日本初、SDGsに貢献するクリスマスリース専門店が神戸にオープン

日本初、SDGsに貢献するクリスマスリース専門店が神戸にオープン

創業以来15年間、お花の廃棄率をゼロを実現してきたからこそ提案できる、世界にひとつだけのクリスマスリース

「GROUND」が、オーダーメイドで作る世界で1つだけのクリスマスリース専門店を11月15日(月)、神戸市にオープン。

SDGsの17の目標の「12.つくる責任 つかう責任」を実現する、完全予約制のプライベートフラワーサロンとなる。
GROUND Private Flower Salon
今年もコロナの影響により、自宅で働くスタイルに移行した方もいるだろう。家族と過ごす時間が増え、その大切さを感じるとともに、今年を締めくくる12月のおうち時間をどのように楽しく過ごそうかと考える方も多いかもしれない。

「シンボルツリー」という言葉があるように、家族の象徴ともいえる樹を庭に植える家庭がある。家族の絆を深めるために、身近でこのように家族の象徴ともいえるお花を提案できないかと考えたとき、ぴったりだと感じたのが「フラワーリース」だったそう。

丸く弧を描くフラワーリースは、その始まりと終わりがない形から「永遠」と称され、一周回って「戻ってくる」と意味づけられる、縁起のよい素敵な贈り物だ。

このサロンでは、「GROUND」のフラワーデザイナーがゲストと打ち合わせをし、家族が思い描く世界でたったひとつのクリスマスリースを作り上げる。
GROUND Private Flower Salon
また、一般的な花屋のフラワーロスが30~60%といわれる中、「GROUND」では開業から15年間フラワーロス0を達成。

クリスマスリースは、SDGsの17の目標の「12.つくる責任 つかう責任」の観点から、お花を長く楽しめるよう、枯れることのないプリザーブドフラワーで作製する。
GROUND Private Flower Salon
必要なお花だけを使って作る、オーダーメイドのクリスマスリース。ぜひチェックをしてみては。
GROUND Private Flower Salon
住所/兵庫県神戸市中央区旭通1-1-1 サンピア2F2072
※完全予約制のため、まずは電話で要予約
tel.078-414-7836(受付時間 10:00~15:00 ※土日祝を除く)
https://www.ground.ne.jp/

2021年10月18日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧