体操界のレジェンド・内村航平が“工夫しながら継続すること”の大切さを伝える『やり続ける力 天才じゃない僕が夢をつかむプロセス30』2023年2月2日(木)発売予定!

体操界のレジェンド・内村航平が“工夫しながら継続すること”の大切さを伝える『やり続ける力 天才じゃない僕が夢をつかむプロセス30』2023年2月2日(木)発売予定!

キングは「天才」など認めない、いつも大切なのは「本当の努力」

プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:夏野剛)は、体操競技で五輪2連覇・国内外40連勝という記録を残し、今年競技を引退した内村航平さんによるノンフィクション『やり続ける力 天才じゃない僕が夢をつかむプロセス30』の発売を2023年2月2日(木)に予定しています。
本書は、内村さんが自身の戦略的思考、コンディショニング、チームマネジメント論などを伝える内容となっています。
内村航平さん
著者の内村航平さんは長崎県出身。高校進学の際に上京し、2008年北京五輪個人総合銀メダル、12年ロンドン五輪、16年リオ五輪個人総合金メダルを獲得、国内外の個人総合で40連勝の記録を持つ体操選手であり、「キング」の愛称で世界的に知られています。
16年に国内初のプロ体操選手となり、21年東京五輪出場を経て、22年3月に現役生活を引退しました。
現在は、講演やイベントプロデュースを通じて体操競技の普及活動に取り組んでいます。

今回の単著『やり続ける力 天才じゃない僕が夢をつかむプロセス30』は、内村さんが幼少から現在を振り返りながら、夢や目標に向かって継続することの大切さを伝える自己啓発エッセイです。
「天才なんて言葉はない方がいい。自分だって好きなことを突き詰めすぎただけなんです」と語る内村さんは、幼少期に初めて出場した大会で最下位。基本練習を徹底し、日本代表、そして世界を代表する体操選手に成長していく過程で得た努力の方法論や思考プロセスを提示します。多くのビジネスパーソン、スポーツに親しむ方、そして子供の教育に関わる方にとって役立つ内容です。
詳細はこちら

2022年12月27日

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧