サンシャイン水族館が深海生物に焦点を当てたイベントを開催

サンシャイン水族館が深海生物に焦点を当てたイベントを開催

普段なかなか見ることができない深海生物の標本展示や、2020年国内初孵化事例となった深海魚ゾウギンザメの飼育記録なども公開

「サンシャイン水族館」が、深海生物に焦点を当てたイベント「ゾクゾク深海生物2021」を、1月15日(金)~3月7日(日)まで開催する。

今年で5回目となる今回は、「見てなるほど!食べてなるほど!知ってなるほど!」をテーマに、深海生物の特別展示はもちろん、貴重な深海生物の標本展示や、2020年国内初孵化事例となった深海魚ゾウギンザメの飼育記録などを公開。

ほか、深海調査・研究の様子がわかるコーナーやバックヤードツアー、クイズラリーなど、「サンシャイン水族館」でしか体験できないさまざまなイベントも開催する。
サンシャイン水族館
深海生物は、生息水温が低いため、海水の表面水温が下がる冬にしか採集できない。「サンシャイン水族館」では実際に飼育スタッフが深海生物の採集に挑戦し、採れた生き物を特設水槽にて展示。

今回はアカザエビに注目し、生態解説や名前の由来、特徴などに特化した特設水槽も設置する。
アカザエビ
館内1階「冷たい海」水槽では、国内で見られる水族館は全国で2館のみの深海生物であるゾウギンザメも一般公開。2020年国内初の孵化事例となった、ゾウギンザメの赤ちゃんを担当したスタッフによる飼育記録の一部も展示する。

ほかにも、貴重な深海生物標本や色鮮やかな深海生物写真の展示、研究調査で使用している水中ドローンの模型展示などで、深海生物の魅力をたっぷりと伝える。
ゾウギンザメ
さらに、ショップ アクアポケットでは、イベントに合わせて飼育スタッフが監修したオリジナル商品の販売、専門店街アルパ レストラン「つきじ植むら」では、イベントと連動した、深海生物を使用のメニューの提供も。

深海生物の魅力をたっぷり味わえるイベントへ、この機会にぜひ足を運んでみては。

ゾクゾク深海生物2021
開催期間/2021年1月15日(金)~3月7日(日)
料金/無料 ※サンシャイン水族館入場料が必要、バックヤードツアーは有料
住所/東京都豊島区東池袋3-1 サンシャインシティ ワールドインポートマートビル・屋上
営業時間/10:00~18:00(2021年3月19日(金)まで)
※最終入場は終了1時間前
※変更の場合あり
入場料金/大人(高校生以上)2,400円、子ども(小・中学生)1,200円、幼児(4才以上)700円 
tel. 03-3989-3466
https://sunshinecity.jp/aquarium/

2021年01月15日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧