スウェーデンのイラストレーターが手掛ける「くるまのえほん」が発売中

スウェーデンのイラストレーターが手掛ける「くるまのえほん」が発売中

家族で出かける車をはじめ、バスやトラック、消防車、アイスクリームワゴンなど、カラフルな車にいろいろな動物が乗ってやってくる物語。ページをめくると何の車かがわかるしくみになっている、親子で楽しめる絵本

「MOEのえほん」(白泉社)から、くるまをモチーフにした絵本「インゲラさんの のりものえほん くる くる くるま」が発売中。
インゲラさんの のりものえほん くる くる くるま 1,210円(税込)
インゲラさんの のりものえほん くる くる くるま 1,210円(税込)
著者は、スウェーデンのストックホルムを拠点に活動するインゲラ・アリアニウス氏。カラフルでレトロなスタイルのイラストは、デザイン性にすぐれた子ども用食器、おもちゃ、家具に起用され、日本でも人気のイラストレーターだ。

絵本を多く手がけ、「とびだすえほん のりもの」(大日本絵画)など、その多くはスカンジナビア各国、フランス、イギリス、中国などで翻訳され愛されている。
 
「インゲラさんの のりものえほん くる くる くるま」は、カラフルな車にいろいろな動物が乗ってやってくるお話。
インゲラさんの のりものえほん くる くる くるま
家族で出かける車をはじめ、バスやトラック、消防車、アイスクリームワゴンと、いろいろな車が登場。
インゲラさんの のりものえほん くる くる くるま
ページをめくると、何の車かがわかるしくみになっており、巻末には親子で遊べるクイズもついている。
インゲラさんの のりものえほん くる くる くるま
家族みんなで楽しむことができるくるまの絵本を、この機会にぜひ手に取ってみては。


MOEのえほん 「インゲラさんの のりものえほん くる くる くるま」
著/インゲラ・アリアニウス
白泉社刊 1,210円(税込)

問い合わせ先/白泉社
tel.03-3526-8015
https://www.moe-web.jp

2021年07月17日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧