今秋10/3(土)から、芸術祭「MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館」が開催

今秋10/3(土)から、芸術祭「MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館」が開催

五感で感じる、奈良の広大な地の自然のアート

10月3日(土)より奈良県の吉野町、天川村、曽爾村の3か所にて、芸術祭「MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館」が開催。
MIND TRAIL
多くの芸術祭がコロナの影響で中止となっているなか、「MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館」は広大な地域で三密を避けて実現する芸術祭。

3つの地域(吉野町、天川村、曽爾村)をそれぞれ3~5時間ほどかけ、自然に包まれながらアート作品を鑑賞・体験する。
吉野町 撮影/西岡潔
吉野町 撮影/西岡潔
鑑賞には時間をかけて歩くため、複数泊が必要。普段は意識しない自然や地域の人々との関わりによって関係人口(観光以上移住未満の地域に多様に関わる人々)を生み出すことを目的としている。
天川村 撮影/西岡潔
天川村 撮影/西岡潔
世界遺産をはじめ、日本の始まりを象徴する風景を歩くことができる芸術祭「MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館」。自然のなかでアート作品に触れてみては。
「MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館」
会期/2020年 10月3日(土)~11月15日(日)
会場/奈良県 吉野町、天川村、曽爾村
入場料/無料
問い合わせ先/奥大和地域誘客促進事業実行委員会事務局(奈良県総務部知事公室奥大和移住・交流推進室内)
tel.0744-48-3016
https://mindtrail.okuyamato.jp/

2020年09月20日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧