赤ちゃんが成長しても“ずーっと押しやすい”ベビーカー「Runfee(ランフィ)RB2」が新登場!

赤ちゃんが成長しても“ずーっと押しやすい”ベビーカー「Runfee(ランフィ)RB2」が新登場!

プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
ピジョン株式会社 (本社:東京、社長:北澤 憲政)は、赤ちゃんとの毎日がもっと楽しくここちよくなるベビーカー「Runfee(ランフィ)」シリーズから、シングルタイヤにピジョン独自の機能を加えた「スイスイテック」搭載のシングルタイヤを採用し、赤ちゃんが成長しても“ずーっと押しやすい”両対面式ベビーカー「Runfee RB2」を、2022年3月4日(金)より全国のベビー用品専門店などで販売を開始します。
Runfee
A形ベビーカーの使用期間は長期にわたります。使用期間の約3年間で赤ちゃんの身長は生まれた時の約2倍、体は約5倍へと大きく成長していきます。しかし、当社が2022年1月に実施したインタビューでは「新生児から使えるかどうかは気にしていたが、大きくなった時のことまでは考えていなかった」等のコメントがあり、A形ベビーカーを選ぶ時には、首座り前の生後1ヵ月~生後3ヵ月頃の赤ちゃんの姿を想像して選ぶ傾向が高く、一方で、成長につれ身体が大きくなり、体重が増えた赤ちゃんの姿を想像してベビーカーを選ぶ傾向は低いことが伺えました。

今回発売する「Runfee RB2」は、シートへ新たに搭載した機能「形状キープシート」と「フットレストクッション」により、赤ちゃんの身体が大きくなっても、ゆったりとした快適な乗りごこちが続きます。さらに、「スイスイテック搭載」のシングルタイヤを採用し、赤ちゃんの体重が増えても“ずーっと押しやすい”を叶えています。

 当社は、赤ちゃんが成長した時のことも想像して、“ずーっと押しやすい”を視点にベビーカーを選ぶことで、赤ちゃんと家族の楽しいお出かけがずーっと続くことを願っています。
詳細はこちら

2022年02月20日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧