KIDSNA編集部が選んだ「子どもの未来を考える本」全国書店でブックフェア開催

KIDSNA編集部が選んだ「子どもの未来を考える本」全国書店でブックフェア開催

11月18日(水)より、KIDSNA編集部がセレクトした「子どもの未来を考える本」が店頭に並びます。

新型コロナウイルス感染拡大によって、私たちはまさにVUCA(変動性・不確実性・複雑性・曖昧性)の時代に生きていることを実感することとなりました。そんな予測不可能な時代のいま、子育てや教育方法、暮らしについて考える保護者のみなさまに、教育・健康・性教育・LGBT・教養・法律などこれからの時代避けて通れないテーマを配信するwebメディアである「KIDSNA」が書店とコラボレーションする運びとなりました。

KIDSNA編集部が、記事で人気の3つのテーマによる選書を行い、子どもの明るい未来にプラスとなるような本をセレクト。

詳細は下記をご確認ください。

子どもの未来を考える本

テーマ1:子どもと学ぶ教養

性教育や多様性、宗教、憲法などこれからの時代に必要な教養を学べる本をセレクト。親子で知識を深めて他者との関わり、コミュニケーションスキルをアップデート。

テーマ2:子どもの教育と成長

子どもの成長・教育を伸ばすために注目の「非認知能力」「探究心」「自己肯定感」などから最適な本をセレクト。我が子にぴったりな本を見つけてみては。

テーマ3:親子のカラダ

産前産後のママのカラダや子どものメンタルケア、睡眠、食育などカラダに関わる本をセレクト。親子でカラダに関わるヘルスケアの知識を深めよう。
子どもの未来を考える本棚イメージ
※ブックフェア 店頭設置イメージ
子どもとの未来のために親子で学ぶ機会を作ってみてはいかがでしょう。

実施店舗リストは下記よりご確認頂けます。
【開催概要】
実施期間:2020年11月18日(水)~2021年3月31日(水)
※日程は店舗により前後する場合がございます。

実施店舗:https://kidsna.com/campaign/lp/book-202011
※開催店舗の一部のみ掲載しております。

2020年11月18日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧