【皮膚科医監修】水いぼはうつる?かゆい?水いぼの症状や感染、治療に使う薬について

【皮膚科医監修】水いぼはうつる?かゆい?水いぼの症状や感染、治療に使う薬について

子どもに多い夏の肌トラブルのうち、あせもや虫さされなどと並んで、ママたちが耳にする機会が多いのが水いぼです。今回は、水いぼの症状、感染源や感染経路について解説。さらに、水いぼの治し方、自然治癒の期間、かゆいときの対応、免疫との関係性、ヨクイニンや処方薬などについても、専門医に確認しました。

加藤円香(mamaCLINIC 恵比寿mama)

水いぼとは

水いぼとは、伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)といわれる皮膚にできるいぼの一種です。

いぼ一つひとつの大きさはおおよそ2mm~5mmぐらいで、半円ドームのような形をしています。中央が少しへこんでいるのが特徴で、光沢があって内部に水が入っているようにみえることから「水いぼ」と呼ばれるようになったようです。

このいぼの中には白い粘着性の塊があり、 中には、伝染性のウイルスがたくさん入っています。

症状とできやすい部位

子ども後ろ姿
BigAumnaj/Shutterstock.com

水いぼができたことで痛みは生じません。しかし、水いぼは周囲が乾燥して湿疹が起こることが多く、これを軟属腫反応と呼び、かゆみを伴います。

また水いぼをかくことで、さらに広がるという悪循環を自家接種と呼びます。水いぼは、顔や指、腕、脚など全身にできる可能性があり、特に胸部や脇の下、肘の内側などの間擦部分では自家接種により多発する傾向があります。かゆみには個人差があり、全くかゆみを訴えない子もいます。

人から人へ感染拡大する水いぼ

水いぼの中には 、感染源となる伝染性軟属腫ウイルスが含まれています。水いぼをかきこわしたり、つぶしたりすると水いぼのウイルスが飛び散り、それが他の部位や他人の皮膚に付着することで感染していきます。

ウイルスが付着してから新たな水いぼができるまで数週間~数カ月の潜伏期間があるので、「思い当たる節がない」と思っていたのに、できてしまうこともあるようです。

感染しやすいシーンと感染経路

では、実際にどういったシーンで子どもが水いぼウイルスに感染することが多いのでしょうか。シーン別に解説します。

お風呂

お風呂のアヒル
iStock.com/takasuu

お風呂では、知らないうちに水いぼがつぶれウイルスが飛沫することがあります。それがタオルに付着し、タオルを共有することで感染が広がっていきます。

プール

ママの中には、プールの水を介して水いぼが感染するのか気になる人もいるのではないでしょうか。しかし皮膚科の専門医たちの間で、プールの水では水いぼはうつらない、という見解が出ています。水いぼのある人と同じプールに入っただけでは感染することはありません。

プールもお風呂と同じで、知らないうちに水いぼがつぶれて、そのウイルスが飛び散ったり、タオルやビート板などを共有したことが原因で感染源のウイルスに触れてしまうことがあります。

水いぼが子どもに多い理由

同じ環境下や感染源のウイルスに触れても、免疫力の高い大人は、水いぼにかかりづらい傾向にあります。

子どもの皮膚は大人に比べて薄く、肌のバリア機能が弱いです。そのため、乾燥や摩擦などで肌が傷つきやすく、その傷に水いぼのウイルスが付着するとあっという間に感染してしまいます。

なかでもアトピー性皮膚炎や乾燥肌の子どもは、皮膚がよりデリケートでバリア機能が弱いため、何度も水いぼになってしまう傾向にあります。さらに、子どもは大人に比べてウイルスに対し免疫がないことも、水いぼにかかりやすい理由のひとつといえます。また、幼児期は「水いぼはうつるもの」と話しても、忘れてしまうことってありますよね。そのため、友だちの水いぼに触れたりしてうつるケースもあるようです。

痛みはあるの?水いぼの治し方

先生おもちゃ
KPG Payless2/Shutterstock.com

水いぼには、さまざまな治し方があり、なかには多少の痛みをともなう治療法もあります。どの治療を選択するかは、小児科や皮膚科の先生と相談しながら決めるのがいいでしょう。

水いぼの治療法として、よく知られているのが専用のピンセットを使った「摘除」による治療です。摘除では痛みを伴ったり、視覚的に子どもにストレスを与えたりすることがあるため、麻酔テープを使用して施術を行う医療機関もあります。子どもの年齢が低かったり、痛みにあまり強くないタイプの場合には、あらかじめ医師に相談できるとよいですね。

また、保育園や幼稚園、スイミングスクールに通っている場合は、水いぼについての考え方や対処方針、奨励する治し方が決まっているところがあるので、確認をしてから治療をはじめるようにしてください。

自然治癒まで待つという方法も…

個人差がありますが、水いぼ以外に肌トラブルがない子どもであれば6カ月~3年ほどで自然治癒します。

ただし、自然治癒を待っている期間に幼稚園や保育園で感染を広げてしまう可能性があること、アトピー性皮膚炎やデリケートな肌質の子どもの場合、水いぼの範囲や数がどんどん増えていくケースもあります。

ママが自己判断で「このまま様子を見よう」と決めるのではなく、一度、皮膚科を受診して長時間かかっても自然治癒するのを待つのか、他の治療の方法を選択するのがいいのかを医師に相談してください。

水いぼで処方される薬

水いぼの治療では、どういった薬が処方されるのでしょうか。主な処方薬とどういった役割で処方される薬なのかを紹介します。

漢方の薬「ヨクイニン」

ヨクイニンは水いぼには保険適応外ですが、小児科や皮膚科で内服を勧められることがあるでしょう。ヨクイニンは、免疫力を高めて水いぼウイルスの働きを抑制する作用があるといわれています。

中~弱のステロイド剤

アトピー性皮膚炎や乾燥性湿疹を患っている子どもが水いぼを発症したとき、水いぼの周りの湿疹などに対し、中~弱のステロイド剤が処方されることがあります。肌がデリケートな状態のときは、軽い刺激でも肌が傷つき、その傷口から水いぼのウイルスが入り込み新しい水いぼを誘発することがあるためです。

その際ステロイドを、直接水いぼに塗らないように注意しましょう。また「ステロイド剤はクセになるから怖い」と、ママが自己判断で使用を中止するのはNGです。ステロイド剤の使用に不安や疑問がある場合は、処方を受けた医師にいつまで塗布するのか、1回の使用量などを細かく確認してください。

ほかにも、かゆみを抑えるために抗アレルギー剤や、乾燥肌の子どもに保湿剤などが処方されることがあります。薬以外で、かゆみを抑える方法として、どういった対策があるのでしょうか。 

「かゆい」ときの対処法

水いぼは治りかけのときにかゆみが生じやすいようです。特にこの時期はかきこわさないよう注意をしましょう。子どもが無意識に水いぼをかいた手で他の部位や他の人を触ると、あっという間に感染拡大してしまいます。そうならないためには、ポイントをおさえてケアをしてください。

肌を清潔に保つ

肌を清潔に保つことも「かかない」ようにするためのポイントです。肌を汚れたままにしておくと肌に刺激となり、かゆみが生じることがあります。こまめにシャワーを浴びるなど意識できるとよいでしょう

水いぼ部分を覆う

通気性のよい素材のもので水いぼを覆うことによって、無意識のうちにかきこわすことは少なくなるでしょう。

爪を短く切っておく

子ども爪切り
HENADZI PECHAN/Shutterstock.com

万一、水いぼをかいて、水いぼのウイルスが爪の中に入り込み、その手で他の部位をさわることで感染が広がる可能性があります。水いぼのときは、常に爪を常に短くしておくよう心がけてください。

症状や子どもの体質にあう治療の方法を選んで

ママ子どもリラックス
 iStock.com/itakayuki

水いぼとは、主に夏の子どもの肌トラブルで、いぼの一種です。水いぼの内部はウイルスです。水いぼは治りかけのときにかゆがり、子どもがかきこわすことで破け、ウイルスが飛び散って他の部位や他人に感染が広がっていきます。

大人に比べて十分な免疫をまだ持っていない子どもやアトピー性皮膚炎や乾燥肌などの皮膚トラブルがある子どもは、水いぼに感染しやすい傾向にあります。

水いぼの治し方は、病院での処置、自然治癒を待つ方法などがあり、医師の考え方によって勧められる治し方が異なるでしょう。また、水いぼの予防には皮膚を健康な状態に保ち、皮膚バリア機能を守る事が重要です。どの治療の方法がいいかは水いぼの数や状態、子どもの体質や性格などふまえ、かかりつけの皮膚科医と相談して決めましょう。

楽しい夏を過ごすためにも、水いぼかなと思ったら、早めに皮膚科、小児科を受診し、適切なケアをしましょう。

監修:加藤円香(恵比寿mamaクリニック)

No Image

加藤円香(mamaCLINIC 恵比寿mama)

加藤円香の監修記事一覧(バックナンバー)

医療法人社団mamaCLINIC 恵比寿mamaクリニック院長。

4児の子育てをしながら、恵比寿にお母さんと家族のための皮膚科、漢方内科を開院。こどものスキンケアから美容など、小さなことでも相談できる『家族みんなのかかりつけ医』として診察を行なっている。

恵比寿mamaクリニックホームページ

2018年07月06日

専門家のコメント
10
    いちぽ先生 保育士
    体の柔らかい場所に水いぼはできますよね。
    潰れたときの液体からうつるので、園でプールに入る
    なつまる先生 保育士
    わりと自然治癒を待つ人が増えているって聞きました!保育園ではプールに入れなかったりガーゼで
    のんの先生 保育士
    水いぼの存在を知らずかきむしって広がっているお子さんがいらっしゃいました。子供が小さいうち
    せおみ先生 保育士
    水いぼは誰もが必ずかかると言わせています。我が子ももちろんできました。皮膚科で相談したとこ
    まい先生 保育士
    水イボは残念ながらうつります、、
    私も園児からうつってしまい病院で治療しました。
    子供はで
コメントをもっと見る

トラブルの関連記事

  • 男の子を持つママにとって子どもの「おちんちん」の悩みはなかなか相談しづらいもの。しかしネットでは「ムキムキ体操」というキーワードが話題となるなど、多くの方が真剣に考え、悩んでいる問題といえるでしょう。今回は「子どもの包茎」の症状と、治療法について解説します。

    山高篤行(順天堂大学医学部付属順天堂医院 )

  • 妊娠中や産後の痔はなかなか相談しづらく受診が遅れがちですが、実は多くの女性が妊娠・出産による痔に悩んでいます。今回は妊娠・出産でなぜ痔になりやすいのか、原因と対策、治療法について解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 子どもの急な発熱やのどの痛み、もしかしたら「溶連菌感染症」かもしれません。実際に自分の子どもがかかった経験がなければ、詳しい症状などを知らない人も多いのではないでしょうか。「猩紅熱(しょうこうねつ)」ともよばれる、溶連菌感染症の原因と症状、特に流行しやすい時期、検査方法、注意したい合併症、治療方法や家庭でできる対応、登園目安や予防法などを医師に伺いました。

    眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

  • 保育園や幼稚園で冬場に集団流行しやすい病気のひとつ「おたふく風邪」は就学前の子どもがかかりやすい病気のひとつ。今回はおたふく風邪の流行時期や症状、そしてワクチンの重要性とホームケアや登園許可、予防法などについてご紹介します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 非常に強い感染力を持ち、空気、飛沫、接触など、人から人へとうつっていく麻疹(はしか)ウイルス。免疫を持っていなければ発症率はほぼ100%といわれています。今回は麻疹(はしか)と、混同されがちな風疹の症状や原因、感染経路や予防方法などについて解説します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 家庭内で過ごす時間が増えた今、子どもの猫背が気になることはありませんか。猫背は子どもの体にどのような影響を及ぼすのでしょう。今回の記事では、子どもの猫背で起こる影響や受診の目安、家庭でできる対処法について解説します。

    千葉直樹(上高田ちば整形外科・小児科)

  • 誤飲、口呼吸、歯並び、口内炎、口臭……こどもの口周りの悩みは意外と多いもの。そこで今回は医師監修のもと、口周りのトラブルの原因と対処法を解説した記事をピックアップしました。いざという時のため、長期的な子どもの健康のために、子どもに起こりやすい口周りのトラブルについて備えては。

  • トイレトレーニング(以下、トイトレ)は終わったのに、夜はおねしょが頻繁でまだオムツが手放せない…そんなお悩みはありませんか?そもそも何歳までおねしょをするものなのか、どこに相談していいのかも分かりませんよね。そこで今回は、おねしょと夜尿症の違いや、夜尿症の治療について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 中耳炎は幼児期の子どもがかかりやすい病気のひとつ。子どもが耳を痛がる場合は、もしかしたら中耳炎にかかっているかもしれません。今回は、中耳炎の症状や早期発見のポイント、治療法と予防について解説します。

    金髙清佳(おひさまクリニック)

  • 「男性不妊」「男性の妊活」という言葉が一般的になりましたが、具体的に何から始めればよいのか、病院でどんな検査や治療をおこなうのか不安…という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、厚生労働省の妊活に関わる調査結果、男性不妊の主な原因、病院での検査内容や治療の流れについて解説します。

    杉山力一(杉山産婦人科)

  • WHOが2030年までに15歳以下の女子の接種率を9割まで高めることを新たな目標にし、注目されているHPVワクチン。しかし日本では、副反応に対する不安などから、ワクチン接種を控える保護者も多くいます。そこで今回は子宮頸がんの予防に有効なHPVワクチンの効果と、副反応について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 初めて子どものけいれんを目にした場合、多くの保護者が焦りでパニックに陥るもの。とくに乳幼児に多い熱性けいれんは何故起きるのか、原因と対処法についてご紹介します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

カテゴリ一覧