【ふたご育児】第36話 双子の名付けについて②

【ふたご育児】第36話 双子の名付けについて②

作家プロフィール:2014年5月生まれの一卵性男児双子を育てながら趣味の漫画を「ふたご絵日記」にアップしています。こぼれ話のイラスト・4コマなどはtwitterに。

pika

双子の名付けについて②

前回からの続きです。

男の子の名前は夫の希望で候補がほぼ絞られました。

問題は女の子の双子だった場合。

「好きに決めていいよ」ということでわたしに一任された訳ですが、

これがなかなかに難しく。

双子それぞれに好きな名前をつけるか、双子らしくおそろい感のある名前にするか。

いろいろ候補を考えてはいたのですが、結果的には男の子の双子でした。

両方の名付けを通して感じたのは、「名前の1字を揃えたい」「双子お揃いで字画も良く」

というような条件があったほうが名前の候補を絞りやすいなあということ。

まったく自由に「好きに決める」のは、

逆にどれにして良いか迷ってしまい、優柔不断なわたしには難しく感じました。

ふたご育児バックナンバー

作者:pika

ブログ:「ふたご絵日記」
Twitterアカウント:@pucchanPC

2017年04月23日

専門家のコメント
10
    いちぽ先生 保育士
    わたしも最初、女の子ならこの名前がいいといくつか決めていました。
    でも実際は男の子!旦那さ
    はなばたけ先生 保育士
    パパさん嬉しそう♩
    まあ先生 保育士
    一人の名前を決めるだけでも?皆さんたくさん悩まれている中で双子ちゃんとなると名前も二つ考え
    とまと先生 保育士
    うちは全然悩まずに決まったので逆に「こんなにさっと決めていいのかな?適当に決めすぎ?」と悩
    せおみ先生 保育士
    ですよね。名前は1番初めの贈り物。なので、本当に悩んで悩んで決めました。これは入れたい。な
コメントをもっと見る

漫画の関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ