おさがりの収納はどのようにする?服や靴の収納方法

おさがりの収納はどのようにする?服や靴の収納方法

もらったおさがりを収納するときのコツ

赤ちゃんや子どものおさがりをもらったとき、サイズや季節があわずしばらくの間、収納しておこうと考えるママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、おさがりをもらったときにママたちがしたことや、収納するときのコツと、服や靴などアイテム別の収納方法についてご紹介します。

おさがりの収納をするときに気になること

親戚やママ友などから子どものおさがりをもらうこともあるかもしれません。ママたちに、おさがりでもらった服や靴などの収納について気になることを聞いてみました。

20代ママ
これから生まれてくる赤ちゃんのために、姉から服や靴などをたくさんもらいました。すぐには使わなそうなものも多いので使うまではしまっておこうと思うのですが、何から始めたらよいのかわかりません。
30代ママ
おさがりをもらえるのは嬉しいのですが、もらいすぎてしまいどのように収納したらよいのか悩んでいます。収納のコツなどがあれば知りたいです。
ママたちに話を聞くと、おさがりをもらったときはどのようにしたらよいかや、上手な収納方法が知りたい方がいるようです。ママのなかからは、他のママたちはおさがりをどのように収納しているのか気になるという声も聞かれました。

そこで今回は、もらったおさがりの収納についてママたちの体験談を交えてご紹介します。

おさがりをもらったときにしたこと

もらった服
Africa Studio/Shutterstock.com

おさがりをもらったら、まず何をしたらよいのでしょう。ママたちにおさがりをもらったときに行っていることを聞いてみました。

状態の確認をする

30代ママ
おさがりをもらったときはすべて出して状態を確認しました。もらった服は、自分の趣味と違ったり、汚れや色あせが気になるものがあったりするので、まずはすべてチェックします。
もらったおさがりの種類や状態をまず確認しているママがいるようです。ママのなかには、時間が経つと整理するのが面倒になってしまうので、なるべく早く一度全部出して状態を確認するようにしているという声もありました。

分類をする

20代ママ
おさがりは、季節やサイズなどごちゃ混ぜでもらうことが多いので、分類するようにしています。細かく分けると混乱するのですぐ使えるものとしばらく保管するものに分けるようにしました。
もらったおさがりを必要なときすぐに、取り出せるようにしておくことも大切かもしれませんね。ママのなかには季節や種類毎に分類するという声もありました。

おさがりを収納するときのコツ

収納された服
Africa Studio/Shutterstock.com

おさがりを収納するときはどのようなことを意識したらよいのでしょう。収納するときのコツについて聞いてみました。

保管する量を決める

40代ママ
うちはアパート住まいで保管場所が少ないため、おさがりを保管するのは衣装ケース1つ分だけと決めています。量を決めたことで服が溢れることなくスッキリと収納できるようになりました。
保管する量を決めることでスッキリと収納ができるようになったようです。ママのなかからは、保管する量を決めることで、もらうおさがりを厳選するようになったという声もありました。

ラベリングをする

30代ママ
収納ケースのなかに何が入っているか一目でわかるようにラベリングをしています。入っている服のサイズや種類を書くことで、着る時期を逃すことがなくなりました。
ラベリングでどこに何が収納されているのか一目でわかるようにしておくと、いちいち開けて中身を確認せずに済みそうですね。ママのなかからは、ラベリングをすることでパパでもわかるようになったという声もありました。

使わないものは手放す

40代ママ
おさがりでもらった服のなかには、私の好みにはあわない服がある場合があります。もらった服を手放すのは申し訳ないという気持ちもありますが、着ずにいるのも申し訳ないので、他の人に譲るようにしています。
もらったものでも着ない服は他の人に譲って着てもらおうと考えたママいるようです。他にも、汚れがついていたり色あせがひどかったりして着ないと思ったら、思い切って処分するというママもいました。

【アイテム別】おさがりの収納方法

おさがりでもらったものは、どのように収納したらよいのか気になるママもいるようです。ママたちに聞いたアイテム別の収納方法をご紹介します。

20代ママ
洋服はサイズ毎に衣装ケースに入れて保管しています。服を立てて入れるようにすると中身がわかりやすいです。
30代ママ
私はひとつの箱にまとめておさがりでもらった服を収納しています。いろいろな種類の服が入っていてもわかりやすいように、サイズや種類毎ジッパーつきの袋に入れてサイズを書いてから箱に入れています。
服は収納ケースや箱と袋を使って収納しているママがいるようです。他にも、100均のプラスチックケースや不織布袋などを使っているというママの声もありました。

20代ママ
100均で見つけた靴用の透明ケースに入れてシューズクローゼットの上段に保管しています。透明だと何が入っているか一目でわかりますし、箱型になっているので積み重ねられるのが便利です。
中身の見えるような収納方法で靴を保管しているママがいるようです。ママのなかには、ジッパーつきの袋に1足ずつ入れて保管しているという声もありました。

おもちゃ

20代ママ
小さなおもちゃは、使いそうな年齢毎に分けて箱に入れて物置に収納しています。パーツがあるものはビニール袋などに入れてひとまとめにするようにしました。
おもちゃは使いそうな年齢毎に分けて収納しているようです。ママのなかからは、使う時期になったら収納ケースもいっしょにおもちゃ箱として使えるように工夫したという声もありました。

おさがりの収納方法を工夫しよう

服の収納
Africa Studio/Shutterstock.com

おさがりをどのように収納したらよいのか気になるママもいるようですが、おさがりをもらったときは、状態の確認や分類をまずやっているママがいました。収納のコツとして保管する量を決めたり、使わないものは手放すことなどがあるようです。

服や靴など収納方法を工夫して子どもや赤ちゃんのおさがりを保管できるとよいですね。

2019年12月03日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

子ども服の関連記事

カテゴリ一覧