運動能力は遺伝ではなく経験!幼少年期の“遊び”で運動能力は伸びる 『るるぶKids こどもの運動能力がぐんぐん伸びる公園 京阪神版』好評の東京版に続き、京阪神版も発売

運動能力は遺伝ではなく経験!幼少年期の“遊び”で運動能力は伸びる 『るるぶKids こどもの運動能力がぐんぐん伸びる公園 京阪神版』好評の東京版に続き、京阪神版も発売

プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
JTBグループで旅行・ライフスタイル情報を提供する株式会社JTBパブリッシング(東京都新宿区、代表取締役 社長執行役員:盛崎宏之)は、『るるぶKids こどもの運動能力がぐんぐん伸びる公園 京阪神版』を、2022年10月11日(火)に発売します。
るるぶKids こどもの運動能力がぐんぐん伸びる公園 京阪神版
<本件に関するプレスリリースPDF>
https://prtimes.jp/a/?f=d24732-20221005-f633d2e71942d707b0402759c75448da.pdf

■運動能力は、遺伝よりも幼少年期の遊びで育つ
子どもの運動神経≒運動能力は生まれつきではありません。遺伝よりも、幼少年期にどれだけたくさんの動作を経験しているかが「運動が得意な子」に育つことにつながります。そして、特定の習い事や訓練をしなくても、公園で自由に遊ぶことで運動能力はぐんぐん伸びるのです。

スポーツ庁が実施した「体力・運動能力調査」(令和2年)の「就学前の外遊びの実施状況別体格測定・テストの結果」でも、就学前に外遊びをしていた頻度が高い子どもは、男女ともに10歳(小学5年生)の合計点が高い傾向にあります。
詳細はこちら

2022年10月22日

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧