子どものための屋内広場PLAY! PARKにプチプチ®製の遊具が登場

子どものための屋内広場PLAY! PARKにプチプチ®製の遊具が登場

プチプチ®を重ねたり丸めたりすることで出来上がった、自ら遊び方を考え、自由に遊ぶことができる全く新しい遊具

東京・立川にある「PLAY! PARK(プレイパーク)」のメインエリア〈大きなお皿〉に、「プチプチ®」(気泡緩衝材)でできたたくさんの遊びが登場。
Let's! PLAY! PUTIPUTI!
昨年、立川北口の新街区「GREEN SPRINGS」内にオープンした複合文化施設「PLAY!」。子どものための屋内広場「PLAY! PARK」は、子どもたちが自由な発想で遊べる「ありそうでなかった」遊び場だ。

場内には7つのエリアがあり、白くて柔らかいお椀型の〈大きなお皿〉や〈ファクトリー〉などで、ここでしかできない身体を使った遊びやワークショップを楽しむことが可能。既存の遊具や玩具は設置せず、建築家やクリエイターと共同で遊具やワークショップを開発している。

今回の「プチプチ®」でできた遊具「Let's! PLAY! PUTIPUTI!」は、アートや建築など、ジャンルを超えて活躍するファッションデザイナー・津村耕佑氏が監修。

有志で集まった「Let's! PLAY! PUTIPUTI!」プロジェクトの学生により、2カ月かけて制作を行い、生活の中でものを包んで守るプチプチ®を重ねたり丸めたりすることで、全く新しい遊具が出来上がった。
まっすぐプチプチ
まっすぐプチプチ
子どもたちは、天井からぶら下がる「ひらひらプチプチ」や「ぐねぐねプチプチ」の中に入って揺れたり、「まっすぐプチプチ」にしがみついたり。「ぐるぐるプチプチ」を投げたり転がしたりなど、自ら遊び方を考え、自由に遊ぶことができる。

また、3歳未満の子どもが安全に遊べるよう、〈小さなお皿〉(直径7m)には小さな「ひらひらプチプチ」も用意。

なお、〈大きなお皿〉の大型遊具は定期的に入れ替えを行い、「Let's! PLAY! PUTIPUTI!」は、来年3月末まで設置予定となっている。
ぐるぐるプチプチ
ぐるぐるプチプチ
子どもの想像力が解放される、身近な素材を使った大型遊具。この機会にぜひ、「PLAY! PARK」でしか体験できない遊びを家族で楽しんでみては。
PLAY! PARK
住所/東京都立川市緑町3-1 GREEN SPRINGS W3
開館時間/
平日 10:00~17:00(入場は16:00まで)
休日 10:00~18:00(入場は17:00まで)
※2021年9月18日(土)~26日(日)は曜日を問わず休日扱い
tel.042-518-9627
https://play2020.jp/park/

2021年09月21日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧