6月10日(水)オープン!子どもも大人も楽しめる美術館「PLAY! MUSEUM」

6月10日(水)オープン!子どもも大人も楽しめる美術館「PLAY! MUSEUM」

絵とことばをテーマにした美術館「PLAY! MUSEUM」が6月10日(水)、東京都立川にオープン。

東京・JR立川駅北側の「GREEN SPRINGS(グリーンスプリングス)」内の複合文化施設「PLAY!」が、絵とことばをテーマにした美術館「PLAY! MUSEUM」を6月10日(水)にオープンする。当初は4月のオープンを予定していたが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため延期となっていた。オープン後しばらくは万全な感染予防対策を行い、来場者を迎える。
東京都立川のPLAY!外観
PLAY! 外観
「PLAY! MUSEUM(プレイミュージアム)」では、大人から子どもまで、誰もが楽しめる美術館をコンセプトに、ユニークな視点で作家や作品を特集する企画展と、年間を通じて著名な絵本作家を紹介する常設展の2つの展覧会を同時開催。絵やことば、映像や立体物を通じて自由に感じ、発見し、さまざまな体験ができる場所を提案する。
PLAY! MUSEUMのエントランス
PLAY! MUSEUM エントランス
オープニングを飾る企画展として12月29日(火)まで開催されるのは、「tupera tuperaのかおてん.」。さまざまな絵本賞を受賞している、人気のクリエイティブ・ユニット「tupera tupera(ツペラ ツペラ)」の「顔」をテーマにした展覧会。人間のもっとも個性的なパーツ「顔」は、tupera tuperaにとって、ブレイク作となった絵本『かおノート』をはじめ、アイディアとユーモアの源泉だ。

今回の展示では、『かおノート』『こわめっこしましょ』など「顔」をテーマにした人気の絵本原画を紹介するほか、映像作品「かおつくリズム」、2メートルの大きな顔が並ぶ新作「かお10(テン)」、さらに謎の「床田愉男(ゆかだゆかお)」との顔遊びなど、平面・映像・立体とさまざまな表現の新作も多数。
tupera tuperaのかおてん.新作「カオス」
企画展「tupera tuperaのかおてん.」より新作「かおカオス」
来場者には「かおシール」で変身し、「かおてん.」の一部となって鑑賞するなど、来場者どうしが楽しむ仕掛けも。さらに、自宅でも引き続き展示の余韻を楽しめるおみやげ「かおルーペ」付き。大人から子どもまで、ゲラゲラ、ドッキリ、ワクワクが続く楽しい世界へと誘う。

同時に開催される常設展では、「エリック・カール 遊ぶための本」を翌2021年3月28日(日)まで開催。絵本の魔術師とも称され、日本でも人気の高いアメリカ人の絵本作家エリック・カール。今回の展示はアメリカ・マサチューセッツ州のエリック・カール絵本美術館との共同企画で開催。これまで絵本の物語と原画の展覧会は多く開催されてきたが、今回は絵本を「おもちゃ」に見立てた新しい視点で楽しむことができる。

今回は、エリック・カールの絵本を「くぐる」「きく」「うごかす」「みつける」など、10の遊び方に分けて紹介しながら、大型の造作物や映像、エリック・カール独自のコラージュで描かれた美しい原画を展示する。
■tupera tupera(ツペラツペラ)プロフィール
亀山達矢と中川敦子によるユニット。『かおノート』(コクヨ)をはじめとする絵本やイラストレーションをはじめ、工作、ワークショップ、アートディレクションなど、さまざまな分野で幅広く活動。

■エリック・カール プロフィール
1929年アメリカのニューヨーク州に生まれ、ドイツで育つ。シュツットガルトの美術アカデミーを卒業後、アメリカに戻り、グラフィックデザイナーとして活躍。1968年に絵本『1、2、3 どうぶえんへ』(ボローニャ国際児童図書展グラフィック大賞)を発表して以来、世界中で親しまれる絵本作家となる。代表作に『はらぺこあおむし』『くまさん くまさん なにみてるの?』『パパ、お月さまとって!』などがある。2003年にローラ・インガルス・ワイルダー賞を受賞。2002年には、アメリカ・マサチューセッツ州に〈エリック・カール絵本美術館〉を創設。カール作品だけでなく、国内外の優れた絵本の原画を幅広く収集して、絵本に関するさまざまな展覧会を開く。
PLAY! CAFEの店内
PLAY! CAFE店内
ひと通り展示を楽しんだ後は、展覧会に連動したグッズやメニューが楽しめる併設施設も。

「PLAY! SHOP」では、エリック・カールやtupera tuperaの150種類以上のオリジナルグッズ、PLAY! MUSEUMのロゴ商品を展開。「PLAY! CAFE」では、オリジナルフードやドリンク、立川の有機栽培野菜などを使ったメニューを楽しめるのもうれしいポイントだ。

大人から子どもまで誰もが楽しめる美術館へ、家族でぜひ足を運んでみては。

●施設概要
施設名:PLAY! MUSEUM
住所:〒190-0014 東京都立川市緑町3-1 GREEN SPRINGS W3
開館時間:10:00~18:00(入場は17:30まで)
休館日:無休(展示の入替、年末年始をのぞく)
入場料(税込):一般1500円、大学生1000円、高校生800円、中・小学生500円
※未就学児無料
※障碍者手帳をご提示の方とその介添人1名は半額
※会場内はすべて写真・動画撮影可
問い合わせ先/tel:042-518-9625
https://play2020.jp/

2020年06月05日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧