【整形外科医監修】膝の痛みなど、子どもの成長痛。症状や起こりやすい年齢

【整形外科医監修】膝の痛みなど、子どもの成長痛。症状や起こりやすい年齢

5歳など幼少期でもなるものなの?

子どもの膝の痛み以外に異常がなく、特にぶつけたり、ひねったりしたわけでもない痛みは成長痛かもしれません。成長痛の原因や症状、起こりやすい年齢、部位について解説します。また、成長痛が起きたときの対処法や将来に影響が出るのかについても説明します。

千葉直樹(上高田ちば整形外科・小児科)

成長痛とは

成長痛とは骨などに異常はありませんが、成長期の子どもが痛みを訴えるときに呼ばれている名前です。

成長痛の原因や症状、症状が出やすい部位などについて詳しく見てみましょう。

原因

スマホでゲームをする男の子
iStock.com/Yuji_Karaki

原因は不明ともいわれていますが、運動不足や運動過多なども一因です。

運動不足、ゲーム機器、スマホの普及などにより、以前に比べて毎日の運動習慣が無い子どもが増えています。運動不足により筋肉や腱の柔軟性が低下し、体重が増加し、体が硬くなった状態になってしまいます。

そのような状態で急に動くと、関節や筋肉、腱に大きな負担がかかってしまうのです。

運動過多やスポーツなどで激しく体を酷使して、もともともっている体の柔軟力を越えて負荷がかかると四肢の関節痛や腰痛、大腿・下腿の筋肉痛などきたすことがあります。

症状

さまざまな部分に痛みがでます。

我慢できる程度の鈍い痛みであったり、夜に眠れないほどの痛みであったりと、痛みの強さは人それぞれです。

成長痛の特徴

成長痛は、夕方から夜にかけて痛みが出やすく、痛みは不定期に起こることが多いです。

痛みの度合いには個人差があり、泣いて痛がる子どももいますが、さすったり、お風呂で温めていると痛みは和らぎ、翌日には痛みが治まっていることがほとんどです。

痛みは一時的で、数時間すると落ち着くことが多いのも成長痛の特徴です。

またレントゲン検査で異常が見られないことを確認することも重要です。

成長痛になりやすい年齢

3~13歳の子どもによく見られますが、そのなかでも4~6歳によく見られます。13歳以降でも急激に伸長が伸びる時期に成長痛が見られることはしばしばあります。

成長痛が見られやすい部位

膝から足にかけて痛みが出やすく、股関節や膝のまわり、太もも、ふくらはぎ、かかとなどに痛みを訴える子が多いです。

両側同時に痛む傾向が見られます。

対処法

成長痛の痛みには個人差がありますが、泣くほど痛いときの対処法をご紹介します。

患部をマッサージする

痛みが出ている場所を優しくマッサージします。ママやパパがマッサージすると子どもも安心できます。

幼児であれば、抱っこをしてあげてもよいでしょう。

湿布を貼る

痛みが出ている部位に湿布を貼ると痛みが和らぐ場合があります。

受診すると、鎮痛剤入りの湿布をもらえることがあるので、痛みが強く出ているときには整形外科を受診するとよいでしょう。

お風呂に入る

お風呂に入る女の子
iStock.com/RyanKing999

お風呂で温かいお湯につかると痛みが和らぐ子どももいます。大事なことは冷やさないことです。冷やすと血流が悪くなり、かえって痛みが長引いてしまいます。冬場は入浴後に靴下を履かせて冷え防止に努めましょう。

ストレッチをする

全身のストレッチを日々行うことが最も効果的です。お子さんと一緒に親御さんも行うことで家族みんなの健康増進にもつながります。

<アキレス腱ストレッチ>
1番のおすすめは、アキレス腱を伸ばすストレッチです。

反動をつけずに、片方ずつ大股で30秒間ずつ行います。そのあとは膝を地面近くまで曲げて30秒間キープします。この体操は足先から腰まで全体を伸ばすことができるので、成長痛予防にも有効で、成長痛になった状態でも、ゆっくり行うことで、早くに痛みをとることが見込めます。

1日に3回は行うようにしましょう。

<背伸び>
背伸びも大事なストレッチです。

立ち上がってゆっくり10秒間背伸びします。深呼吸しながら行うことで全身の筋肉に酸素を巡らせ、こわばりをほぐします。

大事なことは腰を反らせないこと。腰が痛いときにはかえって痛くなってしまいます。

安静にする

たくさん動いた日や、激しい運動をした日に成長痛は起こりやすいです。動いた日の夜は足をゆっくり休ませ、安静にすごすことが大切です。

鎮痛薬剤を飲むことは避けましょう

痛み止めの使用は極力避けたいところです。小さいころから痛みに対して痛み止めを飲む習慣がついてしまうと、薬に依存しがちになってしまうからです。

成長痛が将来の身体に影響するのか?

きちんと検査で他の病気が否定されていれば、成長痛が将来の身体形成に影響がでることはまずありません。しかし、骨折、骨端症、骨壊死や骨腫瘍など成長痛に似た症状である外傷や病気を見逃してしまうと、将来歩けなくなることもありますので、おかしいと感じたら、整形外科受診をお勧めします。

こんな症状のときは早期受診を

  1. 痛みが2週間以上続く
  2. 関節や四肢が赤く腫れてきた
  3. 痛みが段々強くなる
  4. 日中にも痛みがある
  5. 歩き方がいつもと違う、違和感がある

気になる症状が見られるときには受診しましょう

足の診察をしてもらう子ども
kdshutterman/Shutterstock.com

成長痛自体が身体の成長に支障をきたすことはありませんが、上記のような症状がある場合は、成長痛ではなくほかの病気の可能性があるため、1度受診をすることが重要です。

監修:千葉直樹(上高田ちば整形外科・小児科)

No image

千葉直樹(上高田ちば整形外科・小児科)

上高田ちば整形外科・小児科 院長。日本整形外科学会 整形外科専門医。
整形外科・リハビリテーション科を担当。お子様が楽しく通えて、お母様も安心のクリニック作りを目指して地域に貢献する医療に取り組んでいる。

2019年01月14日

専門家のコメント
28
    もえ先生 保育士
    小さい子どもは痛みや体の不調の伝え方がつたなく、気づくのが遅れてしまうこともありました…こ
    かよう先生 保育士
    私自身も小さい頃にたくさん運動をした後、成長痛がひどくて大変でした。
    痛くて眠れず親にマッ
    のの先生 保育士
    身長が高めの子どもや、一気に伸びた子どもが膝の痛みを訴えることが多いです。
    心配な場合は、
    いちぽ先生 保育士
    園でもぶつけたわけでもないのに、膝が痛いと言われた時がありました。背の高めの男の子だったの
    はなこ先生 保育士
    成長痛ありますよね!!
    痛みをすぐに伝えられたら良いのですが、成長痛と思っても違う何らかの
    せおみ先生 保育士
    私も子どもの頃時々寝る前に成長痛の痛みがありました。成長痛は幼児期にもおこりやすいのですね
    べこな先生 保育士
    子どもが痛みを訴えるので受診したことがありますが、成長痛という病名はなく怪我などの症状がな
    あー先生 保育士
    わたしもちいさいころに病院に行き成長痛と言われたことがあります!ほんと痛いですよね!うちの
    ゆか先生 保育士
    上の子は成長痛はなかったですが下の子は夜中に突然泣き出し足が動かないと言っていてかなり心配
    とーち先生 保育士
    成長痛という名前を知ってはいたものの対処の仕方は知らず。

    勉強になりました。病院受診の基
    すみっこ先生 保育士
    私自身、年長組の年齢のときに膝が痛くて痛くて立ち上がれないことがありたした。強烈だったのか
    りお先生 保育士
    成長痛、自分自身はなったことがなく、また子どもたちもまだ急激な成長期がなく、小さい方なので
    まい先生 保育士
    成長痛ありますよね
    痛いと言われてもどうしよも無いので可哀想ですが、しょうがないですよね。
    すー先生 保育士
    私は成長痛を体験したことはないのですが、主人は中学生の頃に成長痛が酷かったといっていました
コメントをもっと見る

トラブルの関連記事

  • 男の子を持つママにとって子どもの「おちんちん」の悩みはなかなか相談しづらいもの。しかしネットでは「ムキムキ体操」というキーワードが話題となるなど、多くの方が真剣に考え、悩んでいる問題といえるでしょう。今回は「子どもの包茎」の症状と、治療法について解説します。

    山高篤行(順天堂大学医学部付属順天堂医院 )

  • 妊娠中や産後の痔はなかなか相談しづらく受診が遅れがちですが、実は多くの女性が妊娠・出産による痔に悩んでいます。今回は妊娠・出産でなぜ痔になりやすいのか、原因と対策、治療法について解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 子どもの急な発熱やのどの痛み、もしかしたら「溶連菌感染症」かもしれません。実際に自分の子どもがかかった経験がなければ、詳しい症状などを知らない人も多いのではないでしょうか。「猩紅熱(しょうこうねつ)」ともよばれる、溶連菌感染症の原因と症状、特に流行しやすい時期、検査方法、注意したい合併症、治療方法や家庭でできる対応、登園目安や予防法などを医師に伺いました。

    眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

  • 保育園や幼稚園で冬場に集団流行しやすい病気のひとつ「おたふく風邪」は就学前の子どもがかかりやすい病気のひとつ。今回はおたふく風邪の流行時期や症状、そしてワクチンの重要性とホームケアや登園許可、予防法などについてご紹介します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 非常に強い感染力を持ち、空気、飛沫、接触など、人から人へとうつっていく麻疹(はしか)ウイルス。免疫を持っていなければ発症率はほぼ100%といわれています。今回は麻疹(はしか)と、混同されがちな風疹の症状や原因、感染経路や予防方法などについて解説します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 家庭内で過ごす時間が増えた今、子どもの猫背が気になることはありませんか。猫背は子どもの体にどのような影響を及ぼすのでしょう。今回の記事では、子どもの猫背で起こる影響や受診の目安、家庭でできる対処法について解説します。

    千葉直樹(上高田ちば整形外科・小児科)

  • 誤飲、口呼吸、歯並び、口内炎、口臭……こどもの口周りの悩みは意外と多いもの。そこで今回は医師監修のもと、口周りのトラブルの原因と対処法を解説した記事をピックアップしました。いざという時のため、長期的な子どもの健康のために、子どもに起こりやすい口周りのトラブルについて備えては。

  • トイレトレーニング(以下、トイトレ)は終わったのに、夜はおねしょが頻繁でまだオムツが手放せない…そんなお悩みはありませんか?そもそも何歳までおねしょをするものなのか、どこに相談していいのかも分かりませんよね。そこで今回は、おねしょと夜尿症の違いや、夜尿症の治療について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 中耳炎は幼児期の子どもがかかりやすい病気のひとつ。子どもが耳を痛がる場合は、もしかしたら中耳炎にかかっているかもしれません。今回は、中耳炎の症状や早期発見のポイント、治療法と予防について解説します。

    金髙清佳(おひさまクリニック)

  • 「男性不妊」「男性の妊活」という言葉が一般的になりましたが、具体的に何から始めればよいのか、病院でどんな検査や治療をおこなうのか不安…という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、厚生労働省の妊活に関わる調査結果、男性不妊の主な原因、病院での検査内容や治療の流れについて解説します。

    杉山力一(杉山産婦人科)

  • WHOが2030年までに15歳以下の女子の接種率を9割まで高めることを新たな目標にし、注目されているHPVワクチン。しかし日本では、副反応に対する不安などから、ワクチン接種を控える保護者も多くいます。そこで今回は子宮頸がんの予防に有効なHPVワクチンの効果と、副反応について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 初めて子どものけいれんを目にした場合、多くの保護者が焦りでパニックに陥るもの。とくに乳幼児に多い熱性けいれんは何故起きるのか、原因と対処法についてご紹介します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ