【小児科医監修】離乳食時期の赤ちゃんの便秘。判断基準の目安や便秘によい離乳食とは

【小児科医監修】離乳食時期の赤ちゃんの便秘。判断基準の目安や便秘によい離乳食とは

離乳食が開始するとなぜ便秘になりやすいのか

離乳食が始まり、赤ちゃんの便秘に悩むママもいるかもしれません。便が硬いなど赤ちゃんが便秘気味のときは、どのような離乳食を作るとよいのでしょう。今回は、離乳食時期の赤ちゃんの便秘の原因や判断の目安、便秘によい離乳食について解説します。

眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

離乳食中の赤ちゃんの便秘

離乳食がはじまると、赤ちゃんの便の硬さが気になったり、便秘に悩まされることもあるかもしれません。便秘の原因以外にも、判断基準の目安や離乳食を続けてよいのか気になることもありますよね。また、便秘によい食材を使った離乳食にはどのようなメニューがあるのでしょうか。

今回は、離乳食中の赤ちゃんの便秘の原因、判断基準の目安や便秘によい離乳食について解説します。

便秘の原因

離乳食
bigacis/Shutterstock.com
離乳食を食べるようになると、赤ちゃんの便にも変化が現れ、少しずつ大人と同じような便になっていきます。母乳やミルクだけを飲んでいた頃に比べると、水分の摂取量が減るため、便が硬くなったり、回数が減ったりして便秘になることがあります

また、消化器官が未熟な赤ちゃんは、食べたものをうまく消化できずに便秘になってしまうことがあります。便秘にすぐ気づけるように、普段から赤ちゃんの便の様子や回数について気にかけておくとよいでしょう。

便秘の判断基準の目安

赤ちゃんの便秘を判断する目安が気になるママもいるかもしれません。便秘の判断基準の目安について解説します。

便が何日も出ない

何日も続けて便が出ない場合は、便秘になっていることがあります。赤ちゃんによっては、2日に1回、3日に1回排便するということもあり、排便リズムには個人差があるため、普段の便の回数を目安に考えることが大切です。

排便回数がつかめないうちは、育児日記やスマートフォンなどに記録しておくと把握しやすいかもしれません。その際、便の形状などもあわせて確認しておきましょう。

便が硬い

便が硬いときや、ころころした形状、いつもより量が少ない場合は、便秘気味になっている可能性があります。便が硬くなると、なかなか排便できずに苦しくなり、いきむときに激しく泣く赤ちゃんもいます。また、便が硬いと、排便時にお尻の穴が切れてしまうこともあるので注意が必要です。

離乳食を食べなくなる

離乳食を嫌がる赤ちゃん
surajet.l/Shutterstock.com
赤ちゃんが便秘になると、離乳食の食べ進みが悪くなったり、母乳やミルクをあまり飲まなくなったりすることがあります。食欲がいつもより減り、便が何日も出ていない場合は、注意が必要です。早めに医師に相談をしましょう。

機嫌が悪い

赤ちゃんが機嫌が悪いときにはさまざまな理由が考えられますが、便秘が原因の場合もあります。便の回数が少なかったり、お腹をさわってみて硬い場合は、便秘気味になっているかもしれません。赤ちゃんの様子をみながら早めに対処することが大切です。

便秘によい離乳食

赤ちゃんが便秘気味になったときには、どのような離乳食を作るとよいのでしょう。食事の工夫で便秘にならないように対処できると嬉しいですよね。便秘によい離乳食を作るときのポイントを解説します。

水分が取れるもの

水分は便を柔らかくしてくれる働きがあります。赤ちゃんが便秘気味のときは、水分が取れるメニューを離乳食に取り入れることが大切です。おかゆの水分量を増やすなど調理方法を工夫したり、スープにするなどメニューを工夫しましょう。

オレンジジュース プルーンジュースなども便秘によいとされています。果汁100パーセントのものか、みかんなどの果物を直接絞って与えましょう。

食物繊維が含まれるもの

食物繊維は、便秘によいだけでなく、近年「第六の栄養素」として注目されています。

食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があります。主に果物や海藻などに含まれる水溶性食物繊維は、便を柔らかくし、さつまいもや大豆などに含まれる不溶性食物繊維は、腸の働きを促してくれる働きがあります。

食物繊維は多ければ多いほどよいということではありません。2種類の食物繊維を、バランスよく離乳食に取り入れることが大切です。

消化のよいもの

赤ちゃんが便秘気味のときは、消化のよい食材を離乳食に取り入れることが大切です。ヨーグルトやバナナ、すりおろしたりんごなどは消化しやすく便秘のときに食べるとよい食べ物です。

また調理の際、小さくしたり柔らかくしたりすると消化しやすくなります。消化に悪い油の使用は、できるだけ少なくしましょう。

便秘にならないように離乳食を工夫しよう

栄養バランスのとれた離乳食
alice-photo/Shutterstock.com

離乳食が始まると、母乳やミルクの摂取量が減るため、便が硬くなったり、回数が減って便秘になることがあります。また、消化機能が未熟なため、離乳食がうまく消化できず便秘になることもあるようです。

便が続けて何日も出ない場合や、便が硬い場合は便秘になっている可能性があります。排便リズムには個人差があるため、赤ちゃんの様子をみながら判断をすることが大切です。食欲がない、いきむときに泣くなど赤ちゃんの様子が心配なときは、早めに病院で受診しましょう。

便秘によい離乳食は、水分量、食物繊維、消化のよさがポイントになります。調理方法やメニューを工夫しながら取り入れましょう。普段から、栄養バランスのよい離乳食作りを心がけることが大切です。

監修:眞々田 容子(クローバーこどもクリニック)

No Image

眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

眞々田 容子の監修記事一覧(バックナンバー)

台東区蔵前の小児科クローバーこどもクリニック院長。信州大学医学部卒業。日本小児科学会専門医、日本アレルギー学会専門医。ホリスティック医学協会会員。

症状だけを診ていくのではなく、患者さんの心身全体の状態をみていく”心と身体をつなげる”医療をしています。

お母さんの子育ての不安が少なくなるよう、診療内でお話しをしっかり聴いていきます。

クローバーこどもクリニックのブログ
クローバーこどもクリニック

2019年09月27日

専門家のコメント
44
    かよう先生 保育士
    気づくの難しいですが、いつもより機嫌が悪いなど普段の赤ちゃんの様子から見極めたいですね。
    ようこ先生 保育士
    赤ちゃんはもちろん、少し大きなお子さんも、ウンチの状態はいつも管理しておきたいですよね。便
    まな先生 保育士
    離乳食を始めると便秘になる赤ちゃんが多いですね。数日出なくても、赤ちゃんの機嫌が良ければ心
    わい先生 保育士
    離乳食を始めると便秘になりやすいです。
    水分をとるようにしてあげたり、お腹のマッサージをし
    かいまな先生 保育士
    便秘になると赤ちゃんはまだ言葉で伝えることができないので、早く気付いてあげたいですよね。
    ことり先生 保育士
    水分をしっかり摂る。
    これは小児科でお母さんたちが
    「言われました」とよく聞く話です。

    ひよひよ先生 保育士
    なかなか、水分を水や麦茶で取ってくれず、泣きながらいつもおっぱいを要求してくる我が子。
    いちぽ先生 保育士
    うちは完母で育てて、離乳食を5ヶ月半から始めました。おっぱいだけのときは1日に3、4回うん
    りか先生 保育士
    乳児期の便秘は不機嫌になり、嘔吐や発熱の原因になります。
    スプーン一杯ずつでも無理なく水分
    ゆか先生 保育士
    便秘は個人差がありますが毎日出ていても固ければ便秘です。
    軽いうちは食生活や肛門刺激で排便
    でぶいも先生 保育士
    パン食よりも水分の多いご飯を中心にするよう心がけていました。
    赤ちゃんの腸は短いのでお腹の
    なこ先生 保育士
    我が子も便秘しました。離乳食に変えた途端出なくなったので心配で小児科へかかりましたが、この
    あーちん先生 保育士
    うちの子も便秘で3日に1回のペースです。毎日出るのに越したことはないですが、これがこの子の
    める先生 保育士
    保育園では離乳食によって便秘になる赤ちゃんには、麦茶を飲ませるようにしています。また、オム
    ゆきな先生 保育士
    食欲があまりなかったり機嫌が悪いと便秘かなーとなりますね!
    リラックスしている時にお腹を優
    せおみ先生 保育士
    今、ちょうど8ヶ月の子が便秘気味です。離乳食が始まってから3.4日に一度ぐらいのペースの排
    ひまわり先生 保育士
    子どもの機嫌をよく観察するようにしています。私の子も5日うんちが出なかった時は焦りました。
    かな先生 保育士
    毎日数回排便していた娘が1日出ない日があったのですが、翌日泣き叫びながら排便をし、何事かと
    すみっこ先生 保育士
    小児科に相談にいったことがあります。うちの子はそこまでひどい便秘ではなかったのですが、
    あー先生 保育士
    わたしも離乳食がはじまってから急に便秘になりました💦色々ためして便秘解消していましたが、
    すー先生 保育士
    1歳で卒乳したのですがその後便秘になり通院しました。うんち体操をしたり、便通がよくなるメニ
    まい先生 保育士
    離乳食を始めたら便秘になりがちです。
    ミルクで水分を取っていたのですが補わなくなるので、、
コメントをもっと見る

トラブルの関連記事

  • 男の子を持つママにとって子どもの「おちんちん」の悩みはなかなか相談しづらいもの。しかしネットでは「ムキムキ体操」というキーワードが話題となるなど、多くの方が真剣に考え、悩んでいる問題といえるでしょう。今回は「子どもの包茎」の症状と、治療法について解説します。

    山高篤行(順天堂大学医学部付属順天堂医院 )

  • 妊娠中や産後の痔はなかなか相談しづらく受診が遅れがちですが、実は多くの女性が妊娠・出産による痔に悩んでいます。今回は妊娠・出産でなぜ痔になりやすいのか、原因と対策、治療法について解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 子どもの急な発熱やのどの痛み、もしかしたら「溶連菌感染症」かもしれません。実際に自分の子どもがかかった経験がなければ、詳しい症状などを知らない人も多いのではないでしょうか。「猩紅熱(しょうこうねつ)」ともよばれる、溶連菌感染症の原因と症状、特に流行しやすい時期、検査方法、注意したい合併症、治療方法や家庭でできる対応、登園目安や予防法などを医師に伺いました。

    眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

  • 保育園や幼稚園で冬場に集団流行しやすい病気のひとつ「おたふく風邪」は就学前の子どもがかかりやすい病気のひとつ。今回はおたふく風邪の流行時期や症状、そしてワクチンの重要性とホームケアや登園許可、予防法などについてご紹介します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 非常に強い感染力を持ち、空気、飛沫、接触など、人から人へとうつっていく麻疹(はしか)ウイルス。免疫を持っていなければ発症率はほぼ100%といわれています。今回は麻疹(はしか)と、混同されがちな風疹の症状や原因、感染経路や予防方法などについて解説します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 家庭内で過ごす時間が増えた今、子どもの猫背が気になることはありませんか。猫背は子どもの体にどのような影響を及ぼすのでしょう。今回の記事では、子どもの猫背で起こる影響や受診の目安、家庭でできる対処法について解説します。

    千葉直樹(上高田ちば整形外科・小児科)

  • 誤飲、口呼吸、歯並び、口内炎、口臭……こどもの口周りの悩みは意外と多いもの。そこで今回は医師監修のもと、口周りのトラブルの原因と対処法を解説した記事をピックアップしました。いざという時のため、長期的な子どもの健康のために、子どもに起こりやすい口周りのトラブルについて備えては。

  • トイレトレーニング(以下、トイトレ)は終わったのに、夜はおねしょが頻繁でまだオムツが手放せない…そんなお悩みはありませんか?そもそも何歳までおねしょをするものなのか、どこに相談していいのかも分かりませんよね。そこで今回は、おねしょと夜尿症の違いや、夜尿症の治療について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 中耳炎は幼児期の子どもがかかりやすい病気のひとつ。子どもが耳を痛がる場合は、もしかしたら中耳炎にかかっているかもしれません。今回は、中耳炎の症状や早期発見のポイント、治療法と予防について解説します。

    金髙清佳(おひさまクリニック)

  • 「男性不妊」「男性の妊活」という言葉が一般的になりましたが、具体的に何から始めればよいのか、病院でどんな検査や治療をおこなうのか不安…という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、厚生労働省の妊活に関わる調査結果、男性不妊の主な原因、病院での検査内容や治療の流れについて解説します。

    杉山力一(杉山産婦人科)

  • WHOが2030年までに15歳以下の女子の接種率を9割まで高めることを新たな目標にし、注目されているHPVワクチン。しかし日本では、副反応に対する不安などから、ワクチン接種を控える保護者も多くいます。そこで今回は子宮頸がんの予防に有効なHPVワクチンの効果と、副反応について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 初めて子どものけいれんを目にした場合、多くの保護者が焦りでパニックに陥るもの。とくに乳幼児に多い熱性けいれんは何故起きるのか、原因と対処法についてご紹介します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ