子育て中のママが考えるテレビのルール。つけっぱなしなど気になること

子育て中のママが考えるテレビのルール。つけっぱなしなど気になること

子どもが見るテレビ番組や頻度、時間

子育て中に子どもにテレビを見せるとき、テレビばかり見ていたりつけっぱなしだと子どもに影響がないか心配になるママやパパもいるかもしれません。他の家の子どもが見ているテレビ番組が気になることもあるでしょう。今回は子どもが見るテレビの頻度や時間、気になることやルールについてママたちの体験談をご紹介します。

子育てにおいてテレビをどのように考える?

スマホやパソコンが普及した今でも、テレビは身近で必需品であるという家庭は少なくないかもしれません。

テレビを通じて普段なかなか見ることのできないものを子どもが知ることができたり、大人が忙しいときに子どもがテレビを見ていてくれると助かることもありますよね。

また、子どもとテレビの関わり方について、小さいうちから見せてもよいのかなど悩む場合もあるでしょう。

子育て中のママたちは、テレビについてどのように考えているのでしょうか。また、実際に子どもたちはどの程度テレビを使用しているのでしょうか。

子どもがテレビを見る頻度や時間

子どもがテレビを見る頻度や時間について子育て中のママたちに聞いてみました。
30代ママ
毎朝、保育園へ行く前に、30〜40分ほど子どもといっしょにテレビを見ることが日課になっています。
30代ママ
夕方、帰宅後お風呂に入ってから、パパが帰ってくるまでの30分〜1時間くらいテレビを見て待っていることが多いです。
30代ママ
土日の朝は、テレビをつけながら家族でゆっくり食事をしたり会話をしてすごしています。1時間〜1時間半はテレビをつけっぱなしにしていますが、子どもは見たり見なかったりしています。
30代ママ
子どもが1人遊びが上手になってからは、前ほどテレビを見たがらなくなりました。集中して見るのは15〜30分くらいです。大人が見ているテレビをちらっと見ていることもあります。
毎日もしくは日によって30分〜1時間程度、子どもがテレビを見ているという声が複数ありました。

平日は保育園に行っていたり、土日も家族でお出かけするなどして、テレビを見ている時間がほとんどないという場合も少なくないかもしれませんね。

子どもに全くテレビを見せないという方針の家庭もあるようです。

子どもがいつも見ているテレビ番組

テレビ
iStock.com/imaginima
子どもがいつも見ているテレビ番組について子育て中のママたちに聞いてみました。
30代ママ
1歳〜4歳向けの子ども番組を毎日見ています。親子ではまっていて、インターネットやDVDでも同じ番組の違うシーズンのものを見ました。歌や手遊びがとても参考になります。
30代ママ
人気キャラクターのアニメを録画して見ています。オープニングやエンディングの歌と踊りが子どものお気に入りのようです。
30代ママ
動物や虫を紹介する番組や、子ども向けのダンスや英語が学べる番組を見ます。
30代ママ
子どもと同じ年頃の子がたくさん出てくる、大人向けの子育て情報番組を子どもといっしょによく見ています。歌番組や料理番組を見ることもあります。
子ども向けの番組を見ているという声が複数ありました。

大人向けの番組でも、子どもにとっておもしろく見やすい内容のものもありそうですね。

子どもとテレビの関わり方で気になること

子どもとテレビの関わり方で気になることについて子育て中のママたちに聞いてみました。
30代ママ
テレビの画面に近寄りすぎたり、テレビをつけっぱなしにしながらソファで横になって見ているときがあり、子どもの体に影響はないか心配になります。
30代ママ
食事をするのでテレビを消そうとすると、まだ見たいとぐずります。
30代ママ
夜寝る前にテレビを見ると、寝つきが悪くならないか心配になりました。
テレビを見る姿勢やタイミングについて気になるという声がありました。

きちんと家庭でテレビのルールを決めておくと、気になることも減るかもしれませんね。

子育て中のママたちが考えるテレビのルール

砂時計
iStock.com/BrianAJackson
家庭で決めているテレビのルール について子育て中のママたちに聞いてみました。

部屋を明るくして離れて見る

30代ママ
少しでも子どもの目に負担をかけたくないので、部屋を明るくして離れて見るようにします。
子ども向け番組がはじまるとき、テロップで注意書きが出てくることもありますよね。

長時間見るときは特に疲れやすいかもしれないので、照明やテレビとの距離に気をつけた方がよいでしょう。

見る時間を決め、食事中はなるべく見せない

30代ママ
つけっぱなしにしてテレビばかりを見せていると子どもへの影響が気になるので、1日1時間以上はテレビを見せないようにしています。
30代ママ
子どもが食事中のときは、できるだけテレビを見せないというルールをパパと相談して決めました。
1日のテレビを見る時間を決めたり、食事中は見ないという声がありました。

テレビをつけていると、子どもが食事に集中しなくなることもあるかもしれませんね。

親子で会話しながら見る

30代ママ
私の手が離せないとき、子ども1人でテレビを見ていてもらうこともありますが、基本的には子どもといっしょにテレビの内容で会話したり歌いながら楽しみたいです。
子どもと楽しみながらテレビを見ることは、絵本の読み聞かせと似ている面もあるかもしれませんね。

ただつけっぱなしにするのではなく、親子で集中しながらテレビを見たことで、子どもがいろいろな言葉を覚えたというママの声もありました。

小学生になるまでテレビゲームはしない

30代ママ
小さいうちからテレビゲームをしていると、夢中になりすぎて他のことに集中できない場合もあるのではと思ったので、小学生になるまではテレビゲームをさせない方針です。
お絵かきやゲームができるタブレット型の知育おもちゃは、テレビのような小さい画面がついていますが、幼稚園の年長から使っていたというママの声もありました。

テレビのルールを決めて子育てに役立てよう

テレビを見る家族
iStock.com/TAGSTOCK1
今回は、子どもがテレビを見る頻度や時間、よく見ているテレビ番組、家庭でのルールなどについて子育て中のママたちの体験談をご紹介しました。

テレビばかり見ないようつけっぱなしにしない、食事中もなるべく見せないなど、子どものテレビのルールを決めている家庭は多いようです。

テレビは子どもが言葉やものを知るきっかけにもなるので、親子で楽しみながらテレビを見ると、視聴している時間がより有意義なものになるかもしれません。

きちんとルールを守り、テレビを子育てに役立てることができるとよいですね。

2019年11月05日

専門家のコメント
33
    かか先生 保育士
    1人目の時は幼児教育の番組だけ。時間は1時間未満。子どもの前でドラマなどは絶対見ない。と細かくルールを決めてました。
    2人目は、そうもいかず、どうしても下の子の寝かしつけの時はテレビを見せて静かにしてもらう事も。
    3人目は、上2人と離れてるせいもあって、テレビがついている状態です。
    だけど、上はテレビ好きなわけでもなく、真ん中は超がつくほどのテレビっ子。
    3人目はどっちでも平気みたいです。
    ただ、ご飯の時、何か大事な作業をする時はテレビはNGと決めてます。
    なので、朝は30分。
    夜は長くても2時間くらいですね。
    こうじゃなきゃダメって言うのはないと思いますが、どうしてもテレビは受け身で見てる事が多いので、小さいうちは色々声かけしてたら、今じゃテレビを見ながら質問ぜめに会う事もしばしばですwww
    ちぃ先生 保育士
    家事をしている間に幼児教育系番組を1時間から1時間半ほどつけています。基本は音楽やラジオなどを流していてテレビのつけっぱなしはならないように気をつけています。
    ご飯を食べるときは絶対に消すようにしています。
    ふぅ先生 保育士
    ただ見ているだけだとこっちの心配も尽きないので(^_^;)

    しっかり内容を覚えてるか?
    いま起こったことの理由をちゃんとわかっているか?
    登場人物の表情を見てどんな感情なのか?

    と、見終わってから声を掛けてみたらいいのかなーと思いました☺︎

    そこから親子の会話にも繋がりますし✨考える力に繋がるのでは💪
    かよう先生 保育士
    自分が小さい頃とてもテレビっ子でしたが、テレビの影響考えますよね。
    つけっぱなしは良くないと思いますが、ママが声をかけたり、一緒に楽しめるとコミュニケーションにもなると思います。
    ルールを決めたり、見方を工夫することが大事だなと思います。
    いちぽ先生 保育士
    一歳1ヶ月の我が子は教育テレビなどにまだそんなに興味がないようで、家事をする間少しつけたりもしますが、なるべくならテレビに頼らずに過ごしています。ダラダラ見せずに時間を決めて見る分にはいいと思います。食事中は必ず消すようにはしています。
    とまと先生 保育士
    1日1〜2時間程、幼児教育番組を見せています。家事をする間、テレビを喜んで見てくれて本当に助かります。家事をしながら一緒に歌ったり、体操のコーナーが始まると一度手を止めて一緒に踊るなど、見せっぱなしではなく 少しだけでも一緒に楽しめるようにと思っています。また、車での移動中もよく泣いていたのですが、DVDを見せることで機嫌よく乗ってくれるようになりました。
    一緒に遊んであげられる時と食事の時間は必ず消します。
    テレビと上手く付き合っていけるといいですね♪
    ゆか先生 保育士
    今5年生の息子は、幼少期テレビはEテレのみで、録画して私が家事をして相手が出来ない時に付ける程度でした。
    そのまま幼稚園も過ごし、小学校に入ってからはアニメやバラエティ番組等時々見るようになりましたが、今でも1時間程度見たら何も言われてないのに自分からテレビから離れていきます。
    下の小学2年の娘は、外遊びが好きでとにかくテレビは全く興味がなかったので見せていませんでしたが、兄がバラエティ番組を見てるのを一緒に見るようになると、火がついたようにテレビっ子になりました。
    下の子は上の子の影響がかなりあるのかな?!
    上の子は本好き。
    下の子はテレビ好き。
    となっています。
    性格も、上はマイペース。
    下は友達とワイワイ話好き。
    生まれつきの性格もあるとは思いますが。

    とはいっても、やはり何が大切かと言えば、テレビを何時間見ようが、親子のコミニケーションやスキンシップが一日の中でしっかりある事が大切なんだと思います(^^)
    かな先生 保育士
    学生の頃、特に乳児期は、テレビなど一方的に情報を発信し続けるものばかりを目にしていると、常に情報を受け取るだけで会話のキャッチボールができないため、子どもの言葉の力が育ちにくいと習いました。
    そうは習っていても、現在3児育児中のわたしにとって、テレビは欠かすことのできないお助けアイテムです(^^;
    時には数時間つけっぱなしなんてことも…
    他の方もおっしゃってますが、食事中や何かをする時にはつけないなどのお約束ができていれば、ママの気分転換のためにも、テレビに神経質になりすぎなくてもいいのかな、と思います^ ^
    ちなみに、超がつくほど神経質にテレビを避けた1人目は反動なのか現在とってもテレビっ子、
    そこそこ避けたはずの2人目は、上の子をさらに上回るテレビっ子、
    生まれた時からテレビが当たり前の3人目はテレビに全く興味なし、
    そして3人揃っておしゃべり大好きです^ ^
    すう先生 保育士
    つけっぱなしにせず、毎日1〜2時間と決めたり、家事の間どうしても手が離れてしまう時などルールを決めておけば全然良いと思います︎☺︎
    1〜2歳になれば歌や踊りにも興味が出てきますし、教育番組を見ていたら踊りを覚えて踊る姿など可愛い成長も見れますしね♡
    メグミ先生 保育士
    テレビって楽しいですよね!
    自分もついつい見てしまいますが、
    お子さまと一緒に楽しむコミュニケーションツールとしてつかったり
    食事の時は消す、夜は見ない等
    ルールをつくって使えば楽しく
    学ぶ時間にもなるはずです!
    一概に見てはダメ!とはしたくないですね。
    みぃ先生 保育士
    1人目の時は幼児教育の番組を1歳すんだあたりから解禁しました。保育園行く前に1時間ほど見せていました。
    2人目が産まれてからは、下の子のお世話をしている時にテレビを見せて静かにしてもらう事もあり、日曜のヒーロー番組にどハマり…。もう一回見たい!とゴネるようになりました。
    何時間も見続けることにならないよう、見始める前に「○○を一回だけ見たらお終いね。」と先に約束をするようにしています。又、ご飯時はNGにしています。
    TVを見て色んな言葉を覚えて話すので、TVを消した後は会話を楽しんでいます。
    はつみ先生 保育士
    幼児教育の番組を1日1時間〜1時間半見せています!
    季節の歌や体操など、子どもも楽しんで見ています!
    ただつけっぱなしにならないように、一緒に見る時間を少しでも作るよう心がけています!
    テレビは二感だけで成立してしまいます。五感がとても育つ時期は、できれば、たくさん触れ合ってあげたいですね!
    家族間でルールを決めて、うまく使っていけるといいと思います!
    にこちゃん先生 保育士
    専門家の間で、子どもにメディアを見せることについて、2歳までは悪影響しかないと言われています。

    ただ、家事と育児の両立をする親御さんにとってはつきっきりで相手が出来る訳ではないので欠かせないアイテムのひとつですよね。

    テレビは時間を決めて見せるといいと思います。1日30分~1時間30分など。
    又、見せる内容についても、子どもはいいことと悪いことや、おふざけ(バラエティー)等の区別がつきません。
    例えば戦隊ものをみて、悪い人がいたら、叩いたり蹴ったりすればいいんだと思います。

    教育的な内容のものであれば、子どもにとってもいい効果が得られるのかなと思います。
    年齢やその子の理解力に応じて、見せる内容についても気を付けたいですね。

    見せる時間ですが、食事中や何かをしながら見せるというのは子どもの集中力が散漫してしまうのでやめましょう。
    例えば食事中は食べこぼしや姿勢が崩れたり、だらだら食べになってしまう可能性があります。

    また、大人もですが、寝る前のテレビや携帯は光によって覚醒してしまい眠れなくなってしまいます。携帯を持ったとき、大人と子どもの光を浴びる量は、体が小さく画面に近づきすぎてしまうという点で、子どもの方が多い、又は照度を強く感じるそうです。寝る1時間前にはメディアは見ないなどと決めて、代わりに絵本の読み聞かせにするといいのかなと思います。
    でぶいも先生 保育士
    我が家は、まだ息子が1歳なのでテレビカバーをして、ほとんどテレビは稼働していません。ただ、これから成長と共にテレビに関心を持って見たがる時がきっと来るので、その時は時間を決めることと、私も一緒に見て会話を楽しむ事を大事にしたいなと思っています。
    ひよこ先生 保育士
    そもそも、なぜテレビが子どもにとって良くないか?ですが…
    テレビを見ている間、「自分とテレビ」との関係性ができることによって、生身の人間とのコミュニケーションの時間が減ることから、テレビを見ている時間が長ければ長いほど幸福度が下がるなんて研究結果もあるのだとか。
    ただ、これに関しては日頃から十分にコミュニケーションをとっていれば、ちょっと掃除をしている間とかちょっと夕飯を作っている間にテレビを見ていてもらう、なんていう程度であれば問題ないのでは?と思いました。
    また、どんなテレビ番組を見せるのか(暴力的なシーンのあるものを避けるなど)を注意してあげれば、子育ての中でうまく活用できるお助けアイテムとしていいのではないかと思います。
    かっぱ先生 保育士
     1人目はしまじろうのDVD位しかみせてませんでしたか、2人目になるとそんなルールも無くなり…。ただ食事中はつけない。上の子が宿題してる時はイヤホンで…と。平日は1時間位、休みの日は2時間くらいとダラダラ見ないようにきをつけてます。
    じゅん先生 保育士
    テレビを見る事は、決して悪い事ではないと思います。私と主人は、殆どスポーツ番組が多いですね!野球もラグビーも終わってしまいました。今は、相撲とゴルフ番組を見ています。ラグビーが盛り上がっている時、幼稚園で子ども達との会話が盛り上がりました(^^)幼稚園でサッカーをして遊ぶので子ども達との話しも楽しいです。
    ろろ先生 保育士
    テレビを見せることについて悪いことのように言われることがありますが、全てが悪いわけではないと思っています。
    特に幼児向け番組なんかは保育士が延々と絵本の読み聞かせをしてくれて大人の目が離れてしまうときに注意をひきつけていてくれる大事な存在だとも思っています。
    問題は見せる時間や内容、タイミングです。延々とつけっぱなしにはしない、ご飯中や寝る前はつけない、幼児向け番組に留めるなど。
    うまく付き合えば心強い育児仲間になってくれるはずです‼
    ゆっち先生 幼稚園教諭
    テレビを見ることは、よほど知育番組出ない限り頭の動きが止まる、と臨床的に出ているそうです。なので我が家ではテレビは一日どれか1番組(だいたい30分ですね)、テレビをつけっぱなしで別の遊びをしない というのを約束にしていますよ!
    みょん先生 保育士
    テレビの時間は決めて見せていました。
    出来るだけ見せないようには気をつけていました。
    リアルタイムではなく録画したものを。NHKのおかあさんといっしょやいないいないばぁはお世話になってましたね。どうしても手が離せない時もテレビに甘えてました。。
    あゆみ先生 保育士
    テレビ番組は全てが悪い訳ではなく、幼児向けの物や教育系番組などもありますので、
    もし観る時は『食事の時はつけない』『つけっぱなしではなく、1日○時間まで』など予めルールを決めておいたり、一緒に観るようにしてコミュニケーションツールにしたり工夫出来ると良いですね。
    のの先生 保育士
    テレビは、教育番組やアニメなど録画出来るものは撮り溜めすることをオススメします。
    「今日は何をみようか?」と選び、みて終わったらそこでおしまい。

    とても区切りやすいし、今日テレビだと短い時間の番組があるので、1つでは満足できず駄々を捏ねられた時によく使えます。
    すみっこ先生 保育士
    今小学校二年生の娘は幼少期からテレビが大好きでした。幼児歌番組から始まり、それぞれのキャラクターにハマって歌を覚えてダンスをして。それが可愛くて楽しくて幼少期は時間を気にすることなく見せていたと思います。ただ、放ったらかしにすることはしたくなかったのでそこは気を付けました。現在もやはりテレビが大好きで、色々なアニメやバラエティ番組を楽しんでいますが、以前よりもテレビの時間は減っています。宿題、友だちとの約束、習い事と、忙しくなってきたので夕飯前に30分。夕飯後に一時間程です。
    ゆか先生 保育士
    基本的にテレビは見せませんでした。映像は見たものをそのまま理解するので想像力が働きません。目にもいい影響はないです。
    でも、年相応のテレビ番組は時間を決めて見せていました。一緒に体を動かしたり出来るのでとても楽しそうでした。
    テレビを見ている時間を少しでも短くして絵本を読んだりスキンシップをとった方が子どもにとっては心豊かになると思います。
    すー先生 保育士
    朝と夕方は幼児教育番組を見せています。それ以外は しまじろうの英語の教材を流しっぱなしの状態です。
    2人とも好きな歌が流れると遊ぶのを中断してダンスをしたり、お気に入りの会話のフレーズを口ずさんだりしています。 特にテレビっ子な感じでもないので、今のところ問題ないのかなと思っています。
    こいまま先生 保育士
    時間のある時は教育番組で一緒に踊ったり、隣に座って一緒に観たり、子ども対テレビのみにならないようにしています。
    続けて見続けないように、この番組が終わったら消すよ〜と前もって伝えることでスムーズに次の動作に移れるように心がけています。
    ゆきんこ先生 保育士
    家事の間など教育テレビはとても助かりますよね。
    子どもはそんな中でも本当は大好きなママと一緒に共有したいなと思っていたりします。
    テレビを見る時間を決めるのであれば少しの時間でも一緒にテレビを見て、お話ししたり、一緒に歌を歌ったりするといいかと思います。
    テレビを見ていない時でもふと歌ったり楽しめると思います。
    ひまわり先生 保育士
    テレビをあまり見せたくないと思っていましたが、生後5ヶ月ちょい前から時間を決めてみせています。ご飯を作っているときだけ教育テレビかアンパンマンをみせています。今は、ずっとみているわけでもないしいいかなと思います。アニメよりも歌が好きなようで、歌のときは画面をよくみています。時間を決めてみせる分にはいいのかなと思います。
    なごみ先生 保育士
    こちらが家事をしている間だけ見せていました。時間としては30分。番組はNHK番組でした。テレビは与えられるものを良くも悪くもただただ受け入れるだけなので幼児期にはあまり必要ないかなぁと思います。
    めるちゃん先生 保育士
    テレビは控えた方が良いと育児雑誌にも記載されてるので、テレビの見せ過ぎにならないよう気をつけてます。自分が家事をして相手ができない時は、とても助かります。また、子どもの機嫌が悪く、いろいろ対応しても泣き止まないのに、大好きなアンパンマンをつけると、パタっと泣き止んだりすることがあるので、テレビに助けられることあります。見せっぱなしにはせず、時間を決めて上手にテレビと付き合っていきたいです。
    ぽんた先生 保育士
    以前は主に私が色々考えてやってましたが、パパが色々口出ししてきてもめるようになり、私は考えるのをやめることにしました。私の教育方針、ありますがそれで夫婦喧嘩が絶えないので、とりあえずパパの方針に従うふうにして、パパのいないところで、子どもたちを諭します。もう小学生なので、だいぶ話しがわかるかなと期待して。。。
    おはぎ先生 保育士
    基本的にはテレビはつけずに布を被せて、気にとまらないようにしています。しかし、夜ご飯の準備の時はつけてしまっているので一緒にテレビの内容を話したり一緒に歌ったりと私も仲間に入るよう心がけています。
    さと先生 保育士
    うちの子はNHKのEテレが大好きです。
    いつも一緒に観ていますが1才の頃からたくさん歌を覚えて歌ってくれます。
    季節にあった歌をたくさん流してくれるので楽しいですね。
    親が季節にあった歌をすてきな伴奏付きで毎日歌ってあげられたらいいのですが、それは無理なので…

    食事中は消すようにしています。
おすすめユーザーのコメント
4
    na
    テレビを見せすぎかな…と心配していましたが、先生たちのコメントを読んでそこまで神経質にならなくてもよいのかな、とホッとしました。

    テレビの内容や感想を後で聞いてみたりするのは実践してみたいと思います!
    naa
    最近は、子どもが見たがるというよりも、親の息抜きのためにテレビを見ることが多いです。小さい頃から当たり前のようにテレビがあると、子どもによってはそこまで執着しなくなるかもしれませんね。
    テレビゲームは、小学生以降の解禁に賛成です。
    携帯型ゲームの小さい画面は目に悪そうなので、まだテレビの大画面で少し離れてゲームをした方が目にとってはマシなのかなと思います。
    MK
    テレビやスマホは育児のお助けアイテムである一方で、いろんな心配もあります。メリハリをつけると子どもにとってもいいのかなと思います
    ようちゃん先生
    メディアは、様々なメリットがあると思います。子どもたちが行けない世界や場所を知ったり、世界で起きているニュースを知ったりいろいろな情報のツールとして、親子や友だちとのコミュニケーションとしてなどがそうだと思います。
    テレビをみるのはなぜか?親子で共通の目的を話し合ってみてもいいかもしれませんね。テレビの影響や注意点を知って、上手に道具として使う事がいいかと思います。

    しかし、やはりずっとみるのは目の事なども心配ですよね。
    何時間かに一度は休憩時間を設けるなどお家おうちでのルールがあるのはいい事だと思いますが、そのルールも子どもたちになぜこのルールが必要なのか説明して一緒に決めていく事がいいかと思います。納得していると子どもたちはルールを守ってくれますよ。※年齢や月齢により対応は違うと思いますが。

    ルールを守る事だけにとらわれず、柔軟に子どもたちの様子から対応してあげてほしいと思います。
    このシーンのここがみたいんだ、この問題の答えが知りたいからもう少しみたいんだ。いろんな気持ちが子ども達にもあるでしょうから、気持ちを受け止め、親子で折り合いをつけながら楽しい気持ちでテレビと付き合っていけるといいですね!!

しつけの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ