世界中の母親に寄り添う「ママン ―世界中の母のきもち―」が発刊

世界中の母親に寄り添う「ママン ―世界中の母のきもち―」が発刊

憧れ・迷い・希望・苦悩など、世界中の母親が子を慈しむ気持ちや、繰り返される日々の中で奮闘する姿、母と子のかけがえのない一瞬を詩的につづる大人の絵本

「パイ インターナショナル」から、書籍「ママン ―世界中の母のきもち―」が刊行。
ママン ―世界中の母のきもち― 2,640円(税込)
ママン ―世界中の母のきもち― 2,640円(税込)
世界累計24万部を超えるベストセラー「ママン ―世界中の母のきもち―」は、世界中の母親が子を慈しむ気持ちや、繰り返される日々の中で奮闘する姿、母と子のかけがえのない一瞬を詩的につづる大人の絵本。
ママン ―世界中の母のきもち―
ボローニャ国際児童図書展で注目の作家カンタン・グレバン氏の美しいイラストと、内田也哉子氏の愛にあふれた翻訳で届ける。
ママン ―世界中の母のきもち―
初めから「お母さん」である女性は誰ひとりいません。血のつながりがあろうと、なかろうと、この世に生まれてきた子どもと何かを共有し心を通わせるところから母親は、はじめの一歩を踏み出します。

きっと、子を育てる世の女性たちは、繰り返される日々の中で、転んだり、ぶつかったり、試行錯誤して、いつしか母になるのでしょう。(訳者あとがきより)
ママン ―世界中の母のきもち―
憧れ・迷い・希望・苦悩など、世界中の母親の気持ちに寄り添う1冊を、ぜひチェックしてみては。
ママン ―世界中の母のきもち―
作/エレーヌ・デルフォルジュ
絵/カンタン・グレバン
訳/内田也哉子
パイ インターナショナル刊 2,640円(税込)

問い合わせ先/パイ インターナショナル
tel.03-3944-3981
https://pie.co.jp/book/i/5444/

2021年05月05日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ