光文社から世界的人気イラストレーターによる絶滅危惧動物図鑑が発売中

光文社から世界的人気イラストレーターによる絶滅危惧動物図鑑が発売中

「大人のための塗り絵」で人気を博したアーティスト、ミリー・マロッタ氏が、これからの地球環境をになう子どもたちのために個性豊かな動物たち43種のイラストを描きおろし、驚くべき生態について解説。動物たちの分布地図や最新の詳しいデータも収録

「光文社」から、世界的にも著名な英国人アーティスト、ミリー・マロッタ氏による子ども向けのイラスト動物図鑑「消えゆく動物たちを救え 子どものための絶滅危惧種ガイド」が発売中。

日本版のカバー・表紙は、オリジナルの英国版や米国版とは異なり、特別に日本でも大人気の眼光鋭いハシビロコウを採用している。
消えゆく動物たちを救え 子どものための絶滅危惧種ガイド 3,520円(税込)
消えゆく動物たちを救え 子どものための絶滅危惧種ガイド 3,520円(税込)
砂漠に暮らすゴビヒグマ、ウロコのある哺乳類ミミセンザンコウ、ドラゴンの子どものようなホライモリ、驚くほど小型化が進むトナカイなど個性的な野生動物たちの多くが、絶滅の危機に瀕している昨今。

この本では、「大人のための塗り絵」で世界的に人気を博したミリー氏が、これからの地球環境をになう子どもたちのために個性豊かな動物たち43種のイラストを描きおろし、驚くべき生態について解説。
消えゆく動物たちを救え
消えゆく動物たちを救え
消えゆく動物たちを救え
消えゆく動物たちを救え
また、取り上げた動物たちの、分布地図や最新の詳しいデータも巻末に収録。

さらに、小学校3年生以上で習う漢字にはルビが振ってあるため、子どもたちへのクリスマス・プレゼントにも最適だ。

これからの未来をになう子どもたちのための絶滅危惧種ガイド。この機会にぜひ、チェックしてみては。

消えゆく動物たちを救え 子どものための絶滅危惧種ガイド
原題/A Wild Child's Guide to Endangered Animals
著者/ミリー・マロッタ
訳/鈴木素子
光文社刊 3,520円(税込)

問い合わせ先/光文社
tel.03-5395-8162
http://www.kobunsha.com/

2021年12月09日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧