かわいい猫たちと算数をイメージしながらお話を楽しむ絵本が登場

かわいい猫たちと算数をイメージしながらお話を楽しむ絵本が登場

個性的な猫たちがお宝を目指し冒険する姿を応援しながら、数の「へる」「ふえる」の面白さが分かる絵本。書籍ページではおうち時間にぴったりな「おめんとめいろ」の無料公開も

「マイクロマガジン社」から、かわいい猫たちとさんすうのお勉強ができる絵本「たすひくねこ」が5月18日(火)に発売。

たし算ひき算など、数学的な視点や考え⽅をイメージしながらお話を楽しむことができる。
たすひくねこ 1,320円(税込)
たすひくねこ 1,320円(税込)
宝の地図をひろった猫たちは
冒険の旅に出かけます。

「おたから どこだ どんどん すすめ」

ところが、いろいろなトラブルに巻き込まれて、
次々に猫たちは脱落。
果たしてお宝にたどり着けるのでしょうか?
たすひくねこ
先行して「たすひくねこ」を読んだ書店員の方々からは、

・一匹一匹がかわいらしいキャラクターだからこそ、「へる」「ふえる」が分かる面白さに感心した
・さんすうの問題というと「りんごが〇個」というような例文がよく見られるが、これならかわいいねこを応援しつつ「数」を楽しめる
・読んでいて、スっと数の世界に入れる
・小学校のさんすうの「数」の授業の際に取りあげて欲しい一冊
・ねこたちの「むねん」「ふがいなし」などの言葉遣いも不思議な魅力

など、複数の感想が寄せられている。
たすひくねこ
また、「こどものほん」編集部「たすひくねこ」の書籍ページでは、おうち時間にぴったりな「おめんとめいろ」も無料公開中。ダウンロードして親子で楽しむことができる。

かわいい猫たちと数のお勉強ができるさんすう絵本を、この機会にぜひ手に取ってみては。

たすひくねこ
作/にわ
監修/大迫ちあき
マイクロマガジン社刊 1,320円(税込)

問い合わせ先/マイクロマガジン社
release_mg@microgroup.co.jp
https://kodomono-hon.com/detail/?titleid=61395

2021年05月17日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧