【取材】多様な働き方を堂々と語れる「豊富な幸せの尺度」をもった社会とは

【取材】多様な働き方を堂々と語れる「豊富な幸せの尺度」をもった社会とは

地域コミュニティに緩やかなつながりをつくろうと「ANYTIMES」を起業した角田さんのインタビュー前編につづき、後編では起業のもうひとつのきっかけとなった「働き方」について、代表として働く角田さんの仕事への向き合い方と併せてご紹介します。

転職で感じた社会の固定観念

大学卒業後に勤めた民間企業で超高齢化社会の実情を目の当たりにし、希薄化した地域コミュニティを解決したいと考えた角田さんですが、このほかにも日本が抱える課題を感じていたようです。

iStock.com/AH86

「私は一度転職をしているのですが、そのときに働き方に対する固定観念や、社会の枠にとらわれた考え方に疑問を抱きました。

私が就職した当初はまだ『大手企業ブランド』『ひとつの会社に定年まで勤めあげる』といった考え方が根付いていて、私の転職を『道を誤った』とまで捉える方もいました。私としてはポジティブな転職だったので、社会の固定観念を実感した出来事でしたね」

多様な働き方を堂々と語れる社会に

1社に勤め続けることが正しいとされたり、転職回数がマイナス要因になりうる社会に疑問を抱く角田さんは、社会をどのように変えていきたいと考えたのでしょうか。

「転職での周りの反応をきっかけに『豊富な幸せの尺度をもった社会の実現』を考えるようになりました。個々人それぞれが『豊富な幸せの尺度』をもち、多様な生き方や働き方を選べ、それを堂々と語れる社会へと変えていきたい思いが、今の事業へとつながっています」

政府が「働き方改革」を進めることで、ゆっくりであっても着実に社会の流れは変わろうとしているようです。今まで注目されなかった問題点に多くの人が目を向けるようになったことで、働き方の多様性も広がり始めていると角田さんは考えています。

「今は働き方改革が進められ、固定観念も柔軟になりつつあります。副業を許可している大手企業も増え、『ANYTIMES』に副業として参加している方も増えてきました。ただ、会社が認めていても『私は副業をしています』と堂々とは言えない、言いたくないという声があるのも現実です。

今、世の中は変わろうとしているので、この部分も今後より進められていくと思います」

10年後の日本社会、どう見ている?

シェアリングエコノミー協会の理事も務める角田さんは、10年後の日本の社会はどのように変わるとみているのでしょうか。

iStock.com/monzenmachi

「多様な働き方が広がり、兼業で働く方が増えるのではと考えています。そうなると、産休中や育休中もリモートワークなどで柔軟な働き方ができるようになりますよね。子育て中の女性も今よりさらに働きやすく、育児と仕事を両立しやすい社会になるのではないでしょうか」

起業したり業務委託やフリーランスでの働き方が主軸となると、企業の形態も変わり、個人に求められる能力も変わってくる、と角田さんは考えています。

「今の労働集約型の企業形態は少しずつ減少すると考えています。それにともない、多様な働き方を支えるプラットフォームも増えるのではないでしょうか。シェアリングエコノミー協会はそのひとつとして、スキルやスペースのマッチングなどさまざまなニーズを集め、今よりさらに個人事業主として働く人々を支える場となっていくと思います。

多様な働き方ができる社会を作る側に立ち、個人に必要とされるスキルなどもサポートしていきたいですね」

失敗は経験になる。踏み出すことが一番のリスク回避

スキルのシェアリングサービスとして新たな雇用を創出している「ANYTIMES」ですが、起業時に不安などを感じることはなかったのでしょうか。

「私の場合はやりたいことが固まっていたので、起業時に踏み出さない選択肢はありませんでした。逆に将来やりたいことからかけ離れていると焦りを感じていたので、当時の勤務を続けたほうが自分にとってリスクだと考えていました。もしかしたら失敗するかもしれないけど、失敗は経験になりますよね」

行動してみないと結果はわかならい、と語る角田さんにとって、失敗は成長し目標に近づくチャンスであるようです。最後に、角田さん自身の働き方に対する考えついて伺いました。

「私にとって仕事は、プライベートの要素のひとつとして存在しています。仕事をネガティブなものと捉えると線引きをして切り替える必要がありますが、私にとって『ANYTIMES』の仕事は好きなことであり人生のビジョンでもあります。私が感じた問題を解決するための手段であり、日常の様々なちょっとした事が仕事につながってきます。

生活のなかで気づいたことを仕事に活かせると、プライベートにもよい刺激と影響を与えてくれます。楽しく働ける状態というのは『プライベートを構成する要素の一つに仕事がある』と考えられることだと思っています」

緩やかなつながりをもち、自分らしく働く生き方を

今回、角田さんのお話を伺ったことで、「超高齢化社会」や変化する社会の流れについて改めて考えると同時に、日本が抱える問題と変化する社会のなかで自分はどのように働き、どのような生き方を選択してくのかを考える機会になりました。

iStock.com/Masao

日本の社会が変わるということは、子どもたちが将来活躍する社会が変わるということ。その将来が角田さんのいう「豊富な幸せの尺度をもった社会」であれば、子どもたちは今の私たちよりももっと充足感のある働き方ができ、人々との緩やかなつながりを楽しみながら毎日を過ごせるのかもしれません。

将来子どもたちが自分らしい生き方を選択できるように、私たち大人が見本となって、自分らしく働くこと、生きることを考えていけるとよいですね。

角田千佳 プロフィール

慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、新卒で野村證券に入社。その後IT企業を経て、 2013年に株式会社エニタイムズを創業。 同年末に、スキルシェアリングサービス「ANYTIMES」をリリース。株式会社エニタイムズの代表取締役のほか、一般社団法人シェアリングエコノミー協会の理事も務める。

2018年06月14日

専門家のコメント
1
    いちぽ先生 保育士
    今は転職に対する意識が変わってきましたよね、よりよい環境を求めて転職する。
    周りでも転職したことある人が増えてきましたよね。
    自分に合った働き方を見つけられるといいですよね。
おすすめユーザーのコメント
1
    A
    もっと多様な働き方を堂々と語れる社会になったらいいですね

取材レポートの関連記事

  • 2020年の教育改革を間近に迎え、新時代を生きるこれからの子どもたち。親である私たちが受けてきた教育があたりまえでなくなるこの時代、子どもに合った最適な教育とは何なのか?この連載では、従来の評価軸では計ることのできない独自の視点で子どもの能力を伸ばす、新しい「学びのカタチ」について紹介していく。第4回では、地方と都市を結ぶ新しい学校のかたちを提案する「デュアルスクール」について、東京と徳島のふたつの拠点から話を聞いた。

    <連載企画>学びのカタチ

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』の著者、ブレイディみかこさんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、宗教学者の中村圭志さんに話を聞いた。

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、産婦人科医、性科学者であり2児の母でもある宋美玄先生に話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • 個人差があるママの体において、自分にとってのベストな選択はさまざま。助言や迷信を鵜呑みにしたり、「やらなければ」という強迫観念で自己判断のケアをしていないでしょうか?この連載では、専門家を通してママが自分自身の体と向き合うためのガイドとなる正しい知識を発信していきます。第5回は、母乳育児について、日本赤十字社医療センター 産科の笠井靖代先生に聞きました。

    <連載企画>ママの体と向き合う

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、オランダに住む国際カップル、金由梨さんとベネッサさんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、セクシュアルマイノリティの当事者としてさまざまな活動を行う杉山文野さんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、2019年4月に行われた東京大学の入学式祝辞で大きな注目を集めた社会学者、上野千鶴子さんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • 個人差があるママの体において、自分にとってのベストな選択はさまざま。助言や迷信を鵜呑みにしたり、「やらなければ」という強迫観念で自己判断のケアをしていないでしょうか?この連載では、専門家を通してママが自分自身の体と向き合うためのガイドとなる正しい知識を発信していきます。第4回は、産後なかなか戻らないぽっこりお腹にどうアプローチすべきか、川崎協同病院 婦人科産後骨盤トラブル外来の内山美紀さんに聞きました。

    <連載企画>ママの体と向き合う

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、小学校教諭として、独自の性教育を実践する星野俊樹さんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • 個人差があるママの体において、自分にとってのベストな選択はさまざま。助言や迷信を鵜呑みにしたり、「やらなければ」という強迫観念で自己判断のケアをしていないでしょうか?この連載では、専門家を通してママが自分自身の体と向き合うためのガイドとなる正しい知識を発信していきます。第3回は、妊娠中や産後のママを悩ませる尿漏れについて、川崎協同病院 婦人科 産後骨盤トラブル外来の藤島淑子先生に話を聞きました。

    <連載企画>ママの体と向き合う

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、性の健康に関する啓発活動を行うNPO法人ピルコンの染矢明日香さんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

カテゴリ一覧