国内初!キャンプ場の会員制サブスクリプションサービス「CAMP LIFER」が登場

国内初!キャンプ場の会員制サブスクリプションサービス「CAMP LIFER」が登場

空いている平日のキャンプ場を活用し「キャンプスタイルな新しい日常」を提案する、実験的サービス

長野県の「南信州キャンプセッション」が販売する、サブスクリプションサービス「CAMP LIFER(キャンプ ライファー)」が申し込み受付中。

「CAMP LIFER」は、複数キャンプ場が月額使い放題で利用できる、国内初となる(同団体調べ)サービス。平日のキャンプ場を利用しやすくするために、サブスクリプションモデルが取り入れられ、月々定額でキャンプ場の利用ができる。
CAMP LIFER
都市部に住み、リモートワークでたまに出社する方に向けた、仕事もしつつ週末をまたいで滞在をする「ワーケーションキャンパー」や、南信州に近く、一泊二日の平日キャンプを月に数回できる「平日お休みキャンパー」、一時的に田舎滞在を考えている方に向けた「家族で長期滞在」など、「利用者像」や「利用シーン」を具体的に提案。
CAMP LIFER
働き方が自由になってきている今、もっと「キャンプしたい」という思いを持ったユーザーと、平日のキャンプ場を舞台に、贅沢な空間を、さまざまな用途に使う「キャンプスタイルな新しい日常」を創出していく。

南信州7つのキャンプ場が平日使い放題の「CAMP LIFER」。ぜひ、チェックしてみては。
CAMP LIFER
サービス概要/
・平日のソロキャンプが月額4500円(税込)で使い放題
・7つのキャンプ場で使える
・同伴家族は特別価格(+1000円/日 未就学児+500円/日)で入場可能
利用期間/
・1st Seasonは2020年9~11月の3ヶ月間が利用可能
・50名限定で会員を募集
*今回はサービスの試験導入のため、期間と人数を限定し、3ヶ月通しで利用可能。
利用可能なキャンプ場/
千人塚公園キャンプ場(飯島町)こだまの森(木祖村)銀河もみじキャンプ場(阿智村)四徳温泉キャンプ場(中川村)せいなの森キャンプ場(阿智村)おおぐて湖キャンプ場(下條村)弓の又キャンプ場(阿智村)
https://www.nagano-camp.life/pages/4069439/subscription

2020年08月26日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ