【調査】打つ?打たない?保護者の声は。5~11歳にもワクチン有効との報道

【調査】打つ?打たない?保護者の声は。5~11歳にもワクチン有効との報道

新型コロナウイルスのワクチンについて、5~11歳の接種についても安全性と有効性が確認できたという臨床試験結果が報道され話題となっている。接種対象年齢が拡大となった場合、保護者たちはどのような判断をするのか。また、子どものワクチン接種について、期待や課題について声を集めた。

5~11歳のワクチン接種の有効性、安全性が期待できるとの報道

新型コロナウイルスのワクチンについて、米ファイザー社と共同開発した独ビオンテック社は、5~11歳の接種についても、安全性と有効性が確認できたという臨床試験結果を発表したことが報道された。

今後、日本国内の接種対象年齢の拡大も予想される。

日本での新型コロナワクチン接種については、接種開始以降、予約についてのトラブルや、副反応の体験談、ワクチンパスポートへの期待の声など、連日さまざまな話題が取り沙汰されている。

首相官邸の発表によると、日本の新型コロナワクチンの接種状況は2021年9月21日時点で1回接種が66.5%、2回接種が54.4%。

子どものワクチン接種について、保護者たちはどのように考えているのか。アンケートを実施した。

出典:「新型コロナウイルスについて」(内閣官房内閣広報室)

現段階では「接種させない」が上回る。その理由は

Q1. 5歳~11歳の新型コロナワクチン接種が国内で認められた場合、子どもに接種をさせたいですか?

はい:118名

いいえ:379名 

(回答数:497名)

「はい」と回答した保護者の声
1歳児の母
集団生活をしている以上感染症予防はすべき
1歳児の母
ワクチン摂取をした時の副反応とコロナに感染した場合の影響を考えた時に、感染した時の方が影響が大きいと考えているから
「はい」と回答した保護者は、新型コロナ感染による後遺症へ懸念から、接種させたいとの意見が複数見られた。
「いいえ」と回答した保護者の声
3歳児と1歳児の母
親の私たちが接種を済ませているので今出来うる感染症対策をとって家庭内感染の可能性を限りなく低くして防御したい
6歳児と3歳児の母
どんな副反応があるか分からないので心配
「いいえ」と回答した保護者は副反応への懸念や、子どもの重症化例が少ない中での接種の必要性についての疑問の声が挙げられた。

Q2.ご自身はワクチン接種済み(1回or2回)ですか?

はい:340人

いいえ:247人 

(回答数:587名)

「副反応は?」「接種によって1日でも早く日常生活に」それぞれの声

Q3.今後、ワクチン接種対象年齢の拡大などが進んでいく場合、政府や行政、報道機関に望むことは何ですか?

1歳児の母
まずは大人の接種の浸透が先だと思う。特に、子どもと接する保育士や教師への優先接種完了は課題
5歳児の父
自分自身の接種時に副反応がひどかったので、子どもの副反応について、大人との違いなどを報道等で知りたい
10歳、7歳、5歳児の母
学校行事など少しでも早く普通の生活を送らせてあげたいし、感染しても重篤化しないためにも打たせたい。ただ、任意の場合、学校、クラス単位でどの程度の割合まで接種が進むのかなという点は懸念
8歳と1歳児の父
この時期の子どもは成長の度合いにばらつきがあるため、年齢で機械的に区切って安全なのかという心配はある
5歳児の母
ワクチンを打つ、打たないでいじめや差別につながらないことを願います。子ども当人よりも保護者の意向が強い気がするので
といった声が挙げられた。

日々新しい情報が更新されていく、新型コロナ及び、新型コロナワクチン。
子どもたちがマスクをなしで、笑顔で生活を送れる日のために、保護者も政府の発表や報道を受け、判断していくことが必要だろう。


【調査概要】
・対象:保護者に向けてアンケート調査を実施
・調査期間:2021年9月21日


<執筆>KIDSNA編集部

2021年09月21日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧