記録的な猛暑の影響か?6月生まれは「夏」ネームが急増!男女の性差を感じさせない「ジェンダーレスネーム」が人気2022年『6月生まれベビーの名づけトレンド』発表!

記録的な猛暑の影響か?6月生まれは「夏」ネームが急増!男女の性差を感じさせない「ジェンダーレスネーム」が人気2022年『6月生まれベビーの名づけトレンド』発表!

女子は「葵」を用いた名前が1位!男子は「たいが」が人気、そのワケとは?

プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
専門家から直接アドバイスを受けられる日本最大※の育児支援サイトを運営する株式会社ベビーカレンダー(旧社名:株式会社クックパッドベビー、本社:東京都渋谷区、代表取締役:安田啓司、以下「ベビーカレンダー」)は、赤ちゃんの名前ランキングを毎月調査・発表しています。
今回は、2022年6月生まれのお子さん10,150名を対象に調査した『6月生まれベビーの名づけトレンド』を発表します。
※2021年11月時点において各メディア(当社選定競合サイト4社)が発表している月間PV数(当社調べ)において

■TOPIC
6月生まれの女の子は「葵」を用いた名前が同率1位に!猛暑の影響か?「夏」を用いた名前が増加していた!
男の子は「ジェンダーレス」な名前が人気!2022年に人気が急上昇した「たいが」、人気のワケは?

<6月生まれ女の子の名前・漢字・よみランキング>
<6月生まれ女の子の名前・漢字・よみランキング>
■名前ランキング/6月にぴったりの「葵」を用いた名前2つが同率1位

6月生まれの女の子の名前ランキング1位は「葵(あおい)」・「陽葵(ひまり)」でした。どちらも「葵」という漢字を使用しており、「葵」という名前は5月の20位から大きく順位を上げ、6月に1位となりました。「葵」とはアオイ科の植物を指します。なかでも6月ごろに美しい花を咲かせる「立葵(たちあおい)」は「つゆあおい」とも呼ばれ、陰暦6月の異称を「葵月」ということからも、6月生まれにぴったりです。

葵は様々な色や形 の花が咲くことから、「個性を大切に、美しく育ってほしい」という親御さんの願いも感じられます。
詳細はこちら

2022年08月03日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧