子どものための屋内広場PLAY! PARKにプチプチ®製の遊具が登場

子どものための屋内広場PLAY! PARKにプチプチ®製の遊具が登場

プチプチ®を重ねたり丸めたりすることで出来上がった、自ら遊び方を考え、自由に遊ぶことができる全く新しい遊具

東京・立川にある「PLAY! PARK(プレイパーク)」のメインエリア〈大きなお皿〉に、「プチプチ®」(気泡緩衝材)でできたたくさんの遊びが登場。
Let's! PLAY! PUTIPUTI!
昨年、立川北口の新街区「GREEN SPRINGS」内にオープンした複合文化施設「PLAY!」。子どものための屋内広場「PLAY! PARK」は、子どもたちが自由な発想で遊べる「ありそうでなかった」遊び場だ。

場内には7つのエリアがあり、白くて柔らかいお椀型の〈大きなお皿〉や〈ファクトリー〉などで、ここでしかできない身体を使った遊びやワークショップを楽しむことが可能。既存の遊具や玩具は設置せず、建築家やクリエイターと共同で遊具やワークショップを開発している。

今回の「プチプチ®」でできた遊具「Let's! PLAY! PUTIPUTI!」は、アートや建築など、ジャンルを超えて活躍するファッションデザイナー・津村耕佑氏が監修。

有志で集まった「Let's! PLAY! PUTIPUTI!」プロジェクトの学生により、2カ月かけて制作を行い、生活の中でものを包んで守るプチプチ®を重ねたり丸めたりすることで、全く新しい遊具が出来上がった。
まっすぐプチプチ
まっすぐプチプチ
子どもたちは、天井からぶら下がる「ひらひらプチプチ」や「ぐねぐねプチプチ」の中に入って揺れたり、「まっすぐプチプチ」にしがみついたり。「ぐるぐるプチプチ」を投げたり転がしたりなど、自ら遊び方を考え、自由に遊ぶことができる。

また、3歳未満の子どもが安全に遊べるよう、〈小さなお皿〉(直径7m)には小さな「ひらひらプチプチ」も用意。

なお、〈大きなお皿〉の大型遊具は定期的に入れ替えを行い、「Let's! PLAY! PUTIPUTI!」は、来年3月末まで設置予定となっている。
ぐるぐるプチプチ
ぐるぐるプチプチ
子どもの想像力が解放される、身近な素材を使った大型遊具。この機会にぜひ、「PLAY! PARK」でしか体験できない遊びを家族で楽しんでみては。
PLAY! PARK
住所/東京都立川市緑町3-1 GREEN SPRINGS W3
開館時間/
平日 10:00~17:00(入場は16:00まで)
休日 10:00~18:00(入場は17:00まで)
※2021年9月18日(土)~26日(日)は曜日を問わず休日扱い
tel.042-518-9627
https://play2020.jp/park/

2021年09月21日

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧