LGBTQIA+の象徴レインボーフラッグモチーフのレゴセットが登場

LGBTQIA+の象徴レインボーフラッグモチーフのレゴセットが登場

LGBTQIA+コミュニティと、私たちが住む世界の多様性を象徴した、11体の単色のミニフィギュアがそれぞれ個別のヘアスタイルとレインボーカラーで登場

「レゴグループ」から、LGBTQIA+の象徴であるレインボーフラッグをモチーフにしたレゴセット「レゴ® Everyone is Awesome」が登場、日本での発売は全国のレゴブランドストア、レゴ認定販売店ベネリック レゴストア 楽天市場店などにて、6月1日(火)より発売。 

世界各地でLGBTQIA+の権利についての啓発イベントが開催される、プライド月間の開始を記念した商品となる。 
レゴ® Everyone is Awesome オープン価格
レゴ® Everyone is Awesome オープン価格
このセットは、高さ10.24cm・奥行き12.80cm・346ピースの組み立て式ディスプレイモデル。

棚や窓際に飾りやすいサイズで、11体の単色のミニフィギュアがそれぞれ個別のヘアスタイルとレインボーカラーで登場する。
レゴ® Everyone is Awesome
デザインを担当したのは、自らもLGBTQIA+であるマシュー・アシュトン氏。

アイデンティティや誰を愛しているかに関わらず、すべての人を祝福する包括性を象徴するモデルを作りたいとの思いから制作され、私たちが気にかけていること、そして「誰もが素晴らしい(Everyone is Awesome)」と心から信じていることを、デザインを通して示している。
マシュー・アシュトン氏
また、レゴグループでは、多様性と包括性のある職場づくり(ダイバーシティ&インクルージョン)への取り組みも実施。

誰もが働きやすい職場環境を整えるべく、世界中の LGBTQIA+の人々を支援する組織と連携し、グループ全体でLGBTQIA+を自認する従業員を支援する戦略やプログラムを策定している。 

日本の社会問題のひとつであるLGBTQIA+を象徴したレゴセットを、この機会にぜひチェックしてみては。

問い合わせ先/レゴジャパン コンシューマー・サービス 
tel.00531-65-0597(平日 9:00〜17:00、通話料無料)
LEGOJapan-cs@lego.com
http://clickbrick.info/shop/

2021年05月27日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ