小田急新宿駅でベビーカーのシェアリングサービスの実証試験が開始

小田急新宿駅でベビーカーのシェアリングサービスの実証試験が開始

ベビーカー持参なしによる外出時の荷物軽減を実現し、子ども連れの外出を促進することを目的としたサービス

ベビー用品レンタル・販売サービスを運営する「Babydoor」と「小田急電鉄」との共同により、小田急電鉄 新宿駅でベビーカーのシェアリングサービス「Share Buggy」の実証試験が、5月7日(金)より開始する。

このサービスは、ベビーカーを持参せずに子ども連れの外出ができ、将来的にはベビーカーをどこでも借りられ・どこでも返すことが可能。電車に乗るときは抱っこ紐で、電車を降りてからは「ShareBuggy」を使って、子どもとのお出かけを十分に楽しんだ後は、近くの場所で専用ベビーカーを返却できることを目指す。
Share Buggy
「Babydoor」では、2017年4月より、ハイブランドの海外ベビー用品をメインに取り扱う、ベビー用品レンタル・販売サービスを提供。流行のベビー用品を気軽に借りて返せるサービスとして、ユーザーから好評を得ている。

今回開始となる実証試験は、ベビーカーを外出先で借りて・そのまま外出先で返したいというユーザーの要望を元に、ベビーカー持参なしによる外出時の荷物軽減を実現し、子ども連れの外出を促進することが目的。

前回実施した渋谷駅での実証実験では多くの方が利用し、「ShareBuggy」の利用率の高さが証明されたことから、前回利用したユーザーからの要望も反映し、今回はより本稼働を視野に入れた形で実証試験を実施する運びとなった。
Share Buggy
利用方法は、ShareBuggy専用アプリをダウンロードし、ベビーカーを格納している専用ポートにて借用。専用アプリ内の開錠ボタンでボックスを開錠することで、ベビーカーを利用できる仕組みとなっている。

ベビーカーのシェアリングにより、子どもとの外出をより手軽で身軽にすることを目指すサービスを、ぜひ利用してみては。
ShareBuggy
実施場所/小田急電鉄新宿駅 西口地下改札外
実施時期/5月7日(金)~5月31日(月)
実施時間/24時間(カスタマーサポート 9:00~20:00)
※午前1時~午前5時は駅構内が施錠しているため貸出・返却不可。上記時間をまたぐ利用は可能。
貸し出し台数/6台
利用料金(税込)/1時間 220円、3時間 550円、6時間 880円
※自動延長は1時間 220円
決済方法/クレジットカード決済(専用アプリ内)

問い合わせ先/Babydoor
tel.03-6447-1307
http://sharebuggy.jp/

2021年05月06日

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧