子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

【小児科医監修】必要性はどのくらい?予防接種のロタワクチンの接種にかかる値段、接種回数など

【小児科医監修】必要性はどのくらい?予防接種のロタワクチンの接種にかかる値段、接種回数など

生後2カ月から始まる予防接種。その中にロタウイルスワクチンがあります。ママの中には「ロタウイルスワクチンっていったいなんだろう?」というママもいるかもしれません。そこで、ロタウイルスってどんな病気なのか、予防接種する場合の回数や、必要性、出やすい副反応について専門家に聞いてみました。

金髙太一(おひさまクリニック)

ロタワクチンで予防できる病気と値段

「ロタウイルスワクチンって聞くけれど、いったいどの病気を予防するのかわからない」というママもいるでしょう。そこでワクチンで予防できる「ロタウイルス胃腸炎」がどんな病気かをお教えします。

病気のはじまりと潜伏期間

ロタウイルスは胃腸炎の一種で、概ね5歳までの間に1度はかかるといわれている病気です。ウイルスが体内に入って2~4日間の潜伏期間を経て、発症。

毎年、ウイルスの動きが活発になる冬~春にかけて流行します。

主な症状は嘔吐と下痢

ロタウイルスの主な症状は水のような下痢と嘔吐です。

何度も嘔吐と下痢を繰り返すために水分と塩分が失われ、脱水症状を引き起こしやすくなります。そのせいでかなりぐったりする赤ちゃんも…。さらに、けいれんや脳炎、腎障害など、重い合併症になるケースもあり、専門家によると

乳児が入院する原因としては多いウイルスです
出典: AskDoctors

と言われています。まれに死に至るケースもあるので、注意しましょう。

感染の仕方と予防法

ロタウイルスは、感染力が強いのが特徴です。感染した子どもの下痢便には、数億のウイルスが排出。その便の処理を行った後、しっかり手洗いしても完全には除去できないため、その手で別の子どものお世話をした場合、その子も菌に感染してしまいます。

特に保育園など集団生活の場で、感染した子どもが1人出ると、あっという間に感染拡大しまう恐れが。

そこで知っておいてほしいのが、ロタウイルスを予防できるワクチンの存在です。

ロタウイルスワクチンの値段と接種タイミング

スケジュールを確認するママ
Pra Chid/Shutterstock.com

予防に有効なロタウイルスワクチン。1回あたりの値段や接種回数などを調べてみました。

ワクチンは「ロタリックス」と「ロタテック」の2種類がある

現在、日本で接種できるロタウイルスワクチンは、ロタリックスとロタテックの2種類になります。製造会社が違うため成分や接種回数は異なりますが、効果には差がありません。

接種回数はロタリックスが全2回、ロタテックが全3回必要です。

値段

ロタウイルスワクチンは、任意接種になるので、接種費用は自費になります。地域や病院によって異なりますが、おおよそトータル(全回数接種した場合)の値段が25000-35000円(金額は目安)です。自治体によっては、費用の一部を負担する助成制度が設けられているところがあるので、確認を。

接種タイミングと回数

いずれも初回は生後14週と6日(生後2カ月)までに接種することが望ましいとされているので、タイミングを逃さないことがポイントです。また、1回目と2回目(ロタテックの場合は1回目と2回目と3回目)の間隔は最低でも中27日以上空けるようにしてください。

ロタリックスの2回目、ロタテックの3回目は、生後6カ月前までに終わらせるようにしましょう。

注射ではなく、飲むワクチン

ロタワクチンは、皮下注射するワクチンではなく、スポイトなどで口にワクチンの液を垂らす「経口ワクチン」です。おなかがいっぱいだと口を開いてくれないこともあるので、できるだけ授乳時間前に受けるといいでしょう。

ワクチンの必要性

眠る赤ちゃん
ucchie79/Shutterstock.com

先にも述べたようにロタワクチンは任意接種。接種するかしないかはママやパパに委ねられているので、「接種しようか迷っている」という人も多くいるでしょう。専門家によると、このように述べています。

保育園に通われている、ご兄弟がいる、などあれば、接種するのが望ましいですよ。また、ロタウイルス感染により、まれに脳症を起こすことがありますので、その予防としても意味があります
出典: AskDoctors
ロタウイルスの予防接種は重症化予防が大きな目的です。 予防接種をせずにロタウイルス感染症になった場合、 予防接種を受けてロタウイルス感染症になった場合の 10倍以上の確率で入院になります
出典: AskDoctors
予防接種をされておけば感染のリスクは減らせます。予防接種の時期をしっかり守れば副作用のリスクも少なくて済みます
出典: AskDoctors

という見解を示しています。

上記をふまえて考えると、やはり接種しておいた方が望ましいといえるでしょう。

副反応について

いずれのワクチンも下痢や嘔吐、発熱などの副反応がみられることがあるといわれていますが、一番注意しないといけない副反応は「腸重積」のリスクが高まる可能性がある点です。腸重積とは、腸が腸の中に入ってしまう病気で、症状としてはイチゴジャムのような血便が出る、繰り返し嘔吐する、顔色が悪いなどがあげられます。

腸重積を発症した子どもの多くが初回接種後7日以内に症状が現れたといわれているので、接種後1週間ぐらいは注意深く子どもの様子や変化をみるように心がけてください。

接種後の注意点

ロタワクチンは、生きたウイルスの毒性を極限まで弱めたものを体内に入れて免疫を作ってもらうため、接種した赤ちゃんの便からしばらくの間、ロタウイルスが排出されることになります。万一のことを考えて、接種後にママが便の処理をする際は、使い捨て手袋をはめる、念入りに流水で手を洗い、使い捨てのペーパータオルで手をふくなどの注意をしておきましょう。

必要性が高いロタワクチンの予防接種。値段や接種回数など正しい情報の入手を

ママと赤ちゃん
©  taka – Fotolia

ロタウイルスワクチンの予防接種は、下痢や嘔吐を引き起こすロタウイルス胃腸炎の症状を軽減させ、重症化や合併症の発症を防ぐ役割を果たすといわれています。

値段が高いという問題がありますが、感染力も強いので万一の事態に備えるなら、専門家もアドバイスしている通り、接種しておくのが望ましいといえるでしょう。

また、副反応として注意したいのが腸重積です。接種してから7日以内に発症することが多いので、子どもの様子や反応をこまめに確認を。

接種できる時期や接種回数も決められているので、早めに予防接種のスケジュールに組み込み、忘れずに接種するようにしてくださいね。

監修:金髙太一 (おひさまクリニック 院長)

金髙太一の監修記事一覧(バックナンバー)
金髙太一(おひさまクリニック)

小児科専門医、地域総合小児医療認定医。小児の感染症、アレルギー、免疫・膠原病を中心に東京、横浜の病院で研修・診療の経験を積み、2015年に東京の十条にておひさまクリニック(小児科、耳鼻咽喉科)を開院。子どもたちが健やかに成長していくためのサポートをしたいと思っております。また、3児の父でもあるので、子どもに関することでしたら、お気軽にご相談ください。

おひさまクリニック

子どもの病気について5100人以上の現役医師にすぐに質問・回答!

日本最大級の医師Q&Aサイト アスクドクターズ(AskDoctors)

「子どもが頭を打った」「外食して2時間後にじんましんが出た」など、子どもの病気や気になる症状について医師に相談できるのが、日本最大級の医師Q&Aサイト「アスクドクターズ」です。

最短5分で複数の医師から回答がもらえるだけでなく、200万件以上の相談事例を症状や病名から検索することもできます。

かかりつけ医とともに、子育て中のママやパパの頼もしい味方になってくれそうですね。

2018年03月02日

予防接種の関連記事
  • 【小児科医監修】水痘(水疱瘡)の予防接種。接種の間隔や副作用、感染予防の効果とは

    【小児科医監修】水痘(水疱瘡)の予防接種。接種の間隔や副作用、感染予防の効果とは

    水痘(水疱瘡)は例年、流行時期になると保育園や幼稚園で集団感染がおこるほど感染力の強い病気です。水疱瘡の予防接種、水痘ワクチンは、数年前まで任意接種でしたが、2014年に定期接種となりました。水疱瘡の感染経路や潜伏期間、症状。また水痘ワクチンの値段や接種の間隔、同時接種や副作用について解説します。

    千葉智子(上高田ちば整形外科・小児科)

  • 【小児科医監修】保育園、幼稚園で毎年流行るノロウイルス。2018年の動向や予防ワクチン

    【小児科医監修】保育園、幼稚園で毎年流行るノロウイルス。2018年の動向や予防ワクチン

    保育園や幼稚園でも流行るノロウイルス感染症。毎年、感染のお知らせが出る園もあるのではないでしょうか。ノロウイルスの流行時期はいつからいつまでか、感染経路や原因、登園基準についてクローバーこどもクリニック院長、眞々田容子先生の監修のもと、ご紹介します。また、ワクチンで予防ができるのかも解説します。

    眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

  • 【小児科医監修】B型肝炎ってどんな病気?ワクチンの働きや接種回数を知ろう!

    【小児科医監修】B型肝炎ってどんな病気?ワクチンの働きや接種回数を知ろう!

    平成28年より定期接種となったB型肝炎の予防接種。接種回数やほかのワクチンとの同時接種、予防接種後の副反応や過ごし方について解説します。またB型肝炎という病名は知っていても、実際の症状や原因を詳しく知らないママのために上高田ちば整形外科・小児科、副院長の千葉智子先生にB型肝炎の詳細を聞きました。

    千葉智子(上高田ちば整形外科・小児科)

  • 【小児科医監修】集団保育前に接種しよう。肺炎球菌とヒブワクチンについて

    【小児科医監修】集団保育前に接種しよう。肺炎球菌とヒブワクチンについて

    生後2カ月から定期予防接種が受けられる肺炎球菌感染症とヒブ(Hib)感染症は2歳以下から集団保育を予定する子どもには、感染に注意が必要な病気です。上高田ちば整形外科・小児科副院長の千葉智子先生の監修のもと、ワクチンの同時接種や追加接種のタイミング、副反応について解説します。

    千葉智子(上高田ちば整形外科・小児科)

  • 【小児科医監修】予防接種の副反応が出やすいのはいつまで?発熱など気をつけたい3つの症状

    【小児科医監修】予防接種の副反応が出やすいのはいつまで?発熱など気をつけたい3つの症状

    「予防接種をしたあと副反応を起こしたらどうしよう」と心配しているママもいるのではないでしょうか。接種後いつから副反応が出やすいのかや発熱、腫れ、下痢などどんな副反応が出やすいのか調べてみました。また、重篤な副反応にはどんなものがあるか、出てしまった場合の対処法などもご紹介します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 【小児科医監修】予防接種のはしか(麻しん)・風しん(MRワクチン)で防げる病気と副反応について

    【小児科医監修】予防接種のはしか(麻しん)・風しん(MRワクチン)で防げる病気と副反応について

    子どもに予防接種をするときに「接種した後にどんな副反応が出るか心配」「この予防接種、本当に必要?」と考えるママもいるのではないでしょうか。そこで医師の監修のもとはしか(麻しん)、風しん予防となるMRワクチンとは何か、MRワクチンで予防できる病気、予防接種は自費かどうか。追加接種の必要性、接種回数とタイミング、接種方法、接種を忘れたときの対応法、どんな副反応が出やすいかについて解説します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

カテゴリ一覧