子どもがしつけで泣くとき。ママたちが考える理由と対応方法とは

子どもがしつけで泣くとき。ママたちが考える理由と対応方法とは

子どもにしつけをするときに心がけたこと

子どもにしつけをして泣いてしまったとき、泣く理由やしつけの仕方について改めて考えるママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、ママたちが考えるしつけで子どもが泣く理由やしつけで泣く子どもの対応方法、子どもにしつけをするときに心がけていることについて、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

子どもがしつけで泣く場面

食事のときの行儀が気になるときや片づけをしないときなどにしつけをして子どもが泣いてしまった場合、どのような対応をすればよいのか悩むママやパパもいるのではないでしょうか。子どもとの向き合い方やしつけの仕方などが気になることもあるかもしれません。

そこで今回は、子どもがしつけで泣く理由や対応方法などをご紹介します。

ママたちが考えるしつけで子どもが泣く理由

しつけで泣く子どもは、どのような気持ちで泣いているのでしょうか。ママたちが考える、子どもが泣く理由を聞いてみました。

厳しくしすぎてしまうため

30代ママ
子どものためを思い、しつけとして細かいことまでいろいろと言ってしまいます。注意しても理解していない様子が見られたときなどは、私の口調もついつい強くなってしまうようです。
しつけをするときに厳しすぎる言い方や態度をとると、子どもは怒られたということに意識が向いてしまい、注意されている内容を理解する前に泣いてしまうこともあるようです。日常生活におけるマナーや身を守るためのルールを教えるために行なうしつけは大切なことですが、子どもにとっては一回で理解することが難しいのかもしれません。

泣くことで気持ちを表現している

泣いている女の子
ziggy - stock.adobe.com
40代ママ
しつけのときに子どもが泣く理由として、もっと公園で遊びたい、欲しい物をどうしても手に入れたいなど、自分の気持ちが整理できないことがあるように思います。泣くことで自分の意思を伝えようとしているのではないでしょうか。
時間を守ることや欲しいものが手に入らないことを、頭のなかで理解はしていても我慢することが難しいときに、子どもは泣くのかもしれないと考えたママもいるようです。赤ちゃんが泣いてさまざまな意思表示をするのと同じように、自分の感情を言葉にできなかったり納得できなかったりする気持ちを、泣くことで表現しているのかもしれません。

しつけで子どもが泣くときの対応方法

しつけで子どもが泣くときに、どのように対応すればよいのか悩んでいるママもいるのではないでしょうか。しつけで子どもが泣くときのママたちの対応方法をご紹介します。

子どもの気持ちに寄り添う

30代ママ
子どもがしつけで泣くときは泣きやませることを優先して、なぜ泣いているのかを聞いて共感の言葉をかけるようにすることが多いです。自分の伝え方などに原因があった場合は、きちんと謝って、泣きやんでからゆっくりと話をするようにしています。
しつけで子どもが泣く場合は、泣くことに対してさらに注意したりせずに、深呼吸をしてゆったりとした気持ちで子どもの気持ちを聞いてみるとよいかもしれません。子どもが泣いたままでは話をすることが難しいと考え、子どもが泣いている理由を聞いて一度共感し、心を落ち着かせるようにしているというママの声もありました。

しつけはママかパパのどちらかで

男性
polkadot - stock.adobe.com
40代ママ
私と夫の2人で同時に子どもを注意しないように気をつけています。パパがしつけをして子どもが泣く場合は、私がフォローに入るようにしています。
ママとパパが同時に注意をしないようにして、泣いたときにどちらか一方がフォローできるようにしている家庭もあるようです。家庭内でのしつけはママが主に行ない、休日に外出したときなどのしつけはパパが行なうなど役割を分担してしているという声も聞かれました。

泣くことでは解決しないことを伝える

30代ママ
スーパーで欲しいものがあったときに、買ってもらえないことがわかると泣くという状況が続いたことがありました。周囲の目も気になりましたが、泣くことで自分の思い通りになると覚えることはよくないと思ったので、買わない理由をその都度根気よく説明し続けたことを覚えています。
泣くことで自分の思い通りにはならないということを、子どもにわかってもらうように接することも大切なのかもしれません。そのようなしつけを何度か繰り返しているうちに、泣くことではどうにもならないことを理解して、泣かなくなったというママの声もありました。

子どもにしつけをするときに心がけたこと

子どもにしつけをするときに心がけていることをママたちに聞いてみました。

主体性を大切にする

30代ママ
しつけをするときに心がけていることは「〇〇しなさい」ではなく、「〇〇しよう」という伝え方をすることです。指示するのではなく提案したり誘ったりした方が、子どもが自分で考えて動く力がつくのではないかと思います。
しつけをするときは、理由をきちんと説明して提案したり疑問を投げかけたりするなど、子どもの主体性を大事にするようにしているというママの声がありました。ママからの提案や疑問に対して自分で考えて行動できたときに、子どもは達成感を得てさまざまなことを学んでいくのかもしれません。

褒めながらしつける

40代ママ
やらなかったことを指摘していたときは泣く様子が見られましたが、できたときに褒めるしつけに変えてからは泣くことがなくなりました。褒めながらしつけることも、大切だと感じています。
やらないことやできないことに目を向けてしつけを行なうのではなく、少しでもできたときに褒めるしつけをするように心がけているというママの声もありました。子どもを褒めるときは、ママがどう感じたのかやどのようなよい結果が生まれたかを具体的に伝えるようにするとよいかもしれません。

子どもの気持ちに寄り添ったしつけを

笑顔の親子
Monet - stock.adobe.com

子どもがしつけで泣くときは、子どもの気持ちに共感して話を聞いて心を落ち着かせたり、ママかパパどちらか一人がフォローしたりしているというママの声がありました。子どもに泣くことでは解決しないということを伝えることも大切なのかもしれません。

子どもの主体性を大事にしたりできたことを褒めたりすることを心がけて、子どもの気持ちに寄り添ったしつけを行なえるとよいですね。

2019年12月14日

専門家のコメント
35
    なこ先生 保育士
    必ず子どもの気持ちを代弁します。
    一見変な事でも、「立って食べたかったんだねー。」等。
    そうすると子どもも頷いてくれるので、その後になぜ立って食べてはいけないか諭します。
    KST
    @なこ先生さん
    代弁する。。。 勉強になります。
    ことり先生 保育士
    子どもは、大抵納得していないときに
    泣いたり癇癪を起こしているような気がします。
    それぞれですが…

    まずは一度落ち着く環境を作ること。

    それから、
    まず、まるごと受け止めること。
    なぜ、それを伝えたかをしっかりとわかりやすく伝えること。

    普段保育ではそんなことを
    気をつけています。

    思いが伝わると
    耳を傾けてくれるようになります。
    のの先生 保育士
    子どもは、怒られていることは分かります。泣く理由は様々ですが、その中の一つに、この怒られている環境から離れたい気持ちから泣いている時があります。
    その場合は、いくら言い聞かせても意味がありません。
    私が子どもに話をする際に泣いている時は「泣いていたらお話し出来ないから、泣いて終わったら教えて」と伝え姿の見える範囲で一度離れます。そうすることで、子どもも落ち着く時間が確保され、自分の状態が整ってから話をすることができます。
    でぶいも先生 保育士
    少し賢くなってくると大人の顔色を伺って、泣いてみることも出てくると思います。お母さん、僕が泣いたらどうするんだろう?いろんな知恵を振り絞って試したりします。
    いけない事はいけない事。一貫した態度をとっていく事も、子どもの納得に繋がっていくと思います。後でフォローも大切に。
    いしし プレパパ修行中
    @でぶいも先生さん
    泣かれたら許しちゃいそうですね。。 フリかどうかを見極めるのは難しいんでしょうか、、、?
    ぷん先生 保育士
    その場から逃げたい、自分の好きなように進められない、わかってるのにやってしまった…子どもがしつけの途中に泣くのには色々な理由がありますよね。
    もちろん、フォローは大切です!ただ、しつけをする時は一貫した対応をとるように気を付けていました。大切な事を伝えたい場面なので。
    泣いてしまったら落ち着くまで待って、年齢によっては大切なことを話してるのだから、泣くのはやめなさいと厳しく接することもありました。
    伝えるときは端的に分かりやすく何度も同じ事を言わないようにし、子供にも理解できたか確認するようにしています。
    かいまな先生 保育士
    子どもは泣くことで伝えようとしています。
    まずは子どもの気持ちに寄り添って受け止めることが大切。
    しつけも大切ですが、大きくなるにつれ理解できるようになるので、私自身はあまり神経質にならないように気をつけています。
    りお先生 保育士
    子どもをしつけのつもりで言い聞かせている時、すぐに子どもが聞いてくれればそれで済むのですが、なかなか聞いてくれない時は、つい自分がヒートアップしてしまい、声が大きくなったり言い方がきつくなったりしてしまいます。
    子どもから見ると、それは怒られているという感覚のようで、何を言われているのか分からなくてなるようです。
    小学校2年生の息子には、たまに「ママ、言い方がきつい」と注意を受け、反省しています💦

    しつけのつもりで言い聞かせている時、自分の言い方がきつくなっていないか、怒ったりしていないか、客観的に見るようにするといいと思います。
    私はよく、しまったなー、、と反省しています。
    ゆか先生 保育士
    しつけなどで怒ると、子どもはまず自分のことを否定されたと感じ、余計に聞き入れたくなくなってしまうと思うので、まず、これしたかったんだね。などと代弁してあげ、こだもの気持ちを理解してあげて、しっかり理由を伝えながら、していいこと、悪いことを教えていくとが大事だと思います。
    ゆか先生 保育士
    しつけは本来大声を出したりするものではないですが、伝わらないとついつい大声になってしまうこともありますよね💦  子どもが泣く理由としては、突然大声を出されて怖かったとか、自分の意思が通らなかったとかだと思います。  泣いてしまったら落ち着くまで待ってから話をした方がいいと思います。泣いてる状態で話をしても通じないし、興奮してるから聞かないということでこちら側もイライラしてしまい悪循環です💦  泣き止むまで待ち、何がいけなかったのかを冷静に的確に手短に話をすると心に届きやすいと思います。 いつまでもダラダラと話しをされては飽きてしまうし、論点がわからなくなってしまうからです。  私が叱るときは声のトーンを下げ手短に伝えるようにしています
    かよう先生 保育士
    子どもが泣いてしまうと話がきちんと出来ずにもっと口調が強くなってしまうママもいるかもしれませんが、子どもの気持ちに寄り添って、なぜ言っているのかの理由をしっかり伝えたいですね。
    さーちゃん先生 保育士
    大人にとっては常識のことでもまだ生まれて2.3年の子どもたちにとっては常識は通用しません。

    「片付けしなさい」「静かにしなさい」「言うこと聞きなさい」など注意することがしつけだと思われている人も多いようですが、なぜだめなのか、だめならどうしたら正解なのかをきちんと伝えてあげましょう。
    「お片付けしないとおもちゃがお家に帰れなくて困っちゃうよ」
    「一緒にお片付けしようか」
    「少し小さい声でお話ししよう」
    「〜してくれると嬉しいな」など
    命令口調ではなく、一緒に〜しよう、してみようかなどと伝えると子ども達も素直に聞いてくれることが多いです。
    そしてきちんとできたらたくさん褒めてあげることも忘れないでくださいね。

    どうしても泣き止まないときは、一旦落ち着かせるために全く別の場所に移動したり、水分補給をして気持ちを落ち着かせてから、冷静になって話をしてみると良いと思います。子どもの気持ちも大切にしてあげましょう。
    こいまま先生 保育士
    泣くのは悪いことではないですが、なぜ泣いているのかは知っておくべきかと思います。
    怒られて怖くて泣いているだけなら、それはしつけにはなっていません。
    言われたことはわかってはいるけれど、自分の思いが通らなくて、その思いを発散させているのならば、泣かせてあげて、落ち着いたら抱きしめるなどフォローを大切に関われたら理想的かと思います。
    こいまま先生 保育士
    泣くのは悪いことではないですが、なぜ泣いているのかは知っておくべきかと思います。
    怒られて怖くて泣いているだけなら、それはしつけにはなっていません。
    言われたことはわかってはいるけれど、自分の思いが通らなくて、その思いを発散させているのならば、泣かせてあげて、落ち着いたら抱きしめるなどフォローを大切に関われたら理想的かと思います。
    いちぽ先生 保育士
    一歳の我が子もだめだよと少し声色を変えるだけで怒られているのが分かります。
    泣いてしまう時もありますが、いけないことはいけないと伝え、気持ちを代弁してあげるようにしています。
    あーちん先生 保育士
    なぜ泣いているのか、子どものことを理解してあげることも必要です。

    年齢によってしつけの仕方も変わると思いますが、自分の欲求が通らない、思うように出来ない、悪いことをして叱られてしまったなど泣く理由は様々です。

    どんな時も一方的に責めるのではなく受け止めてあげる、子どもの話を聞いてあげることは大切にして欲しいと思います。それで叱って泣く分には私は問題ないと思いますよ!
    子どもを突き放すことだけは避けるようにして欲しいと思います。
    ぽん先生 保育士
    ついつい感情的になりがちですが、わかりやすく簡潔に伝えてあげるといいと思います。
    また、時間が経って叱ることは避けた方がいいです。
    叱った後にはフォローと愛情を込めた言葉をかけてあげれるといいですね!
    こなせんせい【京都のシッター】 保育士
    子どもには子どもの気持ちがあります。
    シッター中にも 様々な理由で泣く子どもたち。
    わたしの場合はまず
    どうして泣いているのかを考えます。こう思ったよね、○○したかったよね。と寄り添って 言葉にします。
    それは話せる子に限らず 話せない月齢の子にもします。
    気持ちに寄り添い、子どもの主張を受け止めたあとで

    だけど、今は○○だから○○にしておこう。等 ゆっくり落ち着いた口調で伝えるようにしています。 泣き止まない時も、何度か同じ言葉を繰り返し伝えます。
    そんな風に伝えているうち、涙が止まり 話を聞いてくれるようになります。

    どんな理由で泣いていても、どんな状況で泣いていても
    まずは子どもの気持ちを受け止めることを大切にしています。
    ろろ先生 保育士
    泣いているときは『いや!』という感情が強すぎて何を言っても子どもは理解できるキャパが残っていません。
    まずは、泣くのをおちつかせ、子どもの気持ちをわかりやすい言葉にして『○○したかったね』などと代弁します。
    大人が自分の気持ちをわかってくれていると、子どもがわかれば話もスムーズにすすみますよ(*˙﹀˙*)
    める先生 保育士
    怒鳴って泣いたのではなく、子どもとしっかり話をしたり、叱って泣いてしまったのは子どもと真剣に向き合っている証拠です! 泣いているときは大人がいくら話をしても頭に残らないことが多いので、まずは子どもの気持ちを代弁、共感し、落ち着いてきたところで、再度、しっかり目を見て話をするといいですね。その際、子どもの手を優しく握ったりしながら、語りかけるように伝えると、素直に聞き入れてくれる子が多いですよ^^
    ぬーぴー先生 保育士
    しつけって難しいですよね。親が悩むのと同じように、子どもたちも、本能と親に求められること(しつけ)との間で葛藤をしています。私が伝えるときに心がけているのは、だめなことを伝えるだけでなく、どうすればいいのかを伝えることです。「こうしてみて」と伝え、できたら褒める。次にやってみた時、少しでも言われた通りにしてみようかな?という素振りがあれば(結果的にできなくても大丈夫です)頑張ろうとしたね、と伝える。これを何年も繰り返しながら、マナーや世間のルールを伝えていっています。しつけは時間と根気がいる大変なことです。でも将来きっと子どもの役に立ちます。子も親も無理のないよう頑張って下さいね。
    なー先生 保育士
    とりあえず泣いてる事実を受け止め、そのあとどうしたらいいか考えられるような声かけをしています。こうして、ああしてだけではなぜ咎められているのかわからないままになってしまうので、一緒にどうしたらいいか考えます。こうしたらどうかな?など導いてあげます。
    みき先生 保育士
    泣いて興奮している時に強い口調や大きな声で叱っても逆効果。話の内容も入っていかないので、まず落ち着かせる事だと思います。
    泣いて興奮している間は共感。気持ちを代弁する言葉かけをしたり、少し距離を置いたり。
    少し落ち着いてきたら、どうしていけない事なのかの理由をお話しします。

    まだ話ができないような1歳前後の小さな子にも、ジェスチャーなどを交え、イタイイタイなるからバツよーなどお話しすると少しずつ理解できるようになると思います。
    なつまる先生 保育士
    落ち着ける時間を作ることが
    大事だと思います!
    落ち着かないと段々なにで泣いていたのかわからなくなって、止められなくなってしまうことが多々あると思いますので!
    そして、その子の思いを共感してあげられるといいと思います♡
    ぽんた先生 保育士
    急に大きい声でいわれてビックリして泣くというのはよくあります。。。ので、あまり泣かせたくなければ、危険でない限りは急に大きい声、じゃないように心がけると少しは違ってくると思います。あと、泣くかどうかは、その子の性格も大きいと思います。イヤなことがあるとすぐに大声で泣いて主張するタイプの子もいれば、結構ギリギリまでがまんしてどうしても辛くなったら泣くタイプの子とか、なかなか心に響かずめったに泣かない子とか。。。あと、泣いても、こちらがあたふたしないことも大事です。しばらく泣くと、自分で気持ちを切り替えて、次の行動に移れることもとても大切なので、へたに色々言い過ぎたりヨシヨシやり過ぎない方がいいことも結構あります。とはいえ、その辺りのさじ加減はなかなか難しいですよね。保育園でも、子供をあまり泣かせないのがいいという考えと、泣いて気持ちを出すことも大事という考えとで意見がわれて、まあバランスかなとは思うところです
    でぶいも先生 保育士
    私は子どもに、人を傷つけることと、自分が危険なことはしっかり伝えたいと思っています。なので、たとえフリでなく泣いていても、静かに淡々といけないことはいけないと言葉で伝えます。(一度問題の場所から離れて落ち着ける場所に移動して)普段ほとんどのことは許して見守っているので、そう伝えた時はよく聞いてくれるようになっていきます。メリはりある態度で、子どもが善し悪しを分かりやすくしたいなと思っています。
    ゆう先生 保育士
    泣いてしまうのは生理現象と同じで仕方ないので、注意したあとには必ずフォローしています。泣いていることに対して注意することはせず、泣いた原因をまずは解決して「泣かなくても大丈夫」と泣く必要がないことを最後に必ず話すようにしています。
    ふぅ先生 保育士
    一番忘れたらいけないことは「まだこの世に生まれて◯歳」ってことだと思います。3歳、4歳、5歳でもまだこの世に誕生してたったそれだけの年数です。大人でも三年〜五年でそんな成長しませんよね。子どもは三年〜五年あったらめちゃくちゃ成長しますよね。何が出来るかよりも何に興味を持ち、何の力を本人が伸ばしたいと思ってるかをわかってあげることだと思います。
    したことを責めるのではなく、なぜその行動を取ったのかを受け止めてあげるのが素敵ですね。
    じゅん先生 保育士
    子どもをしつけで叱れない保護者さんが多いようですね。ウチの初めての孫の時は、息子夫婦は悩んでいました。怒る事も愛情だと何度も何度も教えた記憶があります。孫も5歳3歳1歳ですが愛情豊かに育っています。何故怒られているのかを教えてあげるスキルを持つといいと思います。
    べこな先生 保育士
    激しく泣いているときは落ち着く迄待ちます。泣くことで発散したり、子どもなりに整理しているのではないかと思います。こちらが落ち着いて接することで子どもも落ち着いてきます。泣こうがわめこうがダメなものはダメだとこちらもくじけずに伝え続けることが大切ですね。
    あや先生 保育士
    叱られて泣いている子を見ていると、怒られてしまった(してはいけないことをしてしまった)ことがショックで泣いている子と、他の職員に慰めてもらいたくて泣いている子がいるように思います。
    前者の場合は気持ちを落ち着ける時間や場所を用意し、落ち着いてから再度関わります。
    後者の場合は、怒られたショックは受け止めつつも、自分もそれはいけないことだと思うこと、次はしないようにしようねと伝えています。
    せおみ先生 保育士
    どこまで言うべきか。どこまで叱るべきか本当に迷う所ですよね。
    目につく事気になることを全部言っていたらずーっと言えてしまいます。
    毎日の事なので細かいことはなるべく言わないように、目をつぶります。
    私や家族のルールとして、ここからは注意する所という、境界線みたいな物を共通化しています。例えば、本当に命に関わる危ない事をした時。弱い物いじめをした時。など、どうしても言わなくてはいけない時はすごく叱ります。いつもとは全然違う表情で真剣に叱ります。それによって、大泣きしますが、いけない事はいけないとしっかり時差理解できるまで話します。
    日常的にガミガミ言ってしまうと本当に伝えたい時に、伝わらない事もあるのだと思うので、メリハリはつけるようにしています。
    とはいえ、日常的なやんちゃをした時などイライラもしますし、感情的に叱ってしまう事もありますよね。親としてではなく、ママの素直な気持ちも伝えてもいいのかな。と思います。
    ちぃ先生 保育士
    子どものしたかったことなど代弁しています。その後になぜダメなのか、注意したのかを伝えています。

    うちの子は結構すぐ泣いて誤魔化そうとするので、わざと泣いているとわかる時は泣いても解決できないてことも伝えています。

    でもその後のフォローは忘れずにしています。
    cocoまま先生 保育士
    私たち親は叱ると怒るの意味を理解して、叱る時は愛を持って子どもが泣いてもグッと我慢です^ ^出来た時に沢山褒めてください^ ^怒るは…あります笑疲れてるもん。人間だもん。けどなるべく子どもに八つ当たりのようにならないように気をつけたいー!
    みー先生 保育士
    年齢にもよりますが、言葉が足りない年齢であれば寄り添い代弁してあげることで本人が満足できる場合も多いと思います。

    泣き虫だった息子は幼稚園で泣き虫くんと呼ばれ本人も気にしていましたが注意を受けたり、間違えたりすると涙が…代弁しすぎて自分で伝えるのが苦手でした。。。

    ある程度成長したら、二択の質問から始めて、自分の言葉で言えるようにしてあげないと本人が大変です!

    そして、泣かれても諦めず最後まで付き合う!これをサボると泣けばどうにかなる!になってしまいます。
    ぽんた先生 保育士
    甘やかすことと、甘えさせることを分けて考えることをよくしています。
    自分でできるのにやりたくなーいと、泣けばママがやってくれるーとか、泣けばおやつ買ってくれるーの泣きなら、まあ、泣いていなさいと思ってます。でも、寂しいとかそういう思いで泣いているときは、ヨシヨシで甘えさせています。

しつけの関連記事

カテゴリ一覧