アーティスト・クリエーターとともに、「産む」にまつわる価値観を問い直す全4回のプログラムの参加者を募集!

アーティスト・クリエーターとともに、「産む」にまつわる価値観を問い直す全4回のプログラムの参加者を募集!

不妊治療や特別養子縁組などを含む「産む」にまつわる価値観と選択肢をテーマに、当事者とアーティスト・クリエーターと一緒に協業する、プログラム参加者を募集。(応募〆:2022/08/20)

プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
不妊治療や特別養子縁組などの当事者、アーティスト・クリエーターと一緒に協業し 、9月〜11月で開催の全4回にわたるプログラムの参加者を募集。美術作家:碓井ゆい / 建築コレクティブ:GROUP / デザイナーアーティストデュオ:TAK STUDIO / プロダクトデザインスタジオ:ふしぎデザイン 等、各分野で活躍している新進気鋭のアーティスト・クリエーターが参加。
産む
一般社団法人公共とデザイン(本社:東京都渋谷区、共同代表:石塚理華・川地真史・富樫重太)では、不妊治療や特別の養子縁組などを含む「産む」にまつわる価値観を問い直すプロジェクトを行っています。

今回のプロジェクトは、不妊治療や養子縁組などを通じて「産む」に向き合った経験をもつ当事者の方々と協働しながら「産むことの社会的イメージ」「存在するさまざまな選択肢」を問い直し、産むにまつわる重圧・悩みを固定化する社会に向けて提示することで、ひとりひとりが各々の「産む」にまつわる物語の向き直しを目指しています

本プロジェクトでは不妊治療・養子縁組の当事者の方々や、生殖を専門とする医師や看護師などテーマにまつわる事業を推進されているNPO・専門家の方々へのヒアリングを経て得られた発見をふまえ、これからの「産む」について考え直す作品へつなげます。

現在、リサーチ段階を終えてこれから制作へと入っていくフェーズです。今回の募集では「制作フェーズ」へ参加いただき、各分野で活躍されているアーティスト・クリエーターとともに「産む」にまつわるテーマについて深く向き合い、考えてくれる方を募集しています。
詳細はこちら

2022年08月11日

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧