服と言うよりは寝返りが出来るようになると授乳後も寝返りして吐き戻しがあったので寝返りできないようにクッション置いてました!
    服を気にするというよりは顔を擦り付けて寝返りしたりしてたのでマットの上にガーゼケットを敷いてました!
    すみっこ先生 保育士
    寝返りを始めたから服を変えることはしませんでした。
    ただ、手と足がきちんと出るサイズの合っている服を着せていないと赤ちゃんが寝返りしにくくなると思います!
    サイズに関してはこの時期に限らず、大きすぎず小さすぎずのサイズを選んであげたいですよね✨
    おはぎ先生 保育士
    お下がりや頂きものが多かったので、購入はしませんでしたが前開きのボタンがたくさんついている肌着は、なるべく着せないようにしていました。
    寝返りをうちはじめるとヨダレですぐ肌着や服がぬれてしまうので、デザインよりも乾きやすくいものをこまめに変えていました
    のんの先生 保育士
    赤ちゃんの動きを妨げないように、ジャストサイズの服を着させることと、厚着をさせないのとを気がけておりました。赤ちゃんと言うのは、素材、ボタンの位置など、些細なことで気持ち悪さを感じたりしますので、服選びにはこだわりました。
    いちぽ先生 保育士
    寝返りをするから、前にボタンがない服にしようという発想はなかったです💧
    どちらかといえば首がすわっておすわりもできるようになると、首からかぶせるやつがボタンが少なく楽でした。
    すず先生 保育士
    冬の頃はできるだけ、横の方にボタンやチャックがついているものを、と気を付けた覚えがあります。夏は寝返りのころからTシャツを着せていたので、着替えも洗濯も楽でした。
    せおみ先生 保育士
    寝返りを何度も何度もできるようになると服を着る時、オムツを変える時などコロコロ転がってしまいますよね。服は特に変えませんが、おむつはテープからパンツタイプに変えます。
    あー先生 保育士
    赤ちゃんが寝返りをしはじめるとベビー服なども寝返りしやすいものを選ぶと、赤ちゃんの発達が促せていいですよね。この記事にもあるように伸縮性の高いもののほうが寝返りがしやすいかもしれません。
おすすめユーザーのコメント
1
    sh
    チャックがついているものはひっかかるのを使わずにしていました。
    ちょうど良いサイズの服を購入するのは大切ですよね。

子ども服の関連記事

カテゴリ一覧