ユニセフが「子どもに対する暴力撲滅行動計画」の意見募集結果を公開

ユニセフが「子どもに対する暴力撲滅行動計画」の意見募集結果を公開

経験した暴力のほか、暴力をなくすために大人にしてほしいこと、子どもたち自身でできることについて、6~19歳の子どもたちが詳しく回答。周囲の大人や既存の相談窓口等で拾いきれていない、多くの子どもたちの思いが示される結果に

「ヤフー」と「日本ユニセフ協会」が2019年に募集した、子どもたちの意見を踏まえた「子どもに対する暴力撲滅行動計画」を、政府が公表。
参考:https://www.unicef.or.jp/news/2021/0160.html

意見の募集は、6~19歳の子どもを対象に、2019年8月28日~10月7日の期間「Yahoo!きっず特設ページ(「聞かせてほしい、きみの声」)」および、「日本ユニセフ協会」ホームページよりリンクするウェブフォームにて行われた。

(下記、※1ホームページより引用)
--------------------------------------------------------------------------------
すべての回答者を対象に、自分または周りの人が暴力によって傷つけられたらどうするか等を尋ねた結果は、図4~6の通りであった(いずれも複数回答あり)。

自由記述形式で、暴力をなくすために大人にしてほしいこと、子どもたち自身にできることを尋ねたところ、それぞれ有効回答の8割以上で記載があった。「怖いという気持ちが書けることを知ってうれしい」という声に代表されるように、周囲の大人や既存の相談窓口等で拾いきれていない多くの子どもたちの思いが示された。

図4
図56
--------------------------------------------------------------------------------
※1 主要なものと考えられる意見を分類してまとめたもの(抜粋、最低限の編集を加えた)などの詳細は、「子どもに対する暴力撲滅行動計画 子どもパブコメ 結果詳細(別紙)」を参照https://www.unicef.or.jp/endviolence/kodomo_comment/summary/

たくさんの子どもたちの切実な想いや、大人に対する気持ちを聞くことができた今回のパブコメ。回答結果を受け、大人が子どもたちを暴力から守るためにできることについて、今一度考えてみては。


子どもに対する暴力撲滅行動計画 子どもパブコメ 結果詳細
実施期間/2019年8月28日~10月7日
実施者/ヤフー株式会社、日本ユニセフ協会
実施方法 /Yahoo!きっず特設ページ(「聞かせてほしい、きみの声」)及び日本ユニセフ協会ホームページよりリンクするウェブフォームにて意見募集
対象/子ども(6~19歳)

問い合わせ先/日本ユニセフ協会
jcuinfo@unicef.or.jp
https://www.unicef.or.jp/endviolence/kodomo_comment/summary/

2021年08月30日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧