「BÜKI」から子どもが物語の主人公になれるオリジナル絵本「ほしのゆめ」が発売中

「BÜKI」から子どもが物語の主人公になれるオリジナル絵本「ほしのゆめ」が発売中

名前や誕生日などの子どもの情報をもとに、ひとりひとりに合わせてイラストやストーリーが変化する絵本

「STUDIO BUKI」から、物語の主人公になれるオリジナル絵本ブランド「BÜKI(ブーキー)」がローンチ。第1冊目となる星の物語「ほしのゆめ」 が、公式ホームページにて発売を開始した。
BÜKI
「BÜKI」のコンセプトは、絵本のなかの自分に出会う。子ども自身が物語の主人公となり絵本の中の大冒険にでて、不思議な場所を訪れたり素敵な友達を作ったりしながら、絵本の物語を楽しむことができる。

自分の名前などが何度も登場するオリジナル絵本は、初期の言語学習の促進や、自信の向上といった、ポジティブな影響を子どもに与えるということが、海外の調査で報告されている。
※National Literacy Trustより出典
BÜKI
オリジナル絵本は、子どもひとりひとりにオーダーメイドで制作。ホームページで名前や誕生日といった子どもの情報を入力するとパーソナライズされ、ストーリーやイラストが変化する。

また、全ページの試し読みやカスタマイズが可能で、主人公となる子どもへのメッセージを加えたり、子どもの写真を追加したり、文字量やストーリーの一部を変えることができる。
BÜKI
今回発売の、第1冊目となるオリジナル絵本「ほしのゆめ」は、星をテーマにした、子どもの成長とそれを見守る星々の物語。登場するキャラクターは子どもの星座ごとに変わり、導き役として主人公を不思議な星の旅へと誘う。

物語の最後を締めくくる星空のイラストは、オープンソースを使って再現した、主人公である子どもが地球に生まれたときに見えた星空。読み聞かせする大人もいっしょに感動できる絵本となっている。
オリジナル絵本 ほしのゆめ 3,900円(税込)
オリジナル絵本 ほしのゆめ 3,900円(税込)
絵本の中でもう1人の自分に出会い新しい体験ができる、世界で1冊の特別な絵本を、この機会にぜひ子どもへ贈ってみては。

オリジナル絵本「ほしのゆめ」 
絵/Tanja Tiuh
文/BÜKI
STUDIO BUKI刊 本体3,900円(税込)

問い合わせ先/STUDIO BUKI
yay@hellobuki.com
https://hellobuki.com/

2021年01月25日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧